UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

【実機レビュー有り】UQモバイルのZenFone4のスペック、価格、メリット、デメリットをまとめました

UQモバイルのアンドロイドの評価・レビュー

格安スマホの中でも、ASUSの高機能なスマートフォン「ZenFone4(ゼンフォンフォー)」。こちらの機種がUQmobile(ユーキューモバイル)で取り扱いが始まっています。

この記事では、スペック、価格、メリット、デメリットそして、前作「ZenFone3」との比較を交えながら、レビューしていきたいと思います。

※UQモバイルさんから端末をお借りしたので、実際に使ったレビューは後半に追記しています。

ZenFone4って、どんな端末なの?

デュアルカメラでカメラ機能が充実しているし、高機能なのでサクサク動くモデルだよ!それじゃ詳しく説明していくね!

※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能
\ネット限定キャッシュバック/
※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能

ZenFone4の端末について

ZenFoneシリーズはいっぱいあって、よくわかんないなぁ。ZenFone4は一言で言えばどんな端末なの?

後ろに何も記号が付いていない「ZenFone4」は、背面カメラが他よりも優れている機種だよ!

 

2017年に発売されたZenFone4は、ASUSのZenFoneシリーズの中で、背面のカメラが優れた機種になります。

カメラはZenFone3から、大幅に変更され2つ搭載されており、広角、望遠のカメラを搭載することで、綺麗にとるだけでなくポートレートモードというボケ味を生み出すモードが撮れるようになりました

まずは下記のYoutubeを見ていただくと、いかにカメラに力を置いているか、そのコンセプトが伝わるかと思います。最後の「We love photo」がいいですね。

 

スペックは、ミドルレンジだが、重めのゲームでもこなしてくれる実力あり

ZenFone4のスペックってどうなのかな?

ハイスペック!というわけではないんだけど、普通に使う分には十分すぎる性能があるよ!

 

ZenFone4のスペックは以下になります。

寸法155×75×7.5mm
重さ165g
ディスプレイ5.5インチ
 背面カメラ1200万画素+800万画素
内側カメラ800万画素
電池容量3300mAh
プロセッサSnapdragon660
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)6GB
下り最大225Mbps
Wi-Fi a
Wi-Fi ac
Wi-Fi b
Wi-Fi g
Wi-Fi n
防水×
防塵×
緊急避難速報
指紋センサー
外部メモリmicroSD 2TBまで

 

カメラについては後ほど詳しく話しますが、まず一番押さえておいてほしいポイントは、Snapdragon660搭載していること、そしてメモリが6GBあることです。

Snapdraonの番手ってどういう意味があるのかな?番号が大きいほうが性能がいいの?

その通り!Snapdragonには、400番、600番、800番がありますが、600番は真ん中のクラスになります。

 

このSnapdragon660番台は、2017年に発売されたスマートフォンの中では最新機種となり、とても高性能なチップです。

メール、電話、ちょっとした調べものが中心なら、400番台でもいいんですが、ゲームをしたりする人なら、向こう2年使うことを考えて、600番台のスマホを使うことが良いでしょう。

 

前作のZenFone3と比較すると

ZenFone3も、格安SIMによっては買えるところあるよね?実際はどっちがいいのかな?

ちょっと比較してみるけど、値段がかなり違うから比べにくいかもね。

以下が、ZenFone3とZenFone4のスペック比較表になります。

比較項目ZenFone3ZenFone4
寸法147×74×7.7mm155×75×7.5mm
重さ144g165g
ディスプレイ5.2インチ5.5インチ
解像度1920×10801920×1080
 背面カメラ1600万画素1200万画素+800万画素
内側カメラ800万画素800万画素
電池容量2650mAh3300mAh
プロセッサSnapdragon625Snapdragon660
ストレージ(ROM)32GB64GB
メモリ(RAM)3GB6GB
下り最大225Mbps225Mbps
Wi-Fi a 〇 〇
Wi-Fi ac 〇 〇
Wi-Fi b 〇 〇
Wi-Fi g 〇 〇
Wi-Fi n 〇 〇
防水 × ×
防塵 × ×
緊急避難速報 〇(津波は×) 〇
指紋センサー 〇 〇
外部メモリmicroSD128GBmicroSD2TB

 

ZenFone3に搭載されているCPUのSnapdragonは、660よりも劣りますが、実は、ZenFone4 Selfie Proに搭載されているスマホと同じものになります(それくらい、現役で使える機種)。

メモリは3GB、6GBとかなり違いがあるので、別物ですが、3GBならあまり心配せずに使えるという側面もあります(よっぽど重いゲームをしなければ)。

むしろ重要視するべきは、ZenFone3が5.2インチの144gと一回り小さいことや、ZenFone4にはデュアルカメラが搭載されていることの方が、判断の上では重要です。

コンパクトな機種が欲しい人はZenFone3、高機能なスマホが欲しい人は、ZenFone4でしょう。

2017/12/18現在、ZenFone3はネットでの取り扱いはなく、店舗申し込みだけとなっています。

 

ここからは、実際にUQモバイルを使った感想を載せているよ!

ZenFone4のデュアルカメラの性能について

デュアルカメラの性能ってどう?やっぱり綺麗なのかな?

うん。やっぱり綺麗だね。ZenFone3の時も綺麗だな、と思ったけどさらに一回り綺麗なイメージだね。

ZenFone4は、カメラがウリ!とされていますが、実はZenFone3の時よりも画素数としては下がっています(1200万画素と800万画素)。

しかし、2つのカメラで合成して映像を作り出す事で、実質2400万画素相当のカメラとなっています。

 

私は、ZenFoneARを所有していますが、それと比較しても、ZenFone4の方が綺麗なように感じます。特にピントの合っている様子がZenFone4の方が上に感じますね。

 

ポートレートモードは、ワンタッチで切替

ポートレート(ボケ味を加工できるモード)って使いやすい?

やっぱり気になるよね。ワンタッチで切り替えられるから楽だね。ボケ味もかなり出るね。

背面デュアルカメラ(広角と望遠)になったことで、ポートレートモードの撮影ができるようになっています。ボケ味をかなり強くできるので、上手くハマれば綺麗に撮影することができます。

ボケ味を活かした写真は本当にいいですよ!お子さんがいらっしゃるなら、ぜひ試してみてほしいです。

 

インカメラの性能が良くて驚き

アウトカメラが良いなら、インカメラはダメなのかな?

実はそうでもないよ。ASUSの美肌補正もあって結構キレイにうつるんだ!

同時期にZenFone4 Selfieが発売されたこともあって、インカメラにも注目が行きそうですが、意外とZenFone4も綺麗に撮影ができます。

Selfie Proに負けてしまうのはしょうがないですが、それでも800万画素ありますからね。普通のスマートフォンに比べれば十分安いです。

 

UQモバイルを利用したスピードテスト

UQモバイルを使って、ZenFone4をスピードテストしてみた?

うん!試しにやってみたよ!結果はビックリするほどスピードが出てたね!

UQモバイルを使って、ZenFone4でスピードテストを実施してみました。なんと驚いたことに100Mbps越えでした!

格安SIMだと速度が落ちやすいと言われる平日の12時も10Mbps越え。十分な速度でしたね。

 

ZenFone4を使って感じるメリット

ZenFone4を使って感じたメリットについて教えてくれる?

うん。いいよ!簡単に言うと、処理能力、カメラの性能、背面のでっぱりの無さ、の三つだね!

 

高い処理能力で快適に使える

ZenFone4は、中間クラスのスマートフォンでありながら、抜群に性能が良いです。やはり、Snapdragon660、6GBは伊達ではないですね。

スマホは使う程、処理能力が落ちてきますから、良いスペックのスマホを選ぶことは重要です。

 

カメラの綺麗さは、格安スマホの中では断トツクラスだと思う

ポートレートモードを搭載しているから、というわけではなく、単純にZenFoneシリーズのカメラは綺麗なものが多いです。このZenFone4も、そのうちの1つ。ちょっとした写真が、綺麗に取れるので、おすすめです。

 

背面の出っ張りのなさ

些細なことですが、嬉しいポイントの1つが、背面のカメラのでっぱりの無さです。

これって、些細なことなんですけど、ケースを付けない派の人にとっては意外と便利なんですよね。

 

使って感じたデメリットになりうるポイント

やっぱりデメリットもあるよね?

う~ん、正直あんまりデメリットが挙げられないんだけど、敢えて言うなら、くらいで2つあるね。

 

サイズ感は大きめで男性向きかも

ZenFone4は、5.5インチとかなり大きいです。

分かりやすいサイズ感で言えば、iPhoneのPlusシリーズと全く同じ大きさですね。iPhone8(4.7インチ)と比較したものがこちら。

 

iPhone8Plusと比較したものがこちら。ほとんど同じサイズですね。

 

最後に成人男性が手に持った感じがこちら。人によってはかなり大きく感じる人も多いのではないかと思います。

 

ホームボタンはタッチ式なので違和感がある

最近の機種に多いですが、ホームボタンがタッチ式になっています(押し込めない)。

人によっては、これはちょっとなー、と思う人が多いと思うので、挙げました。

 

UQモバイルのZenFone4の価格、毎月の支払額について

ZenFone4のスペックがいいことはよくわかったよ!ありがとう! 最後に価格が知りたいんだけど?

うん。下に表でまとめてみたよ!

プラン名初回残り23回実質支払額
プランS3780円/月2052円/月50976円
プランM3348円/月1620円/月40608円
プランL3348円/月1620円/月40608円

 

ZenFone4は、本体価格が6万円を超えているのでかなり高くなっています。

もし申し込むなら、割引額の大きい、プランM、プランLの方がお得です。

こちらは、端末代金を含めた料金です。

 プランS
(2GB)
プランM
(6GB)
プランL
(14GB)
初回5918円/月6556円/月8726円/月
~14ヶ月4190円/月4838円/月6998円/月
14ヶ月~5270円/月5918円/月8078円/月
25ヶ月~2138円/月3218円/月5378円/月

※初回:事務手数料として3000円

 

プランSとプランMを比べると、割引額が違うため、結果として月々のデータ量が違うのに、差が数百円しかなくなります(太字を比較)。

さらに、当サイト経由のUQモバイル(キャッシュバック専用ページ)から申し込むと、プランMで11000円、プランSで10,000円分のキャッシュバックが貰えるので、わずかながらさらにお得に出来ますよ(プランLは13,000円)。

 

ZenFone4のスペック、価格、レビューまとめ

ZenFone4について詳しく解説させて頂きました。値段はそれなりにしますが、パソコン並みの性能を持った、とても良いスマートフォンです。

特にカメラの性能はピカイチです。

子供がいたり、風景や花を撮ったりする人は、カメラを使いこなす事でさらにスマートフォンライフが楽しくなることでしょう。

UQモバイルの公式ページを見てみる⇒UQモバイル

キャッシュバック専用ページを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

同時期に発売されたZenFone4 Selfie Proについての記事も、詳しく書いてるのでよければ読んでみてね!

タイトルとURLをコピーしました