UQモバイルで13,000円もらえる ⇒

ZenFone3をY!mobile(ワイモバイル)で使ってみたレビュー・感想

UQモバイルのアンドロイドの評価・レビュー

台湾のメーカー「ASUS(エイスース)」の高性能スマートフォン「ZenFone3(ゼンフォンスリー)」。

今回はZenFone3をYmobile(ワイモバイル)で使ってみたので、設定方法、速度測定、レビューをまとめました。

\公式の特別キャッシュバックはコチラ/

Y!mobileのSIMカードの設定は本体に挿すだけで完了

この後も文章は書いていますが、先に言っておきます。今回、一番驚いたのは「設定の部分」

ZenFone3の中に、プロファイル(通信を接続させる設定みたいなもの)が、Y!mobileに対応しているんです。

つまり、ZenFone3にY!mobileのSIMカードを差し込むだけで、音声通話、データ通信が使えます。

あまりにも簡単すぎて、ビックリしました。

ZenFone3のSIMトレイは、最大2枚(microSIMとnanoSIM)載せることができます。

今回は、nanoSIMの方にY!mobileのSIMを入れます。

 

2つのSIMを入れると下記のように、設定画面からSIMの選択が可能です。SIMを入れただけなんですが、ちゃんとY!mobileと認識されています。

 

これだけでY!mobileのSIMカードの設定は完了です。プロファイルの設定など難しいことが一切ないので、とてもラクですね。

 

Y!mobileをZenFone3で使った場合の通信速度

Y!mobileは他の格安SIMに比べると圧倒的に早いです。

準キャリア的な扱いですから当然と言えば、当然。実際にスピードテストを行った結果がこちらです。

 

ZenFone3の性能も相まってか、通信速度は50Mbps超えの数値をたたき出しています。

アップロードの方は少し数値は低くなっていますが、それでも5Mbps超え。

一番驚異的なのは、Ping値が28msとWi-Fi並みのスピードになっていること。

PINGとはインターネットの反応の速さを数値化したものです。数字が小さいほど、サクサク動きます。

格安SIMでは40~60msのPING値になっているものが多いので、Y!mobileはハイスペックです。

 

実際に使ってても、快適なんですよね。サクサクとインターネットが見れたり、ゲームが楽しめるのは有難いです。

 

メールの設定方法

Y!mobileのメールの初期設定は、事前に行っていたので、メールのアプリ設定だけ行いました。

細かい設定方法については、Y!mobileのキャリアメールをandroidで設定した記事でまとめているのでこちらをご参考下さい。

 

ZenFone3とY!mobileの組み合わせでもテザリングは使えます

Y!mobileをAndroidで使う最大のメリットは、テザリングが使えること。

試しに、ZenFone3をWi-Fiホットスポット(アクセスポイント)として、iPhone7Plusに接続してみました。まずは、スピードテストの結果がこちら。

 

先に書いたスピードテストとほぼ同時間帯に行っているのですが、テザリングで接続する方がやっぱり速度としては落ちてしまうみたいです。

とはいっても、アップロードが40Mbps、Ping値が30msというのはビックリ。

これだけ速度が出ているならば、一人暮らしで家にいない人は固定回線を無くして、インターネット接続回線をY!mobileだけにしても、十分使えそうです。

 

ZenFone3の目玉機能のDSDSはどうやって使う?

ZenFone3は、DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)機能という目玉となるものが付いています。

これはスマートフォンの中に二つのSIMを入れて、電話とデータ通信するSIM(契約している電話会社)を別々に選択できるという仕組みです。

今回は、Y!mobile+楽天モバイルという組み合わせ(どちらも音声通話SIM)で試してみました。

もちろん、どちらを通話、データ通信にしても、もしくはY!mobile単独にしても接続が確認できました

検証では楽天モバイルを使いましたが、Y!mobileとDSDSで組み合わせるなら、Y!mobileを音声通話、LINEモバイル(データSIM)が最も適当ではないかなと考えています。

 

Y!mobilとLINEモバイルの組み合わせをオススメする理由は、Twitter、LINEの使用量が多いため、LINEモバイルのカウントフリーで接続した方がデータの節約ができるのでは・・・、と考えているためです。

LINEのカウントフリーってどんな仕組みなの?

Twitter、Facebook、instagram、LINEの通信でデータを使わない特別なプランのことだよ。

 

音声通話をY!mobileにしておけば、電話が10分×300回無料なので、気兼ねなく使えますね。

 

iPhoneで使う場合との相違点

ZenFone3で試す前に、ここ2カ月くらいはiPhone7PlusでY!mobileを使っていました。

参考 iPhone 7PlusでY!mobileを使ってみたレビュー

 

Y!mobileは、iPhoneとandroidで、大きな2つの違いがあるんです。

 

メリット:テザリングはOK

iPhone(iOS)シリーズは、テザリングは使えません。

今回検証したZenFone3のテザリング結果のように、 android機ならばテザリングを使うことが出来るため、出先でPCやタブレットを使う人なら、ZenFone3をお勧めします。

 

デメリット:MMSは使えない

Y!mobileは、格安SIMの中では珍しくiPhoneのチャット形式メール、MMS(Mail Message service:メールメッセージサービス)に対応しています。

しかし、androidの場合は、MMSそのものがありません。

もし、ZenFone3でチャット形式のメールを使う場合は、「Cosmosia」や「Swingmail」といったアプリを使う必要があります。

連絡手段として、LINEが使われるケースが多いですから、メールアドレスを使う頻度は下がっているかもしれません。

ただ、iPhoneからandroidに乗り換えるなら、注意しておきたいポイントです。

 

まとめ:ZenFone3の高性能にY!mobileの通信速度の快適さが加わり大満足

ZenFone3は、性能もよく非常に使いやすいスマートフォンです。でも、キャリアの高い月額料金で使うのはもったいないですよね。

Y!mobileなら高速なデータ通信を使いながら、月額料金も抑えれますし、かけ放題も使えます。

さらに、ZenFone3でY!mobileをメインSIMにした上でDSDSを使いこなせば、さらに安く快適に使う事ができるのもオススメなポイント。

準キャリアながら、SIMカードだけを購入できるメリットのあるワイモバイルは月々の料金を安くしつつ、高速通信で、SIMフリー端末を楽しめるキャリアとして、とても良いですよ。

ワイモバイルの公式ホームページを見てみる→Y!mobile

 

キャッシュバックのキャンペーン中

現在、ネットの公式ホームページで、音声通話SIMに乗り換えると最大15,000円のキャッシュバックを実施しています。

他社乗り換えだけでなく、新規も対象になっていますので、要チェックです。

キャンペーン情報をチェックしてみる→Y!mobile