UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【ちゃんと押さえよう】UQモバイルのデメリットと、意外と欠点ではないこと

UQモバイル申し込み前の基礎知識

auの回線を使って通信する格安SIM「UQモバイル(ユーキューモバイル)」。

このUQモバイルは、auのサブブランド(子会社)であり、通信品質が高く、使いやすいことがポイントです。

しかし、もちろんau(キャリア)とは異なるデメリットも持っています

今回はこの「UQモバイル」のデメリットについて、詳しく解説していくよー。

UQモバイルのデメリット

家族や友人とのデータシェアが出来ない

個人的に感じるUQモバイルの一番のデメリットは「データシェアができないこと」です。

2017年6月より、UQモバイルではサービス充実を目的に、2回線目から1台につき、500円割引になる「家族割」を提供しています。

しかし、家族同士でのシェアや、送り合い(ギフト)のようなサービスは提供していません

必要に応じて家族間で共有できると楽なのですが・・・、これは今後UQモバイルに期待したいところ。

データシェアはできないけど、月をまたいだデータの繰り越しは可能なので安心してね。

 

iPhone7以降の機種ではデザリングが出来ない

iPhone7以降の機種では、テザリングを使うことができません(iPhone6シリーズ、SEは使えます)。

iPhone8、8Plus、iPhoneXについても検証を行ったところ、やはり同じようにテザリングを使うことはできませんでした。

 

テザリングとは?

スマートフォンの電波を利用して、パソコンをインターネットに繋ぐオプションのことです。外でパソコンを使う人は使ったことがあるかもしれません。

通常は(iPhone7シリーズ以外は)下記のようにテザリングを選択できるようになっています。

 

理由はわかりませんが、iPhone7シリーズ以降には、UQモバイルのテザリングが対応していないため、もし使う事を考えている人は注意が必要です。

もしデザリングが必要ならY!mobileを選ぼう!iPhone7以降のシリーズも対応しているよ!

 

UQモバイルのキャリアメールはオプション料金200円が必要

UQモバイルではメールアドレスは標準では付いていません(200円/月のオプショ)。

メリットと捉えるか、デメリットと考えるかは人によりますが、Y!mobileは無料で付いてくるため、UQモバイルのデメリットとしました。

 

iPad(Pro、miniも含む)が使えない

UQモバイルにはデータ通信プランがあるのですが、なぜかiPad(通常版、Pro、mini)のどのグレードにも対応していません(UQモバイルのHPにも使える記載はありませんし、実際に試しましたが、使えませんでした)。

もしiPadがデータ通信プランに対応しているのであれば、かなり強みになるんですが・・・、残念なポイント。

 

iPadには対応してないけど、androidタブレッドは対応してるよ。

UQモバイルはandroidタブレットには対応しています。

タブレットを使うのであれば、「ZenPad3 8.0」、もしくは「ZenPad3S 10 LTE」がベストマッチ

 

UQモバイルの高速インターネットを活かしつつ、ASUSのZenPadシリーズの高性能CPUとの組み合わせで、快適インターネットが楽しめるタブレット。

「ZenPad 3 8.0」は実際に触りましたが、快適さと本体の高級感が相まって、とても魅力的なガジェットです。

androidタブレットは値段も控えめなので、スマホとの2台使いにはいいかも!

 

デメリットに見えるがそうでない事

念のため、デメリットに見えるけどそうではないことも書いておきます。

デメリットと思われがちなポイントは次の2点です。

  1. 値段が安いから、速度が落ちる
  2. uqmobile.jpのメールアドレスはセキュリティが低い

 

UQモバイルは格安SIMの中でも、ダントツで通信速度が速いことが特徴です。

安いのにインターネットサクサクできるの?不思議ー!

そうなんだよ。これこそがUQモバイルの強みだね。

 

2番目のuqmobile.jpは、キャリアのメールアドレス(docomo.ne.jp、au.ne.jp等)と同じレベルのセキュリティです。

そのため、迷惑メールにかかりにくくなっています。

格安SIMって、普通セキュリティ低いんだ!そっちを知らなかった!

そうなんだよね。後で説明するけど、ゆうちょ銀行や投資信託は格安SIMのメールアドレスでは登録できないところもあるよ。

 

UQモバイルの通信速度について

格安SIM全体に言えることですが、値段が安い分通信速度が落ちるんでしょと言われがちです。確かに一般的な格安SIMではそうです。

しかし、UQモバイルの場合は違い、auと同じくらいのスピードが出ます

iPhone8を使ってスピードテストをした記事の通り、80Mbps以上も出るため、UQモバイルは格安SIMの中で、圧倒的な快適さを誇ります。

UQモバイルって格安SIMだけど速度出るんだね。

そうなんだよ。勘違いされがち。スピードが出すぎるので、安くなるのに何でau使ってたんだろ?って思うはず。

 

当サイトの月間測定データでも良い値が出ていますし、家電批評などの有名雑誌でもUQモバイルの通信スピードが取り上げられることは多いですよ。

2017年6月29日に、iidoから発表された格安SIMアワードの通信速度部門で最優秀賞を獲得するくらいの品質の良さです。

 

@uqmobile.jpについて

auや、docomoのスマホから乗り換えることによって、キャリアのメールアドレスがなくなります。

この場合、一般的な格安SIMの場合は、メールアドレスがパソコン扱いのものに変わります。

パソコンのメールアドレスと同じ扱いになったら、迷惑メールにならない?

UQモバイルは、キャリアメールと同じくセキュリティの高いメールなのでその心配はいらないよ。

 

そのため、相手側で拒否される(受信できない)事がよくあります。

特にご年配のガラケーユーザーの場合、ショップの店員さんが設定変更していることも(パソコンメールから、迷惑メールが多いため)。

しかし、UQモバイルでもらえるメールアドレスは、docomoやauのキャリアのメールアドレスと同等のセキュリティなので、今まで通りで気にする必要はありません。

他にも銀行や投資に関するメールはキャリアメールでないと受け取れないので、UQモバイルのメールは便利だよ!

銀行や、投資信託の場合、パスワードのセキュリティを高めるために再設定用のパスワードをキャリアメールでしか登録できない場合があることを覚えておきましょう。

 

押さえておきたい「UQモバイルのデメリット」まとめ

UQモバイルはデメリットが少ない格安SIM。

特に「通信速度が落ちない」ので、快適に使う事ができます(2017年6月の測定結果で、docomo回線、au回線の格安SIMの中では最速)。

色々と格安SIMの種類はありますが、「今(キャリア)とできるだけ変わらずに快適に使いたい!」という観点で見れば、UQモバイルは最高の選択肢ではないでしょうか。

UQモバイル公式を見てみる⇒UQモバイル