UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

【SIMのみに違い有り】UQモバイルとワイモバイルのキャンペーン・割引サービスの違いを比較

料金・キャンペーンの違いを比較

UQモバイル(UQmobile)とワイモバイル(Y!mobile)は、それぞれ同じような料金プランを設定しています。

しかし、キャッシュバックキャンペーンの内容(特にSIMカードのみ)や、アウトレット端末の取り扱いなど、違う部分が思っている以上にあります。

今回は、キャンペーン、割引の部分でUQモバイルとワイモバイルがどういったところが異なっているか、について解説していきたいと思います。

※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能
\ネット限定キャッシュバック/
※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能

UQモバイルの割引・キャンペーンについて

月々500円が割引される家族割

UQモバイルには月額500円の家族割(複数回線割)があります。

ワイモバイルも同じように家族割があり、値段も同じく、2回線目から500円引きとなっています。

UQモバイルの家族割は、申し込み後、電話にて受付を行います(ワイモバイルは店舗なので、ここが異なります)。

 

イチキュッパ割:初年度1000円引きで利用可能

購入してから最初の1年間は、1000円割引になる割引があります。

イチキュッパ割引の期間、値段はワイモバイルと同じなんだ。

 

最大21,600円引きのフェア

端末を購入する際に、月々の割引として適用される「オータムフェア」があります。

端末によって、そして時期によって、値段の割引が変わりますので、随時、UQモバイル公式で端末をチェックしてみるといいでしょう。

最大の割引金額は決まっていて、21,600円となっています。割引金額は端末によって異なるので、UQモバイルの端末を見て、お得なものを選びましょう。

上手くいけば、端末代を激安にすることもできるんだ。iPhoneSEもオータムフェアを使えば、実質108円だよ。

 

当サイトからの申し込みで最大13,000円のキャッシュバック(iPhoneもOK)

当サイト限定の専用のページがあります。このUQモバイル(キャッシュバック専用ページ)から申し込むことで、最大13,000円分のキャッシュバックを受けることが可能です。

こちらの申し込みは代理店ではなく、UQモバイル公式でのキャッシュバックキャンペーンになるため、iPhoneSE、6sでもキャッシュバックが適用されます。

プランによって、キャッシュバック金額が違います。

プラン名キャッシュバック額
プランL13,000円
プランM11,000円
プランS10,000円
高速データプラン5,000円

 

ワイモバイルは端末込みではキャッシュバックはないので、もし端末を一緒に買うならUQモバイルの方が絶対にお得だよ。

公式ページを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

 

SIMカードのみの申し込みでも最大13,000円キャッシュバック

端末申し込みで13,000円のキャッシュバックだけでなく、SIMカードの申し込みだけでもキャッシュバックの対象になります。

今auやdocomoなどで使っているスマホをそのまま使う場合でもキャッシュバック対象だよ。

 

最新型のiPhoneを含め、XperiaやGalaxyなどキャリアのスマホをそのままUQモバイルで使う場合もあるでしょう。

iPhoneXをUQモバイルで使用

 

(XperiaZ5をUQモバイルで使用)

 

その場合、音声のマルチSIMカードだけの申し込みになりますが、この場合もUQモバイルの場合はキャッシュバック対象になるので安心です。

au、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、どこからUQモバイルに乗り換えてもキャッシュバック対象だよ。

専用ページを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

 

ワイモバイルの割引・キャンペーン一覧

月500円の家族割(複数回線割)

UQモバイルのところでも説明した通り、ワイモバイルにも同様の月々500円の割引があります。

UQモバイルとの違いは、家族割(複数回線割)の申し込みは、ネットでの申し込み時、もしくは店舗での受付になります(代理でも委任状があれば大丈夫です)。

 

Softbank光、SoftbankAirとの組み合わせで安くなる光おトク割

ワイモバイルには、Softbankの光の固定回線との組み合わせで割引になる「光おトク割」があります。UQモバイルには固定回線との組み合わせでの月額割引はありません。

「”光”おトク割」と書いていますが、光回線だけでなく実は差すだけでインターネットが使える「Softbank Air(ソフトバンクエアー)」も対象です。

光回線のほうは、指定のオプションに入っていないのいけないことに注意しておきましょう。

契約固定回線オプション条件
SoftBank光
自動更新有プラン
光BBレンタルユニット
Wi-Fiマルチパック
Wi-Fi地デジパック
ホワイト光電話
BBフォン
光電話(N)、BBフォン
SoftBank Airオプション条件なし
Yahoo!BB 光シティオプション条件なし

 

ワイモバイルのポケットWi-Fiも複数回線割に対応

複数回線割は、光おトク割もどちらもワイモバイルのスマートフォンだけでなく、ワイモバイルのモバイルルーター「ポケットWi-Fi」も対象になっています。

特に、スマホをワイモバイル、ポケットWi-Fiで外でビジネスで利用する、という人も多いと思いますから、モバイルルーターを持つ予定なら、組み合わせてお得にするようにしておきましょう。

UQコミュニケーションズには、UQ WiMAXがありますが、UQモバイルとの組み合わせによる割引は残念ながらありません

 

ガラケーなら二台目タダ

家族に、ガラケーを使っている人がいるなら、絶対にワイモバイルをおすすめします。

本来複数回線割(家族割)は500円引きですが、これはスマホの場合で、ガラケーの場合は、全額無料になります(通話料金は別)。

UQモバイルとワイモバイルの電話サービスの違いの記事で触れていますが、ワイモバイルには「スーパー誰とでも定額」という、通話完全定額サービスがあるので、ガラケーで長電話をする人には最適のプランです。

 

アウトレット品(タイムセール)でスマホが安く手に入る

ワイモバイルには、通常の端末購入と異なり、アウトレット品の形でスマートフォンが販売されるケースがあります。機種としては型落ちになりますが、1万円以下で手に入るケースもあります。

アウトレット品は、完全な新品ではなく、ユーザー都合で返品されたり、短期だけ使用された端末です(車で言う新古車みたいなもの)。中古が嫌いな人には向きませんが、スマホを安く手に入れたい、という人にはベストな選択肢です。

アウトレット端末は常に変わります(タイムセールもあるため)。Y!mobile公式ページで、チェックするのがおすすめ。

 

家族のスマホまとめてキャンペーン

ワイモバイルの場合、2回線目の申し込みで5000円の還元を行ってくれます。

5000円分を、500円ずつ、毎月割引していく形式での割引になります。

 

ワイモバイルはSIMカードのみの申し込みで最大14,400円の割引

ワイモバイルではSIMカード単体の申し込みをする場合、最大14,400分の割引を実施しています。端末購入時の割引を受けられない分のフォローですね。

対象は、新規と他社からの乗り換え。

UQモバイルと異なり、キャッシュバックではなく14,400円を24か月かけて割引する仕組みなんだ。

ワイモバイルの場合は、UQモバイルと違って月額割引。

Y!mobileより引用)

この割引は「ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え」では適用できませんので注意が必要です。

参考 ソフトバンクからワイモバイルへMNP乗り換えする方法

 

この割引は、オンラインストアで行われているもので、店舗ではない可能性があります。

特に、SIMフリーiPhoneを購入する場合は、オンラインストアで申し込んで、割引を受けましょう。

Ymobileは時期によって、割引金額が変わることがあるんだ。かならず公式ページをチェックしてね。

公式サイトを見てみる⇒Y!mobile

 

下取りプログラムで古いスマホを現金に+個人情報を破棄

ワイモバイルには、要らなくなった下取りプログラムがあります。

スマートフォンは個人情報の塊ですから、要らなければ、下取りして中身を消去してもらう方がおすすめです。

捨てるだけでなく、下取りでお金に換えられるほうがお得だね

 

Yahoo!プレミアム会員の月額料金が無料に

ワイモバイルは、契約したのちにポータルサイト「My Y!mobile」でYahoo!IDと連携させることによって、Yahooプレミアムの料金を無料に出来ます

これだけで、462円割引できるので、節約効果が高いですね。こちらは複数回線割引との併用可能です。

 

キャンペーン別おすすめのタイプ

Softbank光もしくはSoftbank Airを使っている:Ymobile

固定回線がSoftbankの関連サービス(ソフトバンク光、もしくはソフトバンクエアー)を使っているなら、間違いなくワイモバイルを選びましょう。そちらの方が割引額が大きくなります。

割引額は、ワイモバイルの契約しているスマホ一台につき適用されるので、家計へのかなり大きな節約効果があります。

契約プラン1人当たりの割引額
スマホプランS500円
スマホプランM700円
スマホプランL1,000円
データプランL
Pocket Wi-Fiプラン2
500円

 

ただし、家族割との併用が不可なのも覚えておきたいポイントです。

スマホプランSしか契約しないなら、UQモバイルの家族割と同じ効果しかありません。

 

ポケットWi-Fiを持っている場合:Ymobile

モバイルルーターをこれからどこかに申し込む人も含めて、ポケットWi-Fiを使っているなら、複数回線割の対象になるワイモバイルがおすすめです。

 

家族にガラケーを使っている人がいる場合:Ymobile

途中にも書きましたが、ワイモバイルのガラケーはスマホを持つ人の複数回線割引を使えば、無料で運用できることを覚えてきましょう。

 

Yahooプレミアムを契約している人:Ymobile

月額462円を節約できるので、ワイモバイルの方が良いでしょう。

 

SIMカードだけ申し込む場合:docomoならどちらでも、au、ソフトバンクはUQモバイルへ

SIMカードだけ申し込む場合は、以下のようになります。

  • UQモバイル:最大13,000円をキャッシュバック
  • Y!mobile:14,400円を月額料金から割引(ソフトバンクからの乗り換え除く)

 値段的には、キャッシュバックの金額は大きく変わりません。それよりも、今のキャリアがどこを使っているかが重要です。

auだとUQモバイルでスマホがそのまま使えて新しい端末を買う必要がありません。

ソフトバンクでは、Ymobileの割引が受けられず、損します(次でも説明していますが、1,980割も受けられません)。

au、ソフトバンクでは、UQモバイルの方がいいね。ドコモは好きな方を選んで大丈夫だよ。

 

【注意】今の端末がSoftbankで、そのまま使う人はUQモバイルを選んで!

キャンペーンは関係ありませんが、現在Softbankを使っている人がワイモバイルに移行すると、1980割引が適用されませんので注意してください。

Softbankから乗り換えを検討している人は、UQモバイルの方が絶対に得ですよ。

詳しくはSoftbankからのワイモバイルへのMNP乗り換えにまとめているので、そちらの記事を見てね。

 

まとめ:UQモバイルとワイモバイルの割引・キャンペーンの違い

この記事では、ワイモバイルとUQモバイルの割引やキャンペーンの違いについて説明しました。

思った以上にキャンペーンや、固定回線との組み合わせによる割引など、違うポイントが見えたのではないでしょうか。

通信速度や電波の質は、どちらもレベルが高いので、自分に合った(オトクになる方の)キャンペーンを選べば良いでしょう。

UQモバイルの限定ページを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

Ymobileの公式サイトを見てみる⇒Y!mobile

 

ちなみに私のY!mobileの明細書はこのような形です。スマホとポケットWi-FIを契約しているので、色々書いてあってややこしいですが、かなり安いですよ。