UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

ワイモバイルとUQモバイルの電話サービスの違いを解説|タイプ別にオススメをまとめました

料金・キャンペーンの違いを比較

ワイモバイルとUQモバイルは名前、サービス、大手キャリアのサブブランドと共通点はたくさんあります。しかし、電話のサービスについては、全くと言っていいほど別物です。

この記事では、UQモバイルと、ワイモバイルの電話のサービスの違いについて詳しく解説していきます。タイプ別のおすすめについては後半に書いているので、こちらからどうぞ。

※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能
\ネット限定キャッシュバック/
※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能

UQモバイルの電話サービスは2種類

まず、UQモバイルの電話サービスは大きく分けて2種類あります。

  • 5分かけ放題サービス
  • 月々決まった時間の無料通話サービス

 

UQモバイルの特徴として、これらのサービスを必要に応じて毎月切り替えられるというメリットがあります。それでは詳しく見ていきます。

UQモバイルの電話サービスについて、詳しく説明していくね!

 

短い電話を何度もする人に5分かけ放題(回数無制限)「おしゃべりプラン」

UQモバイルのかけ放題サービスは、回数無制限の5分かけ放題サービスです。短い電話を繰り返す人向けになっています。

このサービスは、おしゃべりプランを選択すれば、データの容量に関わらずどれでも適用することができます。電話かけ放題を利用するために特別なアプリのインストールは必要ありません。

短い電話を繰り返しする人は、おしゃべりプランで!帰宅の電話を入れる人は特におすすめ!

 

ワイモバイルにはない月々の無料通話サービス「ぴったりプラン」

次はワイモバイルにはない、プラン数に応じて、月々の無料通話時間が決まるサービスです。現在の無料通話時間と、プランの関係は以下の通りです。

プランSプランMプランL
ぴったりプラン60分120分180分
無料通話時間(26カ月目以降)30分60分90分

 

無料通話時間は、契約してから最初の25ヶ月と、それ以降で時間が異なるので注意が必要です。もちろん26ヶ月目から、5分かけ放題に変更することもできます。

ぴったりプランは、普段は電話しないけど、たまにすると長電話になる人(例えば遠くの親戚に電話する人)、がおすすめです。

月々の無料通話はワイモバイルに無い仕組みだよ!UQモバイルは、ぴったりとおしゃべりを気軽に入れ替えられるからいいね!

 

UQモバイルは電話オプションがない「データ高速プラン」

音声通話を使わずに、LINE電話で済ましてしまう人も多いのではないでしょうか。最近は、iPhoneの待ち受けや履歴でも直接確認できるようになったので、より増えていると思います。

そんな人のために、UQモバイルでは「データ高速プラン」という、電話のオプションが付いていないパターンもあります。プランは音声通話SIMで、3GB/月で1,680円/月、しかも2年目以降も値段が変わりません。

ただ、端末購入サポートの金額が減るので、新しく端末を買う場合は気を付けた方がいいでしょう。

auの端末をそのままUQモバイルで使う人+電話はほとんど使わない人は、「データ高速プラン」がおすすめ!

 

ワイモバイル(Y!mobile)の電話サービス

次は、ワイモバイルの電話サービスについて詳しく説明していきます。ワイモバイルの電話のかけ放題サービスは、2つあります。

  • 10分かけ放題(回数無制限)サービス
  • スーパー誰とでも定額(何回、何分かけても定額オプション)

 

UQモバイルと違って、月々決まった電話料プランがないのに対して、ワイモバイルでは、スーパー誰とでも定額と、完全無制限の電話サービスがあります。

「無料で電話をかけることができる長さ」で言えば、ワイモバイルの方がちょっと上だね!

 

10分かけ放題(回数無制限)で1回の電話の時間は長め

ワイモバイルの無料通話サービスは、回数無制限で10分かけ放題になっています。UQモバイルは、5分なので、ワイモバイルの方が2倍話しができます。

ワイモバイルの場合も、UQモバイル同様、電話かけ放題を利用するために特別なアプリが必要なく、標準のアプリから発信することができます。

どのプランでも、10分かけ放題は適用できます。

電話のかけ放題でいえばUQモバイルが5分だから、一回の電話が長い人はワイモバイルの方がいいね!

 

スーパー誰とでも定額で無制限のかけ放題も可能

UQモバイルには無いプランが、「スーパー誰とでも定額」です。誰にかけても、何分かけても無料の完全定額サービスです。スーパー誰とでも定額は、スマホプランを利用するか、ガラケープランを利用するかによって値段が大きく変わります。

プラン名料金
スマホプランSMLケータイプランSS1000円
ケータイプラン1500円

 

どちらにしても、オプション料金を払うだけで完全定額にできるのは大きなメリットです。スマホプランの1000円なら、25分連続通話すれば、もとが取れる計算です。

また、ガラケーは家族割りの適用により、2本目なら月々無料なので、実質1500円/月で無料の電話を運用できます。

私の祖母もそうなんですがガラケーを持っている人は、意外と通話時間が長い人が多いので、選択肢としては有意義です。

 

ワイモバイルには、完全無制限の定額電話サービスがあるんだ!ドコモかけ放題みたいなサービスだね!

 

ワイモバイルのスマホは電話無しのプランがない

ワイモバイルは、UQモバイルのデータ高速プランのように、電話のオプションが省かれたサービスがなく、スマホプランの中から選ぶ必要があります。

 

ワイモバイル、UQモバイルのプランの選び方

最後にそれぞれ、どちらのプランが良いか、タイプ別に総まとめします。全て音声通話(090,080発信)で使う形を想定してまとめています。

タイプ別に自分にあったものを選んで、損をしないようにしてね!

 

普段から電話を使わない人(ライン電話ばかりの人もこちら):UQモバイル「データ高速プラン」

電話を全く使わない場合は、UQモバイルデータ高速プランを選んでください。UQモバイルも、ワイモバイルも、基本プランは電話サービスに入ることが前提になっているので、その分お金がかかります。

データ通信プランは、電話サービスが無い分データ容量が3GBと少し大きめで、UQモバイルならではの、ずば抜けた通信を速度を利用することができます。

 

普段は電話しないけど、時々実家などに10分以上長電話する人:UQモバイル「ぴったりプラン」

このタイプの人は、UQモバイルぴったりプランを使いましょう。ぴったりプランなら、データ容量に応じて、無料通話が付与されるので、その時間内で話をすれば、月々に余分なお金がかかりません。

必要に応じて、5分かけ放題と切り替えてもいいですね(毎月変更可能)。

 

短い電話が多い人

「家に帰るよー」といった連絡や、仕事場での簡単な伝言が多く、短い電話が主流の人は、Y!mobileスマホプランについた10分かけ放題を使いましょう。

5分以内ならUQモバイルでもいいですが、どうせなら長い方が、ついつい長くなってしまった時にも、お得です。

 

とにかく電話をたくさん使う人

電話をたくさん使う人の選択肢は、Y!mobileの「スーパー誰とでも定額」しかありません。

スーパー誰とでも定額はオプション料がかかる分高額に思われがちですが、+1000円で、無制限かけ放題になるのはメリットがとても大きいです。

スーパー誰とでも定額の詳細を知る⇒スーパー誰とでも定額

 

まとめ:UQモバイルとワイモバイルの電話サービス違い・比較

この記事では、UQモバイルとワイモバイルの電話サービスの違いについてまとめました。

二つの会社は、大手キャリアのサブブランド(子会社)でとってもよく似ていますが、電話のオプションサービスは全く違うことがわかります。

どちらが良い、ということはありません。自分に合ったプランを選べば、より便利に、そしてよりお得にすることが可能です。

UQモバイル公式を見てみる⇒UQモバイル

ワイモバイル公式を見てみる⇒Y!mobile

 

補足:キャリアとサブブランドの電話サービスの違い

特にキャリアからワイモバイルに乗り換えると、月々の料金を安くしながら5分かけ放題から、10分かけ放題にすることができます。

お得になるだけでなく、使い勝手もよくなります。

サブブランド(格安SIM)は、安かろう、悪かろうと思われがちですが、電話、インターネットの通信品質は全くそんなことはありません。

基本的に、店舗を少なくしたり、ネット申し込みにしてコスト(人件費)を下げて、安く提供しているだけなので、「安くても良いもの」と思ってもらえると良いですね。