ドコモをdカードを払ってはいけない理由 ⇒

【スマホに実質無料で保険を】dカード/dカードGOLDで受けられる最大10万円のケータイ補償を解説

ケータイの故障や紛失・盗難に手厚い補償をしてくれるdカードケータイ補償。

しかし仕組みや補償内容がややこしく、補償が適用されるのにも関わらず利用する機会を逃している人も大勢いるのではないでしょうか。

特にdカードGOLDの場合は最大10万円もの補償が受けられるので、利用しなければ損です!

ここでは万が一ケータイが壊れたり失くしたりしてしまった時のために、dカードケータイ補償について詳しく解説していきます。

一番のポイントはiPhoneも補償の対象になること!高額なiPhoneにApple Careの補償料を払わなくても良くなるため、かなり大幅な節約ができるよ。

dカードGOLD公式を先に見てみる⇒dカード GOLD

dカード・dカードGOLDのケータイ補償

dカードやdカードGOLDに付帯している「dカードケータイ補償」ってどんなものなの?

紛失や盗難、修理不能となった端末に対して、新端末の購入費用の一部を保証してくれるサービスだよ。

dカード・dカードGOLDには、付帯サービスの一つとして「dカードケータイ補償」がついています。

dカードケータイ補償とは、利用中の携帯電話端末が、偶然の紛失・盗難、または修理不能となった場合、新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末の購入費用の一部を補償してくれるサービス。

iPhoneも補償対象です

 

補償金額や補償期間など、詳細は以下のようになっています。

dカード
(レギュラー)
dカードGOLD
対象となる会員カードを契約中の本会員・家族会員
補償対象となる
携帯電話端末
利用している携帯電話番号にかかる携帯電話端末
補償金額最大10,000円最大100,000円
補償期間対象となる携帯電話端末
の購入後1年以内
対象となる携帯電話端末
の購入後3年以内
補償の方法カード利用代金の請求額から、
補償金額を減額することにより補償

 

これだけではまだわからないことも多いので、内容をもっと掘り下げて詳しく見ていきましょう。

 

dカードケータイ補償利用の流れ

dカードケータイ補償を使うには、まずどうすればいいの?

まずはドコモショップへ行こう。ただし警察への届けなどが必要な場合は、先に届けを出してからにしてね。

dカードケータイ補償利用の流れについて見ていきましょう。

 

ドコモショップで受付

まずはドコモショップへ足を運び、dカードケータイ補償を利用したいことを伝えます。

対象となる端末を確認してもらい、補償の対象になるかどうかを判定してもらいましょう。

その場で補償対象かどうかの判断ができない場合は、一端担当部署等へ送ってから判断が下されるので、時間がかかる場合もあります。

この時、勇み足で判定が出る前に新端末を購入してしまうと、万が一全損判定が出なかった場合は1円も補償されないから気をつけよう!

また、盗難・紛失の場合は警察への盗難届・紛失届、火災の場合は消防署等への罹災届が必須。

 

新規端末の購入

dカードケータイ補償の対象であると判定されたら、新端末を購入します。

dカード・dカードGOLDで決済したものだけが補償対象となるので、必ずdカード・dカードGOLDで決済を行ってください。

現金払いや、他のクレジットカードでの支払いでは補償の対象となりません。

 

事故報告書兼補償金請求書の提出

ドコモショップでの手続きから暫く経つと、「事故報告書兼補償金請求書」が送られてきます。

書類に必要事項を記入して、新端末購入時のカード利用控えを同封して、60日以内に返送してください。

60日を過ぎると補償金が受け取れないので注意しましょう。

 

審査通過後、キャッシュバック

審査とは言っても、この時点で審査に落ちるということはほとんどありません(ほぼ書類に不備が無いかどうかの確認のみ)。

審査が終わると、一端支払った端末代金から補償金額分が減額されます。

ちなみに、紛失や盗難の場合はSIMカードの再発行も必要になるけれど、再発行手数料についてはどうなるの?

SIMカードの再発行手数料は補償対象外だから、自腹で支払う必要があるよ。

 

Apple:iPhoneの場合の手続きの流れ

iPhoneの場合は、手続きの流れが違うのね。

まずはドコモショップではなくて、AppleストアかAppleの正規代理店に行かなくちゃいけないんだよ。

Androidの端末については上の流通りに手続きを行いますが、iPhoneの場合は少々手順が異なります。

 

AppleストアまたはApple正規代理店に行く

iPhoneの場合、ドコモショップではなく、まずはAppleストアもしくはApple正規代理店に行きましょう。

この時点で修理可能だと判断された場合は、dカードケータイ補償は利用できません。

修理不能であることが確認されると、次はAppleの「補償対象外修理サービス」で対応できるかどうかによって今後の流れが変わります。

 

2-1.補償対象外修理サービスで端末交換できる場合

Appleの「補償対象外修理サービス」で対応できる場合、AppleストアまたはApple正規代理店での端末交換となります。

その際にかかった費用をdカード・dカードGOLDで支払うと、支払い分についてdカードケータイ補償の対象となります。

申請には「補償対象外修理サービスで端末交換を行った旨の記載がある書類の写し」が必要なので、失くさないようにしましょう。

 

2-2.補償対象外修理サービスで対応できない場合

Appleの補償対象外修理サービスで対応できない場合は、ドコモショップで新しいiPhoneを購入することになります。

この場合も当然、支払いはdカード・dカードGOLDで。

これ以降は、Androidの手順3からと同じ流れとなります。

 

補償対象となる端末とならない端末

補償対象となる端末の詳細をもっと知りたい!

例えば中古で購入した端末は対象外だけど、自分が以前使っていた端末なら対象内だったりするケースもあるよ。

補償期間内の端末であっても、補償の対象となる端末と、補償の対象とならない端末とがあります。

まずは補償の対象とならない端末について見てみましょう。

  • ドコモ側で購入の履歴が確認できない端末(中古品、他キャリアやネット通販等での購入品)
  • カードに登録した電話番号と紐付いていない端末(2台目のサブケータイなど)
  • ワンナンバーサービスにより紐づく端末(Apple Watchなど)

以上のケースでは、たとえ購入期間内であっても補償はされません。

 

補償の対象となる端末は、

  • ドコモショップなど、ドコモ側で購入の履歴が確認できる場所で購入した端末
  • dカードに登録した電話番号と紐付いている端末

この2つが基本的な条件となります。

ちなみに、はじめの購入時にdカード・dカードGOLDで支払いをしている必要はありません。

例えば、端末購入後にカードを契約したような場合でも、カード契約後にdアカウントでdカードと電話番号を紐づければOKです。

 

機種変更前の端末が補償対象となる場合も

補償対象となるのは1台って決まっているわけじゃないの?

台数の縛りはないし、最終購入端末限定ってわけでもないから、場合によっては機種変更前の端末も補償対象になる場合があるんだよ。

補償期間内であることは大前提ですが、現在使っている端末以外にも、補償対象となる場合があります。

例えば、機種変更前の端末を

  • 家でWi-Fi通信のみで使っている
  • カメラや音楽プレーヤー代わりに利用している
  • 新しい機種よりも前の機種のほうが良くて、結局前の機種を使っている

なんてケースもありますよね。

このような場合も、補償期間内かつ購入時の電話番号が現在dカードに紐付いている携帯電話番号であり、現在も本人が利用しているのであれば、補償の対象となります。

 

dカードケータイ補償利用のポイント

新端末の購入は一括払いでなければ損

一括払いにするか割賦払いにするかで、何か違いがあるの?

割賦にすると、頭金と事務手数料しか補償対象にならないんだよ。だから新端末の購入は絶対に一括払いをしよう!

dカードケータイ補償を使うためには、新端末をdカード・dカードGOLDで決済する必要があります。

ここで気をつけなければならないのは、絶対に「個別購入あっせん契約」や「割賦販売契約」にはしないこと!

割賦払いの場合、補償されるのは頭金および事務手数料のみとなってしまい、それ以降の月々の支払いに関しては自腹となってしまうのです。

「今月はカードを使いすぎていて、その場で一括払いができない」となるとかなり損をしてしまうので、dカードケータイ補償を利用する際は、カードの利用額に余裕があるかを確認しておきましょう。

 

「端末購入サポート」に要注意

端末購入サポートで端末を購入していた場合、どうなるの?

端末購入の翌月から12ヶ月以内の間だと、高額な解除料金が発生してしまうんだよ。

ドコモでは端末を購入する際、機種によって「月々サポート」や「端末購入サポート」などの割引を受けることができます。

この2つのうち月々サポートは、新端末購入後も旧端末の割引がそのまま継続していくだけなので問題ありません。

しかし端末購入サポートは「購入月の翌月から起算して12ヶ月を超えるまで(正味14ヶ月)は機種変や解約をしない」という条件で、端末購入時に一括して割引を行うシステム。

事故であれなんであれ、新しく端末を購入するのであれば高額な解除料金が発生してしまうことを頭に入れておきましょう。

 

補償対象とならないケースについて

たとえ全損でも、補償対象とならないケースにはどんなものがあるの?

本人の重過失による場合や、災害時の損害は補償対象外になるよ。

補償の期間や条件などを満たしていても、補償対象とならないケースもあります。

例えば、

  • 故意による損害
  • 重過失による損害
  • 戦争や暴動などによる損害
  • 災害による損害

などは、補償対象外。

あくまでも不慮の事故による損害で、かつ個人的な損害(戦争や災害ではない)に限られるということですね。

 

dカードケータイ補償Q&A

他の補償サービスとの併用はできるの?

有料のケータイ補償オプションにも入っている場合、どちらにも保険金を請求できるの?

保険金を請求できるのは、どちらか一方のサービスだけだよ!

dカードケータイ補償と、有料オプションのケータイ補償のどちらにも加入しているという場合、どちらのサービスにも保険金を請求するということはできません

他のサービスから保険金が支払われる場合は、dカードケータイ補償での補償は受けられなくなります。

場合によってどちらの補償を使うほうが良いのかは変わってくるので、それぞれの補償内容をしっかりと確認しておくことが重要ですね。

 

補償期間中であれば何度でも補償が受けられる?

dカードケータイ補償の利用には、回数制限があるの?

1度補償を利用してから1年以内は補償対象外となるから、基本的に1年に1回の利用ということになるね。

dカードケータイ補償は、1度利用してから(事故発生日から)1年以内の事故に対しては補償対象外となります。

つまり利用できるのは1年に1回。

dカードであれば補償期間中に1回、dカードGOLDであれば最大3回までということになりますね。

もし他のケータイ補償サービスを使った場合はどうなるの?

その場合も変わらず、あくまでも補償期間の起算日は端末購入日で、利用できるのも1年に1度だよ。

 

同一機種・同一カラーの端末がない場合は?

新端末は同一機種・同一カラーってことだけど、もしも在庫がない場合はどうなるの?

その場合は、ドコモ側が指定する端末になるよ。自分が納得いく端末になるか、そうならないかは、ちょっとした賭けという部分もあるね。

発売から年数が経っている機種や、人気機種等の場合、同一機種・同一カラーの在庫が無いという場合もありますよね。

その場合、無いものはどうしようもないので、同一機種・同一カラーではなく「ドコモ側が指定する携帯電話端末」が購入対象となります。

もしかすると今使っているものよりスペックが上だったり新しい機種になったりする可能性もあるし、色が違うなど好みではない端末が指定される可能性もあることを頭に入れておきましょう。

 

ドコモケータイ補償との併用がベスト

dカードケータイ補償があるなら、有料オプションのドコモケータイ補償は必要ない?

それぞれに補償の範囲できるカバーが違うから、より確実に補償を受けたい場合は併用するのがベストだよ。

多くの人が頭を悩ませるのは、dカードケータイ補償があるなら有料のケータイ補償はいらないのでは?ということですよね。

特にdカードGOLDの場合は補償金額が10万円と破格ですから、わざわざ有料のケータイ補償に入らなくても大丈夫な気がしてきます。

しかしdカードケータイ補償には

  • 全損以外の破損には対応していない(修理は実費)
  • 補償期間が過ぎると補償されなくなる
  • 一端dカードで全額支払う必要がある
  • 適用できるのは年に1回のみ

などのデメリットも。

その点、有料のケータイ補償であれば全損以外の破損にも対応できるし、契約を解除しない限りはずっと補償が続きます。

万が一に備えてより広い範囲をカバーするには、やはりdカードケータイ補償と有料のケータイ補償の併用がベストとなります。

 

まとめ

dカードケータイ補償は、dカード・dカードGOLDに無料で付帯するサービス。

無料で全損や紛失・盗難時に手厚い補償を受けられるのは、とてもありがたいことですね。

特にdカードGOLDの場合、10万円近くする端末でも持ち出し0円でかつ新品で戻ってくる場合があるというとてもお得なサービスとなっています。

特にdカードGOLDのユーザーなら、強烈な10%ポイントに加えて、補償サービスを受けられるため、年会費以上の価値がある上にゴールドカードを持つこともできるので、ステータス活用にもばっちりですよ。

公式サイトを見てみる⇒dカード

dカードGOLD公式サイトを見てみる⇒dカード GOLD

 

dカード、dカードGOLDはゲリラ的にキャンペーンを実施することがあります。申し込みを検討している人はキャンペーンページもチェックしておきましょう。

参考 【一番を探せ!】dカード/dカードGOLDのキャンペーン・キャッシュバックを比較解説