UQモバイルのキャンペーンまとめ⇒

【2018年版】UQモバイルとワイモバイルの学割を比較して、違いを丁寧に解説します

料金・キャンペーンの違いを比較

UQ mobile(ユーキューモバイル)とYmobile(ワイモバイル)は、毎年、1月から5月にかけて学割を実施します。

今回は、2018年版の学割について、二つの格安SIMの違い、押さえておきたいポイントについて、解説していきます。

学割のほかにも、同時に普段から行われているUQモバイルとワイモバイルのキャンペーンの比較記事も参考にしていただくと、よりお得に使えるので、ぜひ並行してご覧ください。

ワイモバイルと、UQモバイルってどっちも学割やってるんだね。何か違いはあるの?

実は、そんなに違いがないんだけど、合わせて使えるキャンペーンや申し込み方法が意外と違うので、そこで差が出てくるかな。詳しく説明するね。

 

※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能
\ネット限定キャッシュバック/
※家族4人なら52,000円キャッシュバック可能

UQモバイルの学割「UQゼロ割」について

UQモバイルの学割はどんなサービスなの?

おしゃべりプラン、ぴったりプランのS/M/Lに申し込んだとき、その基本料が最大4か月割引されるキャンペーンだよ!

UQモバイルの学割の2018年版の名称は「UQゼロ割」という名前になっています。名前の通り、基本使用料が無料で使える仕組みになっています。

無料期間は最大4か月ですが、単純に4か月というわけではありません。2017年12月の申し込みで最大4か月、2018年1月以降の申し込みなら、申し込みから3か月という仕組みです。

要するに2017年12月から申し込むと、早期割引で1か月タダになるってことだね!

 

2017年12月に申し込むともちろんお得ですが、2018年1月から申し込んでも十分お得です。特に、学年が上がるタイミングでスマホを買うご両親も多いので、あまり焦る必要はないかなと思います。

参考までに以下が、UQモバイルの月額料金です。

UQモバイル料金プランSプランMプランL
データ量(2年間)2GB6GB14GB
月額料金(1年目)1980円2980円4980円
月額料金(2年目)2980円3980円5980円

 

後で、詳しく書いてるけど、ワイモバイルの学割もほぼ同じ形だよ!

 

UQモバイルの学割では、データ容量が機種変更時まで2倍

UQモバイルの学割は、基本料金が無料になるだけなのかな?

ううん!違うよ、他にもデータ量が2倍が機種変更時まで続くんだ!

UQモバイルの学割のもう一つのメリットは、月間データ量が2倍になる期間が、機種変更時まで続くことです。

  • 通常:最初の2年間
  • UQゼロ割利用:機種変更時まで(機種変更しても2年までは使える)

 

実際のところ、2年以上使うケースはあまりないかもしれません(おおよそ、2年で端末の割引が終わるため)。しかし、最近のスマートフォンはどんどん性能が向上しているため、スペック的に2年以上使えることも少なくありません。

後ほど説明しますが、実はこちらもワイモバイルの学割とほとんど同じです。

 

UQモバイルの学割の申し込み方法について

UQゼロ割の申し込みはどうすればいいのかな?

webなら申し込み後に利用者登録を、店頭なら保護者と一緒にいけばOKだよ!

学割の対象者は18歳までなので、ネット上で申し込みをすることはできません。

保護者が代わりにネットで申し込みを行い、完了後、利用者登録を行うことで自動で学割が適用できます。

店頭であれば、保護者と一緒に行けば申し込みが可能になっています。

 

ワイモバイルの「タダ学割」も基本料金が無料

ワイモバイルの学割も基本料金が無料になったりするのかな?

そうだね!ワイモバイルの場合も、最大4か月間基本使用料が無料になるよ!

ワイモバイルの場合も、UQモバイル同様で2017年12月からの申し込みなら早期割引で4か月、2018年1月以降の申し込みであれば、3か月分の割引になります。

対象のプランは、プランS/プランM/プランLの3種類です。値段もUQモバイルとほとんど同じですね。

ワイモバイル料金スマホプランSスマホプランMスマホプランL
データ量(2年間)2GB6GB14GB
月額料金(1年目)1980円2980円4980円
月額料金(2年目)2980円3980円5980円

 

ワイモバイルも機種変更時まで通信容量2倍キャンペーン

もしかして、通信料が2倍になるキャンペーンも同じだったりする?

うん、実はそうなんだ!

ワイモバイルも通常、データ容量は最初の2年間だけ2倍になっており、その後半分になります。

学割で申し込むことによって、次の機種変更時までデータ容量は2倍とすることができます。

 

ワイモバイルの学割の申し込み方法

ワイモバイルの学割のやり方を教えて欲しいんだけど?

もちろん!ワイモバイルも店頭とネットの両方で申し込めるよ!

店頭で申し込む場合は、簡単で保護者と一緒にお店に行けば問題ありません。

ネットで申し込む場合は、利用者登録欄に学割を適用する人の名前を入力する必要があります。また、18歳以下であることを確認するために、契約者と学割適用者二人の本人確認証を、アップロードする必要があります。

 

Softbankからワイモバイルに学割転入しようとする場合の注意点

ワイモバイルって、Softbankの子会社だよね?何かデメリットあるの?

うん! 今Softbankなら、ワイモバイルよりUQモバイルの方が割引額が大きいよ!

SoftbankユーザーがワイモバイルにMNP転入する場合、もっとも気を付けなければいけないポイントが、月額のスマホプラン割が適用されないことです。

これにより、申し込み翌月から12か月間×1000円割引(計12,000円)されるはずが、適用されません。この場合は、UQモバイルを利用するほうがお得です。

auからUQmobileへMNPする場合はどうなるの?

UQmobileはauの子会社ですが、auからUQモバイルに転入する場合でも、割引は適用されるので安心してね。

もちろん、限定の最大13,000円のキャッシュバックももらえるから安心してね。

限定 キャッシュバックページを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

 

UQモバイルとワイモバイルは学割だけではなく他のキャンペーンも見るべき

2つの違いって、あんまり無いように感じるんだけど・・・?

実はほとんど学割だけで見ると、違いはないんだ!それよりも他のキャンペーンのほうが重要だったりするよ!

見ての通り、UQモバイルと、ワイモバイルでは、学割のキャンペーン上では違いがほとんどありません。ですから、学割だけ見れば、どちらを申し込んでもほとんど大差ありません。

しかし、普段から行われているキャンペーンには大きな違いがあります。特に、どの機種を申し込むかによって、キャッシュバックが大きく変わります。

わかりやすく表にしてみました。

申し込む種類ワイモバイルUQモバイル
SIMカードのみ最大15,000円最大13,000円
androidなし最大13,000円
iPhoneなし最大13,000円

 

見ての通り、申し込む端末によって、最大のキャッシュバック金額が大きく変わります。ワイモバイルのSIMカードのキャッシュバックと選ぶプランを表にしたものがこちらです。

プラン名キャッシュバック額
プランS10,000円
プランM15,000円
プランL15,000円

 

一方UQモバイルのほうはこちらです。

プラン名キャッシュバック額
おしゃべり/たっぷりプランS10,000円
おしゃべり/たっぷりプランM11,000円
おしゃべり/たっぷりプランL13,000円

 

つまり、SIMカードを申し込むなら、ワイモバイルで端末をセットで購入するなら、UQモバイルで購入するほうが得策です。

UQモバイルのキャッシュバックについては、当サイトとのタイアップなので、UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)から申し込みが必要です。

iPhoneのキャッシュバックについてはどうなるの?

UQモバイルのキャッシュバックも公式とのタイアップしてるよ。代理店ではないため、iPhoneSE、iPhone6sも対象なんだ。

キャッシュバックを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

 

UQモバイルとワイモバイルの学割の違いのまとめ

冒頭から説明している通り、UQモバイルとワイモバイルの学割にはあまり大きな違いがありません。それよりも、普段から行われているキャンペーンや、オプションサービス、そして、自分の行動範囲の電波を考慮して使うほうが良いでしょう。

UQモバイルとワイモバイルは、プランや料金設定は似ていますが、オプションサービスはかなり異なるので、自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

UQモバイルの公式サイトを見てみる⇒UQモバイル(キャッシュバック専用ページ)

ワイモバイルの公式サイトを見てみる⇒Y!mobile