UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

【どちらが良いか実機で解説】R17 Neoとnova lite3のおすすめポイントと違いを比較

R17Neoとnova lite3比較 UQモバイルのアンドロイドの評価・レビュー

UQモバイルから発売されている、2019年とnova lite3とOPPO R17 Neo。

どちらも価格帯が似ており、スマホ初心者ではどちらを選べばよいのか比較が難しい機種です。

そこで年間スマホ10台以上購入するスマホマニアの私が、初心者向けにR17 neoとnova lite3の違いと、おすすめのタイプについて解説します。

※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能
\ネット限定キャッシュバック/
※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能

nova lite3とOPPO R17 Neoのスペックの比較

まずnova lite3とOppo R17Neoのスペックの違いを知りたいな。

そうだね。表にしてまとめたけど、簡単に言うと、OPPOはゲーム向きで、nova lite3は大画面を楽しみたい人向きだよ。

それぞれのスマホのスペックを表にまとめました。

比較項目nova lite3OPPO R17 Neo
寸法155.2×73.4×7.95mm158.3×75.5×7.4mm
重さ160g156g
ディスプレイ6.21インチ6.4インチ
解像度2340×10802340×1080
 背面カメラ1300+200万画素1600+200万画素
内側カメラ1600万画素2500万画素
電池容量3400mAh3600mAh
プロセッサKirin710Snapdragon660
ストレージ(ROM)32GB128GB
メモリ(RAM)3GB4GB
下り最大150Mbps279Mbps
Wi-Fi a × 〇
Wi-Fi ac × 〇
Wi-Fi b 〇 〇
Wi-Fi g 〇 〇
Wi-Fi n 〇 〇
防水 × ×
防塵 × ×
緊急避難速報 〇 〇
生体センサー 指紋(静電気)、顔 指紋(光学)、顔
おサイフケータイ××
外部メモリmicroSD512GBmicroSD128GB

 

実はこの2機種は値段はほとんど同じですが、中身は全くの別物。

特に、

  • CPU・メモリ
  • ディスプレイ
  • 指紋認証

あたりは、用途別で選ばないと失敗する恐れがあるくらいのレベルです。

自分に合った端末を選ぶために、それぞれの違いを比較・解説してみたよ。

R17 Neo とnova lite3のディスプレイの性能の違い

ディスプレイが違うってことだったけど、何が違うの?

この2機種は、映像を出力する方式が全く違うんだ。性能的には、OPPO R17 neoの方がいいんだよ。

 

OLEDと液晶の違い

ディスプレイは、それぞれ以下のように種類が異なります。

機種方式
OPPO R17 neo有機EL(OLED)
nova lite3液晶

 

違いについては、「有機ELとは?」の記事でくわしく書いていますが、簡単に言うと有機ELの方が、

  • 画面占有率が上がる
  • 残像感が少なくなる
  • 黒がはっきりと映る(コントラスト比が高い)
  • AOD(常時表示)ができる

というメリットがあります。個人的に感じるところが、残像感。iPhoneXも有機ELですが、過去のiPhoneを見ると残像感が酷くてみることができません。

残像が少なくなれば、動画はよりくっきりと映し出されますし、動きの速いゲームをしていても快適に使うことができますね。

 

ディスプレイはR17 neoが有利

ディスプレイについては、基本的に後発の有機ELの方が性能的には良くなります。だからこそR17 Neoの方が有利になりますね。

ただし、液晶にも利点がないわけではありません。

液晶の方が有機ELに比べて、電池持ちが良くなります。nova lite3は6インチを超える画面のため、液晶を採用+3400mAhのバッテリーで連続待ち受け時間の点で有利になるはずです。

 

画面の大きさはnova lite3の方が大きい

画面の大きさは、nova lite3の6.21インチの方が大きくなっています。

ただ、R17 Neoもかなり大きい部類に入るので、ディスプレイの大きさをあまり気にする必要はありません。

 

指紋認証方式は静電気式と光学式で違う

光学式と静電方式

OPPO R17 Neoと、nova lite3は指紋認証方式が違います。

R17 Neoはディスプレイ認証を搭載し、nova lite3は背面にあるパネルから指紋認証を行います。

 

ディスプレイ認証は、未来的なのでぜひ一度YouTubeにアップしたものを見ていただきたいですね。かなりカッコイイです。

R17 Neoのディスプレイ内指紋認証

 

この指紋認証は原理的に全く違うため、それぞれにメリットがあります。

ディスプレイ認証はYouTubeのように、画面内に埋め込めるため、前方に指紋認証がありながらも、画面占有率を下げる必要がありません。

例えば、車のダッシュボードにスマホを設置する人は、前面に指紋認証があったほうが便利なため、OPPO R17 Neoの方が便利になります。

一方で、nova lite3のメリットはこれまでの実績のある指紋認証であること。

YouTubeで撮影していますが、指紋認証は一瞬で解除が終わります(ディスプレイ認証は少し時間がかかります)

nova lite3の指紋認証

 

静電気による認証の方が、確実にできるためイライラしたくない人は、nova lite3を使うほうが無難です。

また光学方式は、光を使う仕組みのため、外的環境によって認証精度が変わります。

布団の中で使ったりすることが多い人は、光に左右されないnova lite3の方が良いでしょうね。

 

顔認証はどちらにも搭載

顔認証はどちらにも搭載されています。

指紋認証を使わず顔認証を使う手もありますし、併用する方法もできます。

指紋認証を使わない場合はあまり気にする必要もないでしょう。

 

最大通信スピードはOPPO R17 Neoの方が速い

格安スマホのデメリットの記事でも解説していますが、格安スマホは一般的なスマートフォンと比べて、通信速度が落ちる傾向があります。

R17 Neoとnova lite3は以下の通りです。

端末最大通信速度
R17 Neo279Mbps
nova lite3220Mbps※

※ただしWiMAXエリア内(通常は150Mbps)

 

通信最大速度は変えられないので、高速なR17 Neoの方がメリット大きいですね。

 

無線LANの規格に注意(nova lite3はa/acに非対応)

nova lite3の大きなデメリットは、無線LANの規格(a/ac)に対応していないことです。

特に、acは無線LANの中でも最高速通信規格。

これに対応していないことで、無線LANを快適に使うための選択肢を一つ減らしてしまう欠点があります。

無線LANの規格については、以下の記事でくわしく解説しているので、ぜひ見てみてください。どうすれば、普段から速く通信が使えるかのコツも書いています。

 

本体の軽さについて

本体は、R17 Neoの方が軽くなっています。

nova lite3の方がディスプレイサイズが大きいのでしょうがないですね。

 

nova lite3とR17 Neoの価格面での比較

それぞれ、UQモバイルでの発売価格は以下の通りになっています。

  • R17 Neo:38,988円
  • nova lite3:31,644円

 

スペック的に見てもR17 Neoの方が高いため、価格もそれに従い約7,000円高くなっています

ただし、UQモバイルの場合はマンスリー割が効いてくるため、ここからさらに安くなります(プランに応じて変わります)。

実質の、通話料金も含めた値段は以下の通り。

プランSプランMプランL
R17 Neo2,480円
(3,480円)
3,480円
(4,480円)
5,480円
(6,480円)
nova lite31,980円
(2,980円)
2,980円
(3,980円)
4,980円
(5,980円)

※()内は2年目以降の料金

 

nova lite3は発売されたばかりですが、なんと実質無料で購入することができるのでお得感が強いですね(上のプラン料金もプラン代しかかかっていない)。

ここからさらに、当サイト経由の申し込みで最大13000円のキャッシュバックが付くので、もっとお得になるよ。

 

画素数はR17 Neoの方が上だが、大差なし。

カメラ性能については、アウトカメラの画素数がR17 Neoの方が若干高いですが、実際に撮影してみて、あまり大差はないです。

機能面でもあまり差がなく、どちらもデュアルカメラでポートレートが可能になっています。

実際の作例については以下で公開しているので、参考にしてみてください。

参考 R17 Neoの作例

参考 nova lite3の作例

 

ツインアプリについて

海外製のスマホには、ツインアプリといって「特定のアプリ」をクローンして複数使える方法があります

LINEをツインアプリでクローンして使う方法については、以下の記事で解説しています。

参考 LINE(ライン)を公式に複製できるツインアプリとは?クローン手順を写真と動画で解説

 

Huaweiは昔から搭載していますし、OPPO R17 Neoもツインアプリを搭載しているため、アプリを複製して使うことが可能です。

 

タイプ別におすすめするスマートフォン

ゲームをするつもりなら間違いなくR17 Neo

ゲームをするつもりなら、必ずR17 Neoを契約してください。理由はCPU。

ゲームをするのなら、Snapdragon系の方が向いていますし、ディスプレイのところでも書いた通り、有機ELの方が残像感が少なく、ゲームを楽しむことができます。

 

目新しさ重視でもR17 neo

ディスプレイ内の指紋認証は、R17 Neoが日本で搭載した最初の機種です。

まだまだ国内で見ることも少ないため、目新しさという観点で見ても、R17 neoの方が良いでしょう。

 

夜使うことが多いならnova lite3

逆にディスプレイ内認証は光学式になるため、安定性に欠ける問題があります。

夜など、明かりが不安定なところで使うケースが多いならnova lite3の静電気指紋認証の方が使い勝手としては良いでしょう。

 

au以外のSIMの同志利用するならnova lite3

nova lite3は、DSDVを搭載しています。

この機能を使うことで、au系の端末であっても、電話と通信の同時利用が可能になります。

UQモバイルで電話番号を一つのスマホで複数使いたいなら、nova lite3一択です。

DSDS、DSDVについて詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてみてね。

参考 【スマホに2つの番号を】DSDS、DSDVのメリット・デメリットとおすすめ格安SIMの組み合わせを解説

 

筆者ならどちらを買うか、答えは

間違いなく「R17neo」です。

私自身がiPhoneXを使っていることもありますが、有機ELのディスプレイって本当に見やすいんですよね。

画面遷移していてもストレスほとんどないですし。

指紋認証の問題はありますが、顔認証をベースに使っていれば、普段使いとしては気にならないレベル。

むしろiPhoneよりも顔認証スピードが速いので、メリットがあるくらいですよ。

 

まとめ

この記事では、nova lite3とOPPO R17 Neoの実力について比較し、どのタイプがおすすめかについてまとめました。

UQモバイルは、実質0円で買える「nova lite3」もハイスペックな「OPPO R17 Neo」も購入できるので、選択肢があり、いいですね。

2台はともに、メリット・デメリットありますが、自分にあった端末を選びましょう。

端末を購入するなら、当サイト経由限定で適用できる最大13000円キャッシュバックはかならず併用してくださいね。すべてのキャンペーンと併用できるウェブ限定のキャンペーンですよ。

公式サイトを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

 

もっと細かなレビューを見たい場合はそれぞれのレビュー記事を参考にしてみてください。

参考 nova lite3の実機レビュー

参考 R17 Neoの実機レビュー

タイトルとURLをコピーしました