UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

【実機レビュー】UQモバイルでiPhoneXを使ってみた評価・口コミ|評判やいかに!

UQモバイルのiPhoneの評価・レビュー

UQmobile(ユーキューモバイル)は、格安SIMの中でも通信速度が、とても速い格安SIM。他の格安SIMと違い、平日の昼間でもスピードが出やすくなっています。

高性能なiPhoneXだからこそ、格安SIMでも、UQモバイルのようにスピードが速い通信会社で使いたいものですよね。

今回は、そんなUQモバイルを使って、iPhoneXで設定し、実際に使ってみたレビュー、感想についてまとめてみました。

iPhoneXって、UQモバイルでも問題なく使えるの?

うん。公式には書いてないけどちゃんと使えるんだ。でも注意点もあるから、詳しく説明するね。

※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能
\ネット限定キャッシュバック/
※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能

UQモバイルのiPhoneX設定方法について

各種キャリアからのMNP乗換について知りたい人はこちらを先に見てね。

 

ここからiPhoneXでの設定についてみていくよ。

まずは、UQモバイルをiPhoneXに設定していきます。最初に、UQモバイルから届いたSIMカードを外します。

対象のSIMカードは、iPhoneシリーズの場合はnanoSIMになります。

※iPhoneXでは、マルチSIMのau VoLTEカードというものを使います(マルチSIMは外し方によって、SIMのサイズを変えられるタイプのこと)。

iPhoneXには、側面にSIMカードの挿入口があるので、こちらからセッティングしていきます。

SIMピンを使って、サイドのカバーを外していきます。そして、SIMトレイに載せます。

 

そして後は戻すだけ、送られてきた書類やSIMカード類についてはこの時点でもう必要ありません。

 

UQモバイルでのiPhoneXのAPN設定へ

SIMを入れるところまではやったけど、次は何をしたらいいのかな?

次は、iPhoneX本体とネットの接続をしないといけないね。

次に、iPhoneXでの設定をしていきます。まずは、Wi-Fiにつながった環境下で、UQモバイルの公式プロファイルのページへジャンプします。

ここから、UQモバイルの公式プロファイルをダウンロードします。

※ネットを見てもらうとわかりますが、プロファイルはiPhone6sまでが対応したものになっていますが、実際は、iPhoneXでも使えるので、安心してください。

 

ダウンロードの画面を押すと、iPhone本体の設定に移ります。許可を押してダウンロードまで進めます。

 

警告と出ますが、このままインストールして問題ありません。

 

ダウンロードが完了すれば、それで終了。これだけでUQモバイルの格安SIMを使えるようになります。

 

UQモバイルの通信網に繋がらないときは

一番最初の設定をした時には、通信状態が安定せずに、使えないことがあります

その際は、機内モードにしてから、もう一度オンにすると直ることがあります。

機内モードは、iPhoneXのコントロールパネルから、「飛行機マーク」をタップすれば、オンになります。

機内モードは写真左上の「飛行機」のマークになります。

 

機内モードを入れてから、5秒後ぐらいにオフにすると、4Gのアンテナが立って、通信がうまくいくケースが多いので、ぜひ試してみて下さい。

もし、それでも繋がらないときは、iPhoneXを再起動させてみましょう。

 

UQモバイルとiPhoneXの組み合わせでスピードテスト

おー設定完了したよ。スピードテストしてみてもいい?

もちろん!UQモバイルは昼間でも速度の落ちないSIMだから、ぜひ試してみてほしい!

UQモバイルを用いて、iPhoneXのスピードテストをしてみた結果が次の図です。

 

我が家は電波は少し悪いので、20Mbpsくらいしか出ていません(もっと電波が良ければ速度が出るはずです)。

また、電波の良いところでテストしてみたいところですが、おそらく過去の経験から、UQモバイルなら、50Mbpsは出るでしょう。

さらに、昼間(平日12時台)に測定を行った結果がこちらです。

 

先ほどの結果とほとんど変わりません。

UQモバイルは他の格安SIMと違って、平日、昼間の通信スピードが落ちないので、昼休み時間にスマホをよく触る人でも快適に過ごせます

 

UQモバイルの電話は、iPhoneのそのままのアプリで通話し放題が使える

格安SIMに乗り換えると、電話かけ放題を使う場合に、専用のアプリが必要になることはあまり知られていません。

その結果、専用アプリを使わずに、電話料金が高くなってしまうというケースがあります。

UQモバイルの場合は、別のアプリをインストールするなく、既存の電話アプリをそのまま使うことができます

スマホに詳しくない家族が、そのまま今までの感覚で使えることは大きなメリットだと思いますね。

 

かけ放題だけではなく時間制限プランもあり

UQモバイルはかけ放題以外にもプランがあったりするの?

うん。UQモバイルの場合は、一定時間の無料通話がついてくる「ぴったりプラン」があるんだ。

1ヶ月に何回も電話しないから5分かけ放題の必要性は感じないけど、実家に一回電話すると長くなるんだよなー、という人もいるんじゃないでしょうか。

そういう人には、月々一定の無料通話がある「ぴったりプラン」があります(写真の下段、青の枠内)。

(引用:UQモバイル

 

プランSで60分、Mで120分、Lで180分も使えるので、月1回の長電話ならかなり使えますね。

 

ターボモードオフで通信量を気にしない300kbpsで使えるモードも

ワイモバイルには無い機能が、低速にすることでデータ消費をなくす「節約モード」

公式から出ている、UQモバイルのアプリを使って、ワンタッチでモードを変えることができます。

UQモバイルの場合は、ターボモードオフ(高速通信を停止して、低速モードにする)ことで、速度を300kbpsで、データカウント無しに使えます。

Twitterや、Facebookなどは、iPhoneXをスリープモードにしていても、意外とデータ量を消費します。

画面を落とす前に、節約モードを入れておくだけで、データの消費を抑えられますね。

ちなみに、他の格安SIMの節約モードは200kbpsなので、UQモバイルは1.5倍速いことも特徴の一つだよ。

 

UQモバイルでiPhoneXを使ってみたメリットを一旦まとめ

そもそも、iPhoneXの使い心地が抜群に良いので、何も文句がありません。

速度の速いUQモバイルを使えば、さらに快適に使うことができますね。

途中にも書きましたが、UQモバイルはかけ放題を利用するために、専用のアプリをインストールしなくても良いので、本当に楽です。

UQモバイル以外の格安SIMで専用のアプリを利用する場合、かけられない番号があります(フリーダイヤルなど)。その際、標準のアプリからかけないといけないので、不便だったりします。

 

iPhoneXをUQモバイルで使うデメリットはテザリング

iPhoneXをUQモバイルで使ってみて、デメリットがなさそうなんだけど、実際はあるの?

うん。実はパソコンをテザリングで使う人にとっては、ちょっと弱点が大きいかもしれないんだ。

UQモバイルが公式にiPhoneXに対応していない、と言っているおそらくの理由はテザリングです。

テザリングはスマホをWi-Fi化して、タブレットやパソコンをネット接続する機能のことです。

 

残念ながら、UQモバイルを使っている場合、iPhoneXでのテザリング通信ができません(iPhone7以降の機種はすべて未対応)。

もし、スマホを外でパソコンやタブレットに繋ぐ機会が多いのであれば、ワイモバイルを選ぶほうが良いでしょう。

 

UQモバイルをiPhoneXで使ってみたまとめ

今回は、iPhoneXをUQモバイルで使ってみた感想、スピードテストの結果についてまとめました。

テザリング使えないことは残念ですが、UQモバイルの快適性は他のスマートフォンでは言い表せないほどのメリットがあります。

 

特に、会社の休憩時間にスマホをいじる人にとっては、昼間でもきちんと速度の出るUQモバイルは最適な選択肢(他の格安SIMは速度が落ちてしまうため)。

1台につき、最大13,000円のキャッシュバック(直接現金振り込み)もあり、商品券などではないので、直接節約できるのでおすすめですよ。

キャッシュバック専用ページを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)