UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

【実機レビュー】評判の良いiPhoneSEをUQモバイルで使ってみた評価・口コミ

UQモバイルのiPhoneの評価・レビュー

iPhoneSEでキャリアの通信品質(速度)を落としたくない人は、UQmobile(ユーキューモバイル)は、スピードにイライラせずに済む選択です。

公式で販売されており、割安で手に入るのも嬉しいポイントです。

しかも実質108円での購入も可能でお買い得(一括購入なら47,412円、他の割引額については本文で紹介)。

この記事では、UQモバイルで直接購入できる「公式版」とアップルストアで手に入る「SIMフリー版」の両方をレビューしています。

iPhoneSEとUQモバイルの組み合わせってそんなに良いの?

うん!他のSIMと比べ物にならないくらいの速度で一日中快適!じゃあ、くわしく説明していくね!

UQモバイルではiPhoneSEも対象とした最大13,000円現金キャッシュバックを行っています。必ずチェックしておきましょう。

必読! UQモバイルのiPhone契約で現金キャッシュバックキャンペーン適用条件と受け取り方

※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能
\ネット限定キャッシュバック/
※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能

UQモバイルは昼間の回線速度の低下がほぼなく、とても快適

UQmobileをiPhoneSEで実際に測定したデータがあるのでこちらを見てください。

格安SIMはお昼休みの時間帯(12:00~13:00)の間にスピードが落ちるケースがほとんどですが、UQmobileはほとんどスピードが落ちません

12時台に2回測定していますが、1回目は11.87Mbps、2回目で70.24Mbpsというとんでもない速度。

普通の格安SIMとサブブランドの違いを感じさせてくれます。

 

昼休みもほとんど変わらない格安SIMは珍して、サブブランドのUQmobileとY!mobileくらいなんだ!

どんな時間でも快適に使えるということで、ほとんど3大キャリアと同じように使えるといっても過言ではありません。

 

2017年4月に再測定しました

UQモバイルの速度測定を改めて行いました。

結果、ほぼ100Mbpsというダウンロードスピードを記録しています(100Mbpsなら、固定の光インターネット回線とほぼ同等のスピード)。

測定時間ダウンロード速度PING
15:00104Mbps59ms
17:3097Mbps48ms
21:0098Mbps47ms

 

測定だけでなく、実際に使っていてインターネットが快適に見れますし、アプリのダウンロードやゲーム、電子書籍の閲覧も全く問題なし。

YモバイルとUQモバイルは、どちらも大手キャリアのサブブランドですが、UQモバイルの方が、通信速度に関しては一歩リードしているイメージです。

UQモバイルの速度は本当に速いから、イライラしたくない人はUQモバイル一択!

 

UQモバイルならiPhoneのテザリングが使える

パソコンやタブレットへ電波を飛ばして、そちらでも通信可能にする「テザリング」という機能が最近の格安SIMには搭載されています。

UQmobileの場合はiPhoneでもテザリングを使えます

iPhoneを使って、パソコンを外で通信する必要がある人は、テザリングを使って接続しましょう。

 

auのテザリングは有料、UQモバイルは無料

テザリングは大手キャリアでも使えますが、auは2018年4月からオプション料がかかるようになりました。

(引用:au公式サイト

 

UQモバイルは無料で使えるので、パソコンを外で使う人はテザリングオプション料だけで500円割引できるメリットがあります。

 

公式からもらえる「@uqmobile.jp」はキャリアメール扱い

UQmobileのメールアドレスは、他の格安SIM事業者と違ってキャリア扱いとなっています。

そのため、受信側でメールが弾かれにくいというメリットがあります。

 

公式のiPhoneSEだけでなく、ドコモ、au、SoftbankのiPhoneも使用可能


(引用:UQモバイル公式動作確認端末一覧ページ

iPhoneSEだけでなく、UQmobileで対応とされている端末は、ドコモ、au、ソフトバンクであっても、同じように使えます。

自分の端末が使えるかどうか、一度は必ず確認してみて下さい。

確認せずに乗り換えて使えなかったら、ムダ金がたくさんかかるので、UQモバイル公式動作確認端末一覧ページは、絶対確認しておいてね。

公式サイトで自分の端末を確認する⇒UQモバイル公式動作確認端末一覧ページ

 

iPhoneSEの場合は、ドコモやソフトバンクでも、各ショップでSIMロックを解除すれば、問題なく使えるので安心してください。

auのiPhoneSEの場合は、SIMロック解除しなくてもUQモバイルで使えるのでそのままで大丈夫だよ!

SIMロック解除というと大げさですが、公式ショップで「SIMロック解除してください」と言うだけで、OKです(手数料は3,000円)。

 

UQモバイル公式端末のiPhoneSEをレビュー(SIMフリーiPhoneSEとの比較)

UQモバイルで契約した時に公式端末として手に入るiPhoneSEは何が違うのかな?

実際にUQモバイルのiPhoneSEを手に入れたので、SIMフリー端末と比較したみたよ。

UQモバイルで手に入るiPhoneSEとアップルストアで購入できるiPhoneSEを比較してみました。

外観、処理速度などは全く同じですが、設定が若干違うところがポイントです。

 

UQモバイル公式端末でもSIMフリーでも性能面の差はない

iPhoneには、キャリアから発売されている「SIMロック」端末と、「SIMフリー」端末があります。

SIMロック端末は、他のキャリア(電話回線)で”SIM”カードが使えないように”ロック”がかかっており、それに対して、SIMフリー端末は、どこのキャリアでも使えるように回線をフリーで使うことができます。

Apple Storeで購入できる、SIMフリー端末と、キャリアのSIMロック端末は、上記の違いがありますが、基本的に、それ以外のスペック的な違いや機能制限はありません。

 

プロファイルのインストール不要でラクチン

「どこのキャリアでも使えるSIMフリーの方が使い勝手がいいんじゃないの?」と思われるかもしれません。

確かに、スマホが得意な人や、マニアな人なら、SIMフリーのほうが使い勝手が良いかもしれません。

でも実は、キャリアで購入できるSIMロック解除の方が、設定が簡単なんです。

キャリアで購入できる端末=そこでしか使えない端末、つまりキャリア向けに設定が完了している端末とも言えます。そのため、iPhoneを格安SIMで使うための設定である「プロファイルのインストール」という手間がいりません。

ネットで注文して、家に届いたら、まずは、UQモバイルのSIMを外して、iPhoneにセットします。

 

セットSIMトレイは、元あるところに直すだけなので、とても簡単。iPhoneのSIMトレイは金属製で頑丈なので、素人がやっても安心感があります。

後はUQモバイルのマイページへアクセスして、電話回線を開通するだけで使えるようになります。

スマホの設定がいらない分、難易度はとっても下がります。

 

プロファイルを見ると項目の有り無しに差がある

細かなところですが、SIMロック端末と、そうでない端末の場合、設定の項目の有り無しに差があります。

先ほど述べた「プロファイル」に関するところですが、このプロファイルがSIMロック端末(キャリアから販売されている端末)の場合は、出てきません。

 

つまり設定がすでに完了している、といっても過言ではないのです。

 

公式端末が楽な分、SIMフリーのプロファイル設定は手間がかかる

SIMロックの設定は簡単と書きましたが、SIMフリーの場合は下記のような手順になります。

  1. SIMカードをセッティングする
  2. UQモバイルのマイページで開通する(MNP切り替え)
  3. UQモバイルの公式ページからプロファイルをインストールする
  4. インターネットに接続することを確認する

 

流れとしてはこのような形ですが、au回線の格安SIMの場合、何故か一発でつながったことがありません(UQモバイルだけでなく、mineoのauプランなど)。

4の後に、スマートフォンの再起動や、機内モードをオンオフすることによって使えるようになります。

格安SIMの場合はこういった手間がかかることも事実です(決して難しくはありませんが)。

しかし、公式端末のiPhoneSEの場合は、こういった設定が完了しているため、開通から使用までがスムーズに移行できる、というメリットがあります。

 

UQモバイルもSIMロック解除可能

2015年から、iPhoneに限らず、android端末も、総務省の通達により、SIMロック解除が義務付けられました。

SIMロックをしているUQモバイルも同様です。UQモバイルを契約して、101日後から、SIMロック解除が可能になります

 

UQmobile公式端末のSIMロックの解除方法と対応電話番号

しかも、UQモバイルのSIMロック解除はとても簡単で、「電話窓口のお客様センターで無料」でやってもらうことができます。

 

一般的なキャリアの場合、窓口の対応でSIMロックの解除手数料として、3,000円かかるケースが多いことを考えれば、電話口で対応してもらって、料金が無料ということは、メリットしか感じませんね、

公式番号 0120-929-818(フリーダイアル)

 

実際のところ、UQモバイルはかなり使いやすい格安SIMなので、他に移る必要もないと思いますが、SIMロック解除しておくと後々他のキャリアに移る保険をかけておけます。

101日経過後に(もしくは解約前には必ず)、iPhoneSEをSIMロック解除しておきましょう。

余談ですけど、中古市場ではSIMロック解除している方が高く売れるケースが多いので、そういった意味でも、SIMロック解除しておくことをおすすめしますよ。

 

公式サイトではiPhoneSEは実質108円で契約可能

iPhoneSEはUQモバイル公式サイトでの契約で32GBなら、本体価格実質108円で契約することが可能です。

 

UQモバイルのiPhoneSE 一括購入なら32GBで44,172円

iPhoneSEの一括購入の場合は、44,172円になります(2018/11/6のデータ)。

一括で購入しておけば、マンスリー割が適用されるため、月々の支払いをなんと734円にすることができます。

UQモバイルより引用)

 

ここからさらに当サイト経由の申込からキャッシュバックで最大13,000円もらえるため、2年間の料金は、

734円×12か月(1年目)+1814×12か月(2年目)=30,579円(キャッシュバックを引けば17,579円で2年使える

という激安価格でスマホを運用することができます。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で使えば、2,3か月分の通信料金ですね。

家計にも大助かりですし、2台目を検討しても良いくらいのレベルです。

iPhone申込でのキャッシュバックは当サイト限定ページからの申し込みでないと適用できないため必ずUQモバイル(キャッシュバック専用ページ)から申し込みしてください。

代理店では申し込みができない理由や注意点については以下の記事でくわしく解説しています。

参考 【損させない】UQモバイル公式と広告代理店(リンクライフ等)のキャンペーン比較と選び方

 

まとめ:大手キャリアとほぼ変わらずiPhoneが使えるUQモバイル

キャリアから格安SIMにして安くしたいという人はやっぱり数多いでしょう。

同時に、今の快適さを落としたくないという人もいるでしょう。

テザリングを含めiPhoneSEの性能をフルに使いながら、通信速度を落とさずに快適に使うことができるのは、UQモバイルくらい。

iPhoneSEを格安SIMで安くして、イライラせずに快適に使うなら、UQモバイルは間違いない選択肢ですよ。

公式サイトを見てみる⇒UQモバイル

 

iPhoneSE申込みで13,000円のキャッシュバックがもらえる限定ページについて

UQモバイルは通常、iPhone申込時には、公式サイトではキャッシュバックは有りません。

ところが、当サイト専用ページからのiPhoneの申し込みで最大13,000円のキャッシュバックが適用できます(家族4人で申し込めば最大52,000円)。

終了日は未定なので、いつ終わるかわかりません。もし申し込むならお早めにどうぞ。

アンドロイドは代理店から申し込めばキャッシュバックがもらえるけど、iPhoneは以下のページからの申し込みだけだから、注意!

専用ページでキャッシュバックを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

iPhoneでユーキューモバイルのキャッシュバックを受ける条件を解説した記事も合わせてチェックすると、取り逃しなくキャッシュバックを手に入れられますよ。