ドコモをdカードを払ってはいけない理由 ⇒

dカード・dカードGOLDの申し込み・審査の注意点まとめ

いざdカードに申し込みをしようと思っても、何を用意すればいいのか、自分にも申し込みは可能なのか?と不安になってしまうこともありますよね。

そこで、ここではdカードの入会申し込みに関して、入会対象者や必要な書類等について詳しくまとめてみました。

これから申し込みをしようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

dカードに入会できる対象者は?

dカードに入会するには、どんな条件があるの?

基本的な条件は、他のクレジットカードとほぼ同じ!高校生を除いた18歳以上の人であれば、申し込みできるよ。

dカードに入会を申し込める対象者についての条件は、以下のようになっています。

  • 個人名義であること(法人名義ではお申込みできません)
  • 満18歳以上であること(高校生を除く。未成年者は親権者の同意が必要。)
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと

 

条件としては、他のクレジットカードとほぼ同じですね。

dカードがまだDCMXだった時代には、上記の条件に加えて「iモードまたはspモードを契約している電話番号を届け出る」という条件がありましたが、現在この項目は撤廃されています。

これにより、ドコモユーザー以外でもdカードを持つことができるようになったというわけですね。

 

専業主婦やフリーターでも申込みは可能

dカードは専業主婦やフリーターなどの、収入が無いor不安定な人でも申し込みできるの?

公式な入会条件は「満18歳以上(高校生を除く)」だから、それ以外なら専業主婦でもフリーターでも申し込みは可能だよ。

dカードの入会条件には収入に関する縛りはありません。

なので、基本的には専業主婦でもフリーターでも、高校生以外の18歳以上の人であれば申し込みは可能です。

dカードは審査がそれほど厳しいカードというわけではないので、支払いの遅延や信用情報に問題がなければ、取得できる可能性は高いでしょう。

家族カードでも十分と言えば十分ですが、家族カードはポイントが本カードに集約されてしまうなどのデメリットもありますからね。

dカードは年会費が実質無料ですし、専業主婦でも本会員としてカードを持っておけるのはありがたいです。

ただし、ご主人も無職またはフリーター等で世帯収入が著しく低い場合などは、審査に落ちてしまう可能性もあるので注意。

 

dカードGOLDの場合は?

dカードは専業主婦でも申し込めることがわかったけど、dカードGOLDはさすがに無理?

dカードGOLDの入会条件には、「安定した継続収入があること」という項目があるよ。だけど、申し込み自体は専業主婦でもできるんだ。

dカードではなくdカードGOLDに入会しようとした場合、入会条件も若干変わってきます。

  • 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと

 

年齢が満18歳から20歳に上がるのに加えて、「高校生」ではなく「学生」という表記になっていますね。

20歳以上であっても、大学生などの学生は対象外ということです。そしてやはり重要なのが「安定した継続収入があること」という項目。

これをそのままの意味に捉えるならば、専業主婦やフリーターは申し込みが不可ということになります。

ゴールドカードなので、当たり前と言えば当たり前ですが…。

しかし実際には、インターネットからの申込みフォームを見てみると、職業選択の項目にしっかりと「お勤めでない方・専業主婦の方」「アルバイト・パート・派遣社員・契約社員」という項目があるんです。

審査に通るかどうかは別として、申し込みの段階でハネられることはないということですね。

実際に専業主婦の方でdカードGOLDの審査に通ったという人もいるので、専業主婦だから絶対に無理というわけではないようです。

 

まずはdアカウントの作成から

dカードを申し込むには、まず何をすればいいの?

まずはdアカウントの作成をしよう!ドコモユーザーの人でも、dアカウントを持っていない場合はdアカウントを作ってから申し込みという流れになるよ。

dカードの申し込みには、dアカウントが必要です。

dアカウントより引用)

 

ドコモユーザーであれば、すでにdアカウントを持っているという人がほとんどでしょうが…。

まだ持っていないという人や、ドコモユーザー以外の人であれば、まずはdアカウントの作成から行いましょう。

dアカウントの作成はすぐにできるので、ほとんど手間はかかりません。詳しくはこちらのページで紹介しています。

参考 dアカウントについて

公式 dアカウント公式

 

dカードの申し込みに必要な書類は?

dカードを申し込むためには、何か必要な書類があるの?

必要な書類は通帳やキャッシュカードなどの口座情報が確認できるものと、本人確認書類の2つ。

さらに勤務先情報を予めまとめておけば、申請がスムーズだよ。

dカードの申し込みに必要なものは、以下の3つ。

  • 支払いに指定される口座情報を確認できるもの(キャッシュカードや通帳)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 勤務先情報(勤務先社名・住所・電話番号など)

 

口座設定を行うためのキャッシュカードや通帳、そして本人確認書類は皆さん忘れずに準備するかと思いますが、忘れがちなのが勤務先情報。

勤務先情報も申請には必須なので、申請までに確認してメモにまとめておきましょう。

勤務先情報に誤りや怪しい点があれば、会社に在籍確認の電話がかかってくることもあるので、正確な情報を把握しておいてくださいね。

 

本人確認書類にはどんなものがある?

本人確認書類と言えば運転免許証やパスポートが定番だけど、他にはどんなものがあるの?

健康保険証や住民票の写しでもOKだよ。だけど手続きが一番スムーズに進むのは、運転免許証だね。

本人確認書類には、以下のようなものがあります。

  • 運転免許証(運転経歴証明証)
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 住民票の写し

 

基本的に上記の本人確認書類であればどれでも大丈夫ですし、どれを選んでも審査には何も影響ありません(運転免許証のほうが審査に通りやすい、などということはありません)。

しかし、やはり最もスムーズに入会申込みができるのは運転免許証。

オンラインでの申し込みの場合、運転免許証を本人確認書類とするなら、運転免許証番号の入力のみでOKなのです。

その他の本人確認書類の場合は、申込み後に本人確認書類の写しを送付しなければならず、少々手間がかかってしまいます。

もし運転免許証を持っていないけれど早めにカードが手元に欲しい…という場合は、ドコモショップで申込みをしましょう。

その場で本人確認をしてもらうことで、書類の写しを送付する時間と手間が省略できますよ。

 

郵送で口座設定の場合も本人確認書類が必要!

オンラインの申込時に口座の設定を行うのと、郵送で手続きするのとどっちがいいの?

郵送で口座設定をする場合、本人確認書類の提出が必要になるから、できるならインターネットからの口座設定を利用しよう!

オンラインでdカードの申し込みをする場合、支払口座の設定は「今すぐインターネットで設定」と「郵送で口座振替依頼書を送付」の2つの方法を選ぶことができます。

郵送の場合は口座振替依頼書の記入と本人確認書類の提出が必要。

せっかく運転免許証番号で本人確認書類の提出の手間を省いても、口座設定を郵送にする場合は、結局本人確認書類のコピーを提出しなければならないのです…。

インターネットで口座設定ができる金融機関をよく確認し、対応しているならインターネットから設定してしまいましょう

インターネットで口座設定が可能な金融機関の一覧はこちら

 

キャッシングを利用する場合に別途必要な書類

キャッシングを希望するなら、他にも何か書類が必要なの?

本人の年収を証明できる書類が必要だよ。例えば、源泉徴収票や給与の支払明細書だね。

キャッシング枠を設定する場合には、年収を証明する書類の提出が必要となる場合があります

年収を証明する書類とは、

  • 源泉徴収票(企業名・氏名・支払年月・支払額が確認できるもの)
  • 給与の支払い明細書(直近2ヶ月分、企業名・氏名・支払年月・支払額が確認できるもの)
  • 確定申告書(税務署の受領印のあるもの)
  • 納税通知書(年収もしくは所得金額記載のあるもの)
  • 年金証書(年金額の記載のあるもの)
  • 年金通知書(年金額の記載のあるもの)
  • 所得証明書(年収もしくは所得金額の記載があるもの)
  • 支払調書

 

などです。

上記の書類、いずれか1点のコピーを手元に用意しておきましょう。

ちなみに、dカードは満18歳以上から利用できますが、キャッシング枠の設定は満20歳以上からしか利用できません。

 

キャッシングで年収確認書類が必要なケースとは?

キャッシング枠を設定する場合、必ず収入証明書類が必要なの?

申込み時には、特に書類を提出する必要はないんだよ。だけど一定の条件に引っかかった場合は、受付後に収入証明書類の提出を求められることがあるんだ。

キャッシング枠の設定で、収入証明書類の提出を求められるケースは以下の通り。

  • 設定の希望額が50万円超の場合
  • 他カードでの借入残高と希望額の合計が100万円超の場合
  • 個人事業者の場合

 

このうち、個人事業主の場合は、キャッシングの希望額にかかわらず書類の提出が必要となります。

提出書類の種類も他のケースとは若干異なり、「確定申告書B第1表および青色申告決算書」「確定申告書B第1表および収支内訳書」の2点(コピー)を用意しなければなりません。

税務署の「受領印(受付印)」をもらい忘れていると証明には使えないので、もしキャッシング枠の利用を考えている場合には、忘れずに受領印をもらっておきましょう。

 

申し込み前に内容を決めておこう

dカードの発行をスムーズにするためには、どんなことに気をつければいい?

必要書類を揃えておくことはもちろんだけど、付帯カードの有無や暗証番号など、予め決めておくと手続きがスムーズだよ。

dカードの申し込み時に必要な内容は、先にある程度決めておくとスムーズです。

例えば、

  • 暗証番号
  • カードブランド
  • ETCカードや家族カードの有無
  • 支払い口座について
  • キャッシングについて

 

これらのことを決めてから手続きに入ることで、申し込み手続きも数分で終えることができますよ。

 

dカード申し込みについてのまとめ

dカード公式サイトでは、審査完了まで最短5分、カードが手元に届くまで最短5日となっています。

しかしこれらはあくまでも目安なので、よっぽどスムーズに事が進まない限りは、もっと時間がかかるでしょう。

少しでもスムーズに手続き・発行を進めるためには、必要書類や手続きの方法などを、予めしっかり把握しておいてくださいね。

dカード公式を見てみる⇒dカード

dカードGOLDを見てみる⇒dカード GOLD

タイトルとURLをコピーしました