UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

UQモバイルのAQUOS senseってどんな端末?スペックとメリット、デメリットまとめ

UQモバイルのアンドロイドの評価・レビュー

2017/11/22にUQモバイル(ユーキューモバイル)から発売された「AQUOS Sense(アクオスセンス)」。

IGZO(イグゾー)の省エネパネルで有名な「SHARP(シャープ)」から販売されているモデルを紹介します。

IGZO(イグゾ―)ってそんなに凄いの?

凄い技術で、省エネで全然バッテリーが長持ちなモデルなんだ!じゃあスペックと、メリット、デメリットを詳しく解説していくよ!

※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能
\ネット限定キャッシュバック/
※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能

AQUOS sense(アクオスセンス)のフォルム、特徴

[st-kaiwa-702]まずは、こちらのYoutubeを見てみてね。全体のフォルム、コンセプトがわかってもらえると思うよ。[/st-kaiwa-702]

 

AQOUS senseは、スマートフォンというデジタル機器でありながら、丸っこいフォルムとなっており、どちらかと言えば女性向けのデザインです。

後ほど説明しますが、スペック上でみても、

  • 5インチのディスプレイ
  • 148gの比較的軽い重量
  • 柔らかいカラーリング(4種)
  • 防水性+濡れた手でタッチしても反応する

 

と、女性をターゲットにしていることが分かる機種です。

 

AQUOS senseのスペックと気を付けておくべきポイント

まずはスペックから見ていくよ!

寸法144×72×8.6
重さ148g
ディスプレイ5.0インチ
背面カメラ1310万画素
内側カメラ500万画素
電池容量2700mAh
プロセッサSnapdragon430
ストレージ32GB
RAM3GB
下り最大150Mbps
Wi-Fi a×

 

まず、Aquos senseの特徴は全部入りスマートフォンなところ。防水、防塵に対応しているので、日本向けらしいモデルです。

海外のスマホは防水、防塵対応が少ないので、大きなメリットですね。

さらに、おサイフケータイに対応しているところも、日本らしいですね。関東圏の人なら、モバイルSuicaが利用可能です。

 

AQUOS senseの弱点は、プロセッサのランクが低いところ

AQUOS senseの弱点・デメリットはどんなところ?

実はちょっとプロセッサ(スマホの処理能力)が弱いんだ。ハードなゲームをする人はちょっと厳しいかもね。

AQUOS senseの大きな弱点は、プロセッサがSnpardragonの400番台であることです。

Snapdragonは、一般的に400番、600番、800番とあり、番手が大きい方がハイスペックですが、AQUOS senseはその中で一番下のランクです。

しかし、スペックが高いものが必要なのは、ハードなゲームをしたり、インターネットをすごく使う人の話。

メール、電話、ちょっとした、調べものが中心なら、全く問題ありません

 

プロセッサは弱いけど、メモリは大きいので使い勝手はいい

えー、処理速度遅いのはちょっとなー。

たしかにプロセッサはそんなに良くない。でも、実はメモリが大きいから使いやすいよ。

AQUOS senseのスペック表を見て感じた意外なメリットがあります。

それが、「メモリ(RAM)」。Snapdragon400番台を搭載しているスマートフォンは、ほとんどのスマホが、2GBのメモリしか積んでいません。

しかし、AQUOS senseはメモリの容量が3GBと大容量になっています。メモリが大きいと、アプリを立ち上げても動作が遅くなりにくく、いらいらしなくて済むメリットがあります。

 

AQUOS senseを選ぶメリットは、「IGZO(イグゾ―)」

IGZOってどんな技術なの?

IGZOは、SHARPが独自に開発した「綺麗さ」と「低電力」を両立した凄いディスプレイだよ。

もしかしたら、色々なところで聞いたことがあるかもしれませんが、Sharp(シャープ)には、「IGZO」という特殊な技術があります。

シャープ公式より引用)

 

IGZOは「半導体エネルギー研究所」と共同開発して作られた省エネと美しさを兼ね備えたディスプレイです。

シャープの研究発表ページによると、独自の液晶構造で2倍の高精細と、静止画の10分の1の消費電力低減を両立しています。

 

声に反応して対応する「エモパーver7.0」

エモパーって、公式HPに書いてるんだけど、これってなに?

エモパーは、音声入力すると、答えや色々な提案を返してくれるボイス機能だよ!

 

iPhoneには「Siri」、androidには「google assistant(グーグルアシスタント)」という機能が付いています。

AUQOSもandroidですが、Sharp独自のエモパー、という機能があります。

シャープ公式より引用)

 

エモパーは「お話」することに重点を置いていて、google assistantのように「聞いたら答える」だけでなく、持っている人に合わせた提案をしてくれるサポーターです。

 

カラーは全部で4種類

AQUOS senseのカラーってどんなのがあるの?

全部で4種類あるよ。グリーンとピンクが柔らかい色合いで女性向きかな。

AQUOS senseのカラーリングは全部で4種類あります。個人的には、柔らかいグリーンがあんまり他では見かけないので、お気に入りです。

シャープ公式より引用)

 

UQモバイルでの実勢価格はどれくらい?

AQUOS senseって、国産だしやっぱり高いんじゃないの?

実は、全くそんなことなくて、むしろ実質無料で買えるくらい安いよ!

AQUOS senseは、「とても安いスマートフォン」です。こちらの表が、実質の価格になります。

プラン名初回残り23回実質支払額
プランS648円/月540円/月13,068円
プランM108円/月0円/月108円
プランL108円/月0円/月108円

 

AQUOS senseの値段は本来の31,212円なので、プランM,Lを選択すればかなりお得です。UQモバイルはオプション加入が必要なく、わかりやすいこともポイントです。

実際の本体代を入れた支払いはこちらです。

 プランSプランMプランL
初回2786円/月3326円/月5486円/月
~14ヶ月2678円/月3218円/月5378円/月
14ヶ月~3758円/月4298円/月6458円/月

※初回:事務手数料として3000円

 

実際のところ、本体代無し、しかもUQモバイルはオプションが要らないので、かなり安いと思います。

※実勢価格は、投稿時の情報です。最新情報は、[UQモバイルテキスト]公式HPでかならずご確認ください。

 

キャリアで端末を買うと6000~7000円位の支払いになるから大分安いってこと?

うん。UQモバイルに乗り換えた、ほとんどの人が約3000円節約してるよ!

プランはどれを選べばいいのかな?

おすすめは、プランMだね。容量も、端末割引も大きくて、プランSと500円くらいしかないからね。

おすすめは間違いなく、プランMです。

500円の差額ですが、データ容量で4GB違います。500円で4GBプラスされるのはだいぶお得です。

 

UQモバイルのAQUOS sense(アクオスセンス)まとめ

2017年に[UQモバイルテキスト]から発売された新機種、AUQOS sense。途中でも書いた通り、とにかくコストパフォーマンスに優れた機種で、可愛らしいデザインの機種です。

この機種は、

  • 値段を安く手に入れたい
  • 可愛いフォルムがいい
  • 水回りでスマホを触ることがある

という人におすすめのスマートフォンです。

公式HPでAQUOS senseを見てみる ⇒ UQモバイル