UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

【とても簡単だった】ユーキューモバイルの解約、MNP転出の手順、解約金、引き止めの体験談まとめ

UQモバイル申し込み前の基礎知識

格安SIMはネットで簡単に申し込めることがメリットですが、「同時に解約(MNP)に時間がかかるんじゃないの?」と思っている人も多くいます。

というか、私も電話に限らず、新しく申し込むサービスには常にそういう気持ちでいます。

そこで、今回私が所有しているユーキューモバイル回線の一つを人柱的に解約(MNP乗換)してみました。

結論から言いますが、手続きはなんと10分程度で終わりました(待ち時間も入っています)。

実際に私が解約した全容をお話しするとともに、「引き留め」があったかどうかについてもお話ししたいと思います。

※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能
\ネット限定キャッシュバック/
※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能

ユーキューモバイル(UQモバイル)の解約の手順

解約するの面倒だから、いやだなぁ。実際はどんな流れになるの?

電話で手続きするんだよ。面倒なように感じるかもしれないけど、実際は10分くらいで終わるよ。

ユーキューモバイルを解約するにあたって、私が実際にかかった時間は12分でした。

右下の通話記録が12分となっています

 

これでも色々と話を聞いたりしていたので、もっと早ければ5分あれば終わるでしょう。

流れとしては、

  • フリーダイヤルでカスタマーセンターに電話
  • 解約したい番号、住所、暗証番号を伝える
  • 解約理由を伝える
  • 解約(もしくはMNP予約番号を聞く)

という4つのステップになっています。

実際の流れについては、以下で説明していきます。

 

UQモバイルの解約で必要なもの

UQモバイルを解約するにあたって必要なものって何なの?

解約の電話をする前に必要なものは以下の通りだよ。暗証番号が大事だね。

UQモバイルのスマホを解約する上で、必要なものは以下の通りです。

  • 解約したい電話番号
  • 住所、氏名などの個人情報(契約者本人)
  • 暗証番号(契約時にUQモバイルで設定した4ケタのもの)

の3つが必要になります。

もちろん、スマホの契約なので契約者本人から電話をする必要があります。

問題は「暗証番号」。

これは、契約当初に送られてきた書類の中に記載されています。

もしなければ、どうすればいいのかな?

その場合はまず電話をしてみよう。暗証番号以外で確認してくれることもあるみたいだよ。

私の場合は暗証番号をメモしていたので、問題ありませんでしたが忘れている人も多いのでは?と思い、対応を確認してみました。

結果、窓口の人からは「暗証番号がわからない場合は」、他の方法で確認するというお話を頂きました。

あたり前ですが、暗証番号がわからないからと言って解約できないということはありません(もしそうなら、永久に解約できない)。

暗証番号がわからない場合でも、まずは電話してみましょう。

 

ユーキューモバイルを解約する場合の電話番号

解約時の電話番号と営業対応時間は以下の通りです。

  • 電話番号:0120929818
  • 営業時間:9:00~21:00

ガイダンスが流れるので、「2 → 5」と押せば解約の窓口につながります。

私が電話したのは、平日の15時過ぎでしたがすぐにつながりました。

 

解約の電話で聞かれること

電話で相手から聞かれることないのかな?

実際にしてみたけどほどんどないね。なんで乗換するのか、とどこに乗換するのか?の2つだけだったよ。

解約の電話をするにあたって、電話先の女性から聞かれたことは2つ。

なぜ解約する(MNP乗換する)のか、とどこのキャリアに乗換するのかという2つだけでした。

話を長引かせるようなこともありませんでしたね。

 

MNP(ナンバーポータビリティー)予約番号は即日でもらえる

MNPの予約番号はいつもらえるのかな?

その場で貰えるし、あとからメールでも送られてくるから安心だね。

携帯電話の番号をそのまま引き継ぐ、MNP番号はすべての案内が終わった後にその場で教えてもらえます。

メモ帳を準備しておくと、電話の最中に焦らなくてもいいので安心です。

さらに、別途メールでもMNP番号は送信されてきますよ。

 

UQモバイルの解約のタイミング

UQモバイルの解約のタイミングはいつになるのかな?

解約はその場で行うか、MNPで移行するかによって大きく違うんだ。それぞれについて解説するね。

UQモバイルの解約タイミングは、

  • その場で電話を使えなくする
  • MNPして他のキャリアに移る

場合で、タイミングが違います。

その場で解約する場合はわかりやすく、その日に解約できます。

MNPの場合は、新しいキャリアで通信回線が開いた状態になると解約が適用になります。

つまり、新しい回線で使うまではUQモバイルのプラン(サービス)のまま受けられる、ということになります。

あとから日割りについても書いてるけど、MNPの場合は新しい回線に移るまでの金額が適用されるから注意してね。

 

UQモバイルのSIMカードの返却は必要なし

SIMカードって返さないといけないの?

UQモバイルの場合は返さなくても大丈夫だよ。

格安SIMの中でも、SIMカードの返却を求められる会社がありますが、UQモバイルの場合は、SIMカードの返却を求められることはありませんでした。

SIMカードの返却は必要なし

 

過去いくつかの格安SIMを解約したことがありますが、「ドコモ系の格安SIM」はすべて返却を求められているのに対し、au系は一度も返却指示を受けたことがありません。

UQモバイルの場合は、最後にSIMカードにはさみを入れてゴミ箱に捨ててしまいましょう。

SIMカードには電話番号だけでなく、実は登録した電話帳番号を書き込むこともできます。勝手に書き込まれることはまずありませんが、情報漏洩させてないためにも、SIMカードは必ずカットして捨てましょう。

 

UQモバイルの解約でかかる事務手数料・MNP料金はプランによって違う

解約でかかる事務手数料ってどんな風になってるの?

これはパターンによって違うんだ。プラン別に説明するね。

UQモバイルには、おしゃべり・ぴったりプラン、高速データ・無制限プランがあります。

それぞれの、縛り・解約手数料を表でまとめてみました。

縛り年数解約金MNP事務手数料
おしゃべりプラン2年(自動更新)9,500円3000円
ぴったりプラン2年(自動更新)9,500円3000円
高速データ(音声あり)1年(自動更新なし)9,500円3000円
無制限プラン(音声あり)1年(自動更新なし)9,500円3000円
高速データ(データのみ)縛りなしなしなし
無制限プラン(データのみ)縛りなしなしなし

 

くわしくは、それぞれ次から解説していきます。

 

おしゃべりプラン・ぴったりプランの解約手数料

おしゃべりプラン・ぴったりプランでの解約は、一般的なキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の解約と同じと思っておけば良いです。

2年縛りで、解約月だけが解約手数料がかからない形。

2年以外のタイミングでの解約は9,500円(税抜)がかかります。

さらに、MNPする場合は、MNP予約番号の発行手数料として3,000円プラスでかかるため、合計「12,500円(税抜)」となります。

2年縛りが外れるタイミングでMNPした場合でも、MNP予約手数料の3000円はかかるので注意してください。

 

高速データプラン、無制限プラン(音声付き)の解約手数料

キャッシュバックなどの特典がないので、申し込みが少なく隠れたプラン「高速データプラン、無制限プラン」があります。

これらのプランは1年縛りで、1年後以降は一切解約手数料がかかりません。

おしゃべりプランとぴったりプランは自動更新がかかるので、大きな違いですね。

この高速データプラン、無制限プランでもMNP予約番号発行の3,000円はかかるので注意してください。

 

高速データプラン、無制限プラン(データ通信のみ)の解約手数料

同じく隠れた「データ通信専用のプラン」。

これらについては、解約手数料は一切かかりません。また、電話番号の発行そのものがないため、MNP予約番号を取ることはできません。

 

UQモバイル解約月は日割り計算、ほどんどのオプションは全額負担

UQモバイルの支払いは使った月は全部払うのかな?それとも日割り?

月額料金は日割り計算だよ。ただし、ほとんどのオプションは全額負担なんだ。

UQモバイルを解約する場合、日割り計算になるものとならないものがあります。

まず日割り計算になるものは、

  • おしゃべり、ぴったりプランの基本料金
  • 端末補償サービス
  • メールサービス
  • 割り込み通話サービス

になります。

まず、最も大きな基本料が日割りになる、ということで安心ですね。

逆にこれ以外のサービス、例えば「UQあんしんパック」、「家族みまもりパック」などのセットオプションをはじめとしたオプションは全額負担になります。

UQモバイルへの直接のインタビュー記事でも書いていますが、オプションサービスの申し込みが多いベスト3は、

  • UQあんしんパック(日割り×)
  • 端末補償サービス(日割り〇)
  • メールサービス(日割り〇)

 

なので、全額負担になるケースは「あんしんパック」が多いでしょうね。

 

引き止めクーポン、ポイントはあるのか・・・実は

よくキャリアから乗り換えようとすると、引き止めクーポンやポイントを言われることがあるよね?あれってUQモバイルにもあるの?

そうだね。実はあるんだ。実際に引き留めを受けたよ。

私が解約(MNP)の電話をした時に、引き止めを受けました。

その際1,000円の月額割引(期間を聞くのを忘れました)について、説明がありました。

UQモバイルは格安SIMであり、もともと安いので、まさか引き止めがあるとは思っておらず、正直驚きました。

今回は1台で、MNPを決めていたので残念ながら引き留めを使うことはありませんでしたが、家族で台数が多いなら、ちょっと考えるかもしれません。

※この引き止めクーポン、ポイントはたまたま時期的なものもあるかもしれませんし、使っているプランによっても違うかもしれません(条件が全く分からない)。そのため、必ず引き止めクーポンがあるわけではないことを分かっておいてください。

 

UQモバイルの短期解約についてブラック化、デメリットは?

短期解約による金額の変動

UQモバイルを短期解約することにより、直接の金額的な変動は高くなったりすることはありません。

上で説明した通りの解約料金がかかるだけです。

ただし、マンスリー割の分が適用されなかったり、ネット限定のキャッシュバックは4カ月以上使わないと貰えないので損な部分が多いですね。

 

UQモバイルの短期解約によるブラックリストは?

これは実例が少ないため、全く分かりません。

ウラ話をすると、格安SIMはキャリアへのMNP用に短期解約する悪い人がいますが、UQモバイルはそういった目線で見ると適していない格安SIMになります(縛りがあるため)。

ブラックリスト化の話があれば、改めて追記したいと思います。

短期解約は絶対にしない方が良いです。端末も基本はローンの仕組みなので、電話会社、割賦の信用を失うことになりますよ。電波が悪く使い物にならない、などはっきりとした理由があるときだけにしましょう。

 

UQモバイルの解約を実際にしてみた手順まとめ

UQモバイルを実際に解約してみたうえで、その手順と解約手数料などについてまとめました。

はっきり言って、UQモバイルの解約はめちゃくちゃ簡単です。

12分しか時間がかからないというところが、まさにその便利さを表していると思います。

こうなると店頭でわざわざ待って解約手続きするのがバカらしくなります。

スマホはまさにネットで申し込み、電話やネットで解約する時代が来ていると思いますね。