UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

【実機レビュー】UQモバイルとYmobileでP20liteのスペック・価格、メリット・デメリットを比較

UQモバイルのアンドロイドの評価・レビュー

UQモバイルとYmobileからP20lite(ピートウェンティライト)が6月中旬に発売されました。

前機種は、P10lite(ピーテンライト)で格安スマホの中ではバカ売れしたモデルということもあって、P20liteも期待大。

この記事では、P20liteの基本スペックに加えて、P10liteからどんなところが進化しているのか?をまとめました。

P20liteを購入しました。UQモバイルとワイモバイルを使った実機レビューを先に見たい方は目次よりジャンプしてください。

P20liteって、簡単に言ったらどんな機種なの?

格安なのに、CPUも良く、今回からデュアルレンズで画質がグーンと上がったモデルだよ。くわしく説明していくね。

※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能
\ネット限定キャッシュバック/
※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能

P20liteの新しい特徴:縁ギリギリまでのフルスクリーン

P10と比べて、P20liteって画面がとても大きくなってる気がするんだけど・・・?

その通り!実はP20liteは、画面ギリギリまでディスプレイになって、大型化したんだ。

P20liteは写真を見て頂くとわかるように、画面がかなり大型化しています。特に上下がギリギリまで来ています。

 

ディスプレイが大型化されると、以下の2つのメリットが生まれます。

  • 画面の文字が見やすくなる
  • スクロールする量が少なくて済む
  • ゲームが大画面で楽しめる

 

文字が大きくなるのは、なんとなく想像が付くかもしれません。しかし、それ以上に、スクロールする量が少なくなるのはとても助かります(iPhoneXも同じワイドスクリーンで楽に感じます)。

ゲームについては、このワイドスクリーンモデル対応機種はまだまだ少ないですが、どんどん増えてきているので、これからが楽しみ。

P20liteは、約3万円なんだけどまさかフルスクリーンを搭載してくると思わなかったのでびっくりしたよ。

 

快適、かつスピーディにロック解除できる顔認証システム

P20liteにはiPhoneXと同じように顔認証システムがついています。これが驚くほどスピーディで快適。

まずは、動画を見てみてください。

 

iPhoneXを持っている人は分かりますが、このスピードはP20liteの方が断然速いです。

iPhoneXs MAXの顔認証がこちら。十分速いですが、体感的にはP20liteの方が一瞬です(P20liteの場合は、iPhoneXs MAXの鍵が開く動作の間にホーム画面が開いている)。

 

前面の顔認証で解除できることで、車のダッシュボードでカーナビ代わりにスマホを置く人は簡単に解除ができるようになったといえます。

ちなみに目をつぶっている状態では、ロック解除されないので、寝ているすきに悪いことをされることはありません。

 

P20liteの最大の特徴は、デュアルレンズです。

なんかP10liteと違って、後ろにカメラが2つ付いてない?

そうなんだ!P20liteは、デュアルカメラで「ボケ味」を活かした写真が撮れるモデルだよ。

iPhoneをはじめ、最近のスマートフォンは、デュアルカメラを搭載しているモデルが増えてきました。P20liteもその一つです。

 

P20liteの場合は、1600万画素+200万画素、インカメラ1600万画素という構成になっており、同じ3万円台のスマホの中では上位クラスの性能に入ります。

デュアルレンズは、人物写真を撮るときポートレートモードでボケを活かして、美しく撮影することができます。

もしP20liteを買ったら、一番最初にぜひ試してみて欲しい機能だね。

 

P20liteの基本スペック

ありがとう!特徴はよくわかったよ。基本的な性能はどんな感じなのかな?

スペックを表にしてみるね。P10liteの時もそうだったけど、3万円台とは思えない性能だよ。

Android8.0
寸法149×71×7.4mm
重さ145g
ディスプレイ5.8インチ
背面カメラ1600万画素+200万画素
内側カメラ1600万画素
電池容量3000mAh
プロセッサKirin659
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
下り最大187.5Mbps
Wi-Fi a 〇
Wi-Fi ac 〇
Wi-Fi b 〇
Wi-Fi g 〇
Wi-Fi n 〇
防水 〇
防塵 〇
緊急避難速報 地震速報は〇
(津波、災害避難速報は×)
生体センサー 指紋認証、顔認証
外部メモリmicroSD256GBまで

 

CPUはミッドレンジ

まずは、CPU(SoC:プロセッサ)は、スマホ全体で見て5万円くらいで発売されているスマートフォンのものが搭載されています。

Huaweiは3万円台の機種にも一回り上のCPUを載せてくるあたり、やはり世界3位のスマートフォンメーカーという感じがしますね。

搭載されているKirin600番台なら、ゴリゴリの3Dの重いゲームは厳しいですが、ほとんどのゲームは安心してできるので安心だよ。

 

メインメモリ4GB

P20liteのメモリは4GBとなっています。これまで3万円台の格安SIMのメモリは基本が3GBでした。

P20liteは、CPUのところ以外でも他社と差をつけるために、メモリを4GBに増やしてきています

4GBあればよっぽどの重いソフトを動かさない限り、アプリを使っている時に落ちるということはないでしょうね。

 

フルスクリーン化したがバッテリーは大容量3000mAhのまま

バッテリーも、これまでと同じように3000mAhと大容量になっています。

ただ、スクリーンが大型化されているので、多少は電池の持ちが落ちているはずです。

連続利用時間が下がることは一つのデメリットでしょう。

 

カラーバリエーションは3色

カラーは、ミッドナイトブラック、サクラピンク、クラインブルーの3色になっているよ。

 

P20liteを購入したので、もっとくわしくレビュー

お、P20lite買ったの?

もちろん!このモデルはレビューしないといけないモデルでしょ!

P20liteを実際に自腹で購入しました。他のブログさんたちが青を購入しているので、あえて「サクラピンク」にしてみました。

 

以前のP10liteの時は、サクラピンクはUQモバイルの専売モデルでしたが、今回はどの格安SIMでも手に入るようになっています。

 

同梱品、手に持った感触

中には、本体、保護ケース、充電ケーブル(UEB-C)、コンセントアダプタが入っています。

 

保護ケースが入っているため、余計なお金がかからず嬉しいですね。

実際にP20liteを持ってみて、かなり軽く、画面の大きなスマホなので、使い勝手が抜群に良さそうです。

 

縦に長い画面でインターネットを楽しめる

P20liteは、上下左右の端まで画面になっているワイドスクリーンタイプです。

そのため、スマホ自体のサイズをほとんど変えないまま、インターネットの画面サイズを大きく出来ます。

 

スマホの画面が大きくなれば、インターネットが見やすくなります。

ゲームも画面が大きくなれば、その分迫力を楽しむ事ができますよね(ただし、対応ゲームに限る)。

 

顔認証の速さが想定以上

生体認証は、顔認証、指紋認証の2つを備えています。

まず前面のカメラで生体認証。

 

背面に指紋認証があります。

 

Huawei製品の指紋認証が速いことは折り紙付きですが、顔認証はどうなのか?

実際に使ってみると、iPhoneXの顔認証よりもスピーディ

指紋認証と、顔認証の両方を備えていることで、両方のメリットを受けることができますね。

特に顔認証は、スマホが苦手な人には意識せずに使ってもらえる仕組みですよね。

 

UQモバイルで速度検証(スピードテスト)

UQモバイルで使ったらどれくらいの速度がでるのかな?

ちゃんと試してみたよ。UQモバイルやっぱり快適な速度。設定方法も含めて解説するね。

P20liteでは、格安SIMの設定がとても簡単になっています。

SIMカードをスマホに挿すと、APN設定(インターネットをどこに繋ぐか設定するもの)が出てくるので、こちらを押すだけですべての設定が完了します。

 

実際にUQモバイルに接続した状態で、「ookla」を使ってスピードテストしてみました。

 

少し電波の悪いところでテストしてしまい、アンテナが全て立っていませんが、それでも十分な速度です。

(追記)電波がしっかりと立っているところで、再度テストしてみました。さすがUQモバイル。めちゃくちゃ速いです。

他の格安SIMでは速度が落ちてしまう昼間(12:00~13:00)も含めて、UQモバイルは通信速度が速く、使いやすいですね。

 

Yモバイルで速度検証(スピードテスト)

UQモバイルだけじゃなくて、Yモバイルのテストも知りたいな。

もちろん!Yモバイルでもちゃんとテストしてみたよ。

Yモバイルの場合もP20liteでは、SIMカードを挿すだけで設定が完了します。

 

設定後、同じようにooklaで測定した結果がこちらです。

 

やはりYモバイルもかなり速いですね。

UQモバイル、Yモバイル共に、サブブランドとしてスピーディなことは大きなメリットです。

 

前モデルのP10liteとP20liteの比較

P20liteが新しく出たけど、P10liteも買えるよね?どっちが良いかアドバイスが欲しいよー。

OK!安い方がいいならP10liteだけど、性能が段違いなのでP20liteの方が絶対いいよ。

比較したスペック表を以下にまとめてみました。優れているポイントを太字にしています。

比較項目P20liteP10lite
寸法149×71×7.4mm146×72×7.2mm
重さ145g146g
ディスプレイ5.8インチ5.0インチ
解像度2280×10801920×1080
 背面カメラ1600+200万画素1200万画素
内側カメラ1600万画素800万画素
電池容量3000mAh3000mAh
プロセッサKirin659Kirin658
ストレージ(ROM)64GB32GB
メモリ(RAM)4GB3GB
下り最大263Mbps263Mbps
Wi-Fi a 〇 〇
Wi-Fi ac 〇 〇
Wi-Fi b 〇 〇
Wi-Fi g 〇 〇
Wi-Fi n 〇 〇
防水 〇 〇
防塵 〇 〇
緊急避難速報 〇 〇
生体センサー 指紋、顔 指紋
外部メモリmicroSD256GBmicroSD128GB

 

P10liteとP20liteを比べてみるとハッキリとわかりますが、別モノです。

特徴的なスクリーンやカメラだけでなく、CPU、メモリと全てがアップグレードされています。

スマホは購入すれば2年は使うはず、P10liteもP20liteもそんなに値段が変わらない(元が安い)ので、悩むならP20liteを購入してください。

 

P20liteを実際に使ってみた使い心地・口コミ

この記事では、全体像とUQモバイル、ワイモバイルで実際に速度測定をした結果を中心にP20liteを紹介しました。

Huaweiの前期種P10liteも満足度が高かったですが、P20liteは、ワイドスクリーン、デュアルディスプレイとさらに上を行くモデル。

UQモバイルとワイモバイルのどっちで買えばいいか悩むね・・・

キャッシュバックがあるから、ほとんどの人がUQモバイルの方が良いよ。理由も合わせて、次の章でまとめたよ!

P20liteは良いモデルですが、どこで買うか悩むもの。

UQモバイルとワイモバイルを比較して、どこで買うべきか、その理由を次の章で詳しく説明しています。

 

UQモバイル、YモバイルのどちらでP20liteを買うべきか?

基本的にはUQモバイルの方が得

どちらでもいいなら、13,000円のキャッシュバックがあるUQモバイルがお得!

P20liteは、UQモバイル、Ymobileのどちらでも取り扱いをしています。

どちらで買うか悩むところですが、「どちらでもいいなら、絶対にUQモバイルをおすすめ」します。

理由は、当サイト経由のネット限定キャッシュバックキャンペーン。

専用ページから申し込みすれば、最大13,000円のキャッシュバックが貰えます。

 

ワイモバイルにはこのキャッシュバックはないので、端末を買うつもりならUQモバイルの方が絶対に安くなります

専用ページを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

キャンペーンはサイト限定で、申し込みには条件があります。以下のページで詳しく解説しています。

【参考】UQモバイルの13,000円キャッシュバックキャンペーンの条件と詳細

 

家がSoftbank光、もしくはSoftbank Airを使っている場合のみ別

固定インターネットでSoftbank系列を利用しているなら、Y!mobileがイイよ!

家がSoftbank光、もしくはSoftbank Airでインターネットを利用している場合だけは話が別で、Y!mobileを選んだ方がいいでしょう。

理由はインターネットと組み合わせて安くなる、「おうち割」があるからです。

月額1,000円以上、基本料金を安くできるのでYmobileを選択するようにしてくださいね。

くわしくは、ワイモバイルとソフトバンク光(Softbank Air)の記事でくわしく解説しているので見てみて下さいね。

ワイモバイル公式サイトを見てみる⇒光おうち割

 

マイネオでP20liteも試しました

別サイト「マイネオのトリセツ」で、P20liteを使ってmineoの設定からレビューも行っています。よければ参考にしてみて下さい。

参考 mineo(マイネオ)でP20 liteを使ったレビュー・口コミ

 

UQモバイルのおすすめ端末を知りたい人は

UQモバイルのおすすめスマホをランキング形式でまとめています。機種を悩んでいる人は必ずみて下さい。端末のメリット・デメリットをまとめています。

参考 UQモバイルのおすすめ機種・スマホ端末ランキング