UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

【初心者向け】UQ mobile(ユーキューモバイル)の評判、メリット、デメリットをレビュー

UQモバイル申し込み前の基礎知識

この記事では、UQmobile(ユーキューモバイル)の特徴・メリット・デメリットをレビューしています。

初心者向けに書いたので、すこし長め。

しかし、この記事を読めば、利点・欠点・自分がUQモバイルに合っているかどうか、そして

格安SIM(UQモバイル)を知っていれば、どれくらい節約できていたのか

がわかります。

当サイト限定のUQモバイル現金13,000円キャッシュバックについても解説しているので、ぜひ見て下さいね。

格安SIMとは?

最近よく聞くようになった「格安SIM(かくやすしむ)」。

格安SIMとは簡単に言うと、「人件費を減らして、安く通信網を提供している会社」です。MVNOとも呼ばれます。

docomo、au、ソフトバンクの大手通信会社は、どこの街に行っても、家電量販店に行っても店員さんを見かけますよね。

格安SIMは、この人件費を減らし、インターネットでの申し込みにすることで、月々の料金を大幅に安くしているんです。

ネットでの自動車保険(アクサダイレクトとか、ソニー損保)と同じイメージです。

格安SIMを調べるとMVNO(エムブイエヌオー)というという言葉も見かけることがあります。MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)のこと。

言葉は難しいですが、格安SIM=MVNOと覚えておけば、ほとんど問題ありません。

 

docomo,au,Softbankと格安SIMは何が違う?

キャリア(ドコモなど)は自前で回線を持っています。

格安SIMの場合は、回線を持っているわけではなく、回線をキャリアから一部借りて運営しています。

そのため、通信の速度が落ちてしまうデメリットがあります。

ただ、速度が落ちるといっても、動画も見れるレベルなので安心してください。

中でもUQモバイルは、キャリアとほぼ変わらない断トツで速い通信会社なので安心!(後ほど実測データがあり)

 

格安スマホとは?

格安スマートフォンという言葉、よく聞きますが実は非常に曖昧で、「どういういうものが格安スマホか?」という定義がありません。

店舗を見ていると、3万円以下で買える端末は格安スマホを呼ばれている気がします

確かにiPhoneシリーズやXperiaシリーズは10万円近くするので、それらに比べれば大分、格安です。

 

格安スマホは値段が安いから性能も悪い?

格安スマホは値段が安いので、最新機種に比べれば性能が落ちます。これは間違いありません。

ただ、最近のスマートフォンそのものの性能がグンと上がっているため、格安スマホでも、通常の利用で困ることはないです。

15台以上の格安スマホを購入してるけど、性能に全く問題なし!むしろメインでも十分使えるレベルだよ。

 

SIMフリースマホとは?

格安スマホとよく混同しがちなのが、SIMフリースマホです。僕も最初は、正直よくわかりませんでした。

SIMフリースマホとは「どこの通信会社でも使えるスマートフォン」のことです。

逆に、SIMロックというのは「決まった通信会社でしか使えないスマートフォン」の事なんです。

これでもまだわかりにくいですよね。

もっと簡単に言えば、SIMフリースマホは「docomo、au、Softbank、UQモバイル、ワイモバイル以外で買ったスマートフォン」だと思ってもらえれば良いです。

 

SIMフリースマホは全てUQ mobile(ゆーきゅーもばいる)で使える?

結論から言うと、「全てのスマホがUQモバイルで使える訳ではありません」。

対応している電波の問題があるからです。

初心者の方は、この記事の最後に書いている端末を参考にしてもらえればと思います。

端末のオススメポイントも合わせて、紹介しているので、自分に合ったスマートフォンを選んでくださいね。

 

UQ mobile(UQモバイル)のメリット

安い料金:平均3600円の節約

まずはコレでしょう。料金が大幅に安くなります。おそらく、一般的なキャリアで使っている場合、月々6,000〜8,000円くらいなんじゃないでしょうか。

UQ mobileは、わかりやすく3プランだけです。プランは下記の通り。

基本料データ量無料通話
プランS2980円2GB90分
プランM3980円6GB120分
プランL4980円14GB180分

※無料電話のプランについては、現在は無料通話にするか5分何度でもかけ放題かを選ぶことが可能。

 

今の料金明細と見て比べて、見てください。どれだけ安くなるか、よくわかると思います。

UQモバイルが発表している乗り換えた人の節約料金の平均から考えて、家族4人なら3600×4円=14,400円/月、安くなります。

私の両親はキャリアを使っているときは7,500円/一人ほど支払っていました。プランSを使えば、約4,500円/月の節約になりますね。

 

UQ mobileはau(KDDI)の子会社で安心

UQ mobileは、もとからKDDIイネイブラーという子会社が運営していました。

しかし、事業拡大に伴い、UQコミュニケーションズという会社と合併しています。

UQコミュニケーションズは昔から、無線ルーターというインターネット事業をやっています。

格安SIMを合併したと言うことは、”インターネット事業により力を入れていく”という事なんでしょう。

実際に、iPhoneの取り扱いをスタートさせたり、他の格安SIMでは扱っていない端末があったりと、UQ mobileの力の入れようが感じられますね。

 

auの端末使っている人はそのまま使える

UQ mobileの大きなメリットのうちの一つが、 現在auで使っている端末がそのまま使える事。

お金を出して、新しく端末を買い直す必要がないんです。

この「UQモバイルとY!mobileのトリセツ」でも、XperiaZ5(au版)を使ってUQモバイルで検証した記事をアップしています。

新しく端末を買う必要がないので安く使えるんだよね。

 

一部のスマホは手続きの必要があるので公式サイトで確認

2015年2月以降に販売されたauのスマートフォンは、SIMロック解除という手続きを行う必要があります。

自分の持っているスマートフォンが対応しているかどうかは、必ず、UQモバイル公式動作確認ページを確認してみてください。

SIMロックの対象か確認する ⇒ UQモバイル公式動作確認ページ

 

通信速度(スピード)で不満が出る人はいないレベルの速さ

UQモバイルは現時点では、格安SIMの中では最も速度が速い通信会社と言っても過言ではありません。

実際に測定した結果が下記のグラフ。50Mbpsを全て超えています。

 

この速度はdocomoやauなどのキャリアにも負けない速度になっているので安心です。

普通の格安SIMは平均30Mbpsくらいなので、UQモバイルの速さは本当にすごいですね。

 

他より速い節約モードでデータ消費0へ

個人的に、「節約モード」だけでも十分契約する価値がある通信会社。

UQ mobileの節約(低速)モードは、300kbpsという速度で通信します。

一方、他の格安SIMの節約モードは、おおよそ200kbpsで通信します(数字が大きいほど通信速度が速く、UQ mobileは他より1.5倍速い)。

要するに、節約モードで使っていてもより快適に使える、ということ。

例えば、TwitterやLINE。これらは高速通信する必要はなく、300kbpsでも十分に使えます。

google play music、LINE music、amazon musicを使っている人もいると思います。音楽配信サービスも、この節約モードで十分使えるんです。

つまり、高速通信を無駄に使わず、必要な時に切り替えれて、しかも他の格安SIMよりも安い、というのがUQ mobileの価値。

切り替えは、アプリ上でワンタッチでできるため、面倒な事がないのも良いポイントです。

 

通信速度制限にかかりにくい

格安SIMであるなしを問わず、使い過ぎると速度制限にかかることがあります。

この基準が、UQmobileの場合は緩くなっています。

その条件は、直近3日間で6GB

3日間で6GBは、よっぽど、極端な使い方をしないと行きません。よく使う僕ですら、スマホは一日1GBが限界です。

 

かけ放題と無料通話が選べる

UQモバイルは「5分間なら、何度掛けてもかけ放題」「一定時間の無料通話」を選ぶことができます

これかなり便利なサービスだと思うんですよね。

 

僕の両親は親族に電話をかけたりするときは、滅多に電話しないけど、電話すると長電話になることがあります。

そういった人にはこのぴったりプランの無料通話がパックがおすすめ。

UQモバイルの場合は、通話パックを1ヶ月ごとに切り替えもできるので、環境に合わせて使い分けることができるよ!

 

家族割で2台目以降は500円引き

UQmobileでは、他の格安SIMでは少ない家族割のサービスがあります。

2台目以降なら1台につき500円引きしてくれるので、ただでさえ安い料金をさらに安くすることができます。

家族申し込みは、自宅にUQモバイルのSIMカードが到着してから電話して申し込むだけ!

 

分からないことはチャットで質問できる

UQ mobileのホームページに行くと、チャットサービスを使う事ができます。

こちらで質問できるので、電話を待つ必要がなく、便利です。

 

UQモバイルは口座振替に対応(2017年9月から)

UQモバイルは、銀行の口座振替が使えます

通常、格安SIMのほとんどがクレジットカードでの申し込みが前提。

そのため、クレジットカードを持っていない人(もしくは学生などで持ちにくい人)が申し込みにくかったんですよね。

UQmobileが口座振替に対応した事で、他の格安SIMよりも一歩抜きんでた感はあります。

au回線系の格安SIMの一例をまとめてみたよ。口座振替に対応していないところがほとんどなんだ。

  • mineo:基本対応無し(自宅のネット回線がeo光の場合のみ対応)
  • IIJmio:対応無し
  • Biglobe:対応無し

 

UQ mobile(UQモバイル)のデメリット

高性能な分、他の格安SIMと比べて料金が割高

基本的に、通信に関して性能の高いUQ mobileに、能力的な弱点はありません

auの直系で格安SIMを提供しているし、無料通話が付いてきている、というのも大きなポイントだからです。

その代わり、通信や無料通話にお金を掛けているため、UQ mobileは他の格安SIMに比べると、少し高い傾向があります。

同じau系の格安SIMを提供しているmineo(マイネオ)と比べてみると下記のような感じになっています。

 プラン基本料データ量無料通話
UQぴったり2980円2GB90分
たっぷり3980円6GB180分
mineoAプラン3GB1510円3GB0分
Aプラン5GB2190円5GB0分

※1:最初の12カ月は()内の金額
※2:データ容量は25カ月後から半分

 

mineoの場合は、通話は使った分だけかかるので、比較は難しいですが、電話が多いならUQ mobileの方が間違いなくお得です。

かけ放題が始まれば、気にしなくてよくなる点は、おさえておいた方が良いポイントです。

基本料金だけみれば、UQモバイルが高く見えるけど、現金13,000円キャッシュバックと、端末割引があるので実際は安くなるケースもあるよ。

公式ページで現金キャッシュバックキャンペーンを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

 

キャッシュバックに関する詳細は「UQモバイルのキャンペーン記事」を参考にしてみて下さい。

どんな人にUQモバイルはおすすめ?

UQモバイルは、上の三つのような人におすすめの格安SIMです。

 

“スマホでの快適さ”を求める人へ

デメリットだけ見れば、mineoを申し込んだ方が色々な縛りがなく使いやすいSIMです。

それでもUQ mobileを契約する人は少なくありませんし、このサイト経由でも申し込んでいる人がたくさんいます

その理由はやはり、”高品質な回線”

通信スピードは、時間を問わず快適ですし、無料通話(かけ放題)があるというのもメリットですよね。

”安かろう、悪かろう”が嫌いな人にとって、ちょうど良い選択肢こそ、このUQ mobileです。

UQ mobileの公式HPを見てみる ⇒ UQモバイル

 

現在、auの端末を使っている人

UQ mobileは、au回線を使った格安SIMです。

そのため、auのスマホを買い足す事なく使えるため節約が可能になっています。

何度もいいますが、もしauの端末をそのまま使うなら、UQモバイル公式動作確認ページはかならず確認してくださいね。

 

iPhoneを気軽に使いたい人

UQモバイルのメリットの一つは、iPhoneSEとiPhone6sを公式として取り扱っていることです。

iPhoneは、周りにも使っている人が多いことから、初心者でも聞きやすいですよね。

また、これまで使ってきた人も、違和感なく使う事ができます。

しかも、値下げして非常に安くなっているため、docomoやauでの契約に比べても非常にお得です。

 

こんな人にはUQモバイルはおすすめしない

au端末で”トコトン”安くしたい人

UQモバイルはau(KDDI)のサブブランド的な立ち位置になります。

回線速度は早く、格安SIMの魔の時間である昼間でも安定して使えますが、少し値段が高くなるのが現状です。

au端末を使って、月額料金を安くするなら、mineoがいいでしょう。

 

UQモバイルのレビューまとめ:UQモバイルは高品質がウリの格安SIM

UQmobileのポイントは「高品質」。色々な格安SIMがありますが、本当にハイスペックでとっても快適に使えます。

UQモバイルは月々の通信料を落としたいけど、通信速度は落としたくない!というワガママな人にぴったりの格安SIMですよ。

当サイト限定で、UQモバイルの公式から、現金最大13,000円分もらえるキャンペーンをしているので必ずチェック!!

UQモバイルのキャンペーン解説ページを見てみる ⇒ UQモバイルのキャッシュバックキャンペーンについて

 

(参考)おすすめ端末について

コスパ最強の2018年度イチオシ端末「P20lite(ピートェンティライト)」

間違いなく今一番おすすめな端末は、HuaweiのP20liteだね。この価格で手に入るのが信じられないくらいの性能だよ。

2018年6月15日に発売された「P20lite」。

見ての通り、画面は縁まであるワイドフルスクリーンで、デュアルカメラや顔認証を搭載。それでいて、3万円台で買えるので驚きの一品

悩んでいる人はこれを買っておけば間違いないでしょう。

UQモバイルを契約して、新規端末を買うつもりなら、レビュー記事は一度は目を通しておいてください。

下記の記事では、私が実際にP20liteを購入して、UQモバイル使ってみた検証記事です。ぜひご覧ください。

参考 UQモバイルのP20liteをレビュー(メリット・デメリットまとめ)

公式サイト UQモバイル公式でP20liteを見てみる

 

デュアルレンズ搭載のHuawei nova2

P20liteが発売したことで、値下げされた「nova2」

nova2は本体が高性能なだけでなくて、画像を見てもわかるように、デュアルレンズを搭載しています。

最近のiPhoneにもデュアルレンズを搭載していますよね。

2つのカメラがあると、ポートレートモードといってボケ味の強い、一眼レフのような写真が撮ることが出来ますよ。

本体価格も含めて、もっと知りたい人は、UQモバイルのnova2のスペックレビューの記事をご覧ください。

 

2ページ目にも、引き続きUQモバイルのオススメ端末について書いています。ぜひ参考にして下さい。