ドコモをdカードを払ってはいけない理由 ⇒

【どっちがお得】dカードとリクルートカードを比較・解説

クレジットカードの中では、還元率が高いことで知られる有名なdカードとリクルートカード。特に、リクルートカードは年会費無料ながら1.2%もポイントが貯まるカードであり、私も保有しています。

クレジットカードは人によってベストの選択肢が違います。そこで、今回はdカードとリクルートカードの2つについて、どんな人がおすすめか、比較とともにまとめていきます。

ポイントの還元率の違い

通常のクレジットカード支払いにおける還元率は、以下のようになっています。

リクルートカード1.2%
dカード1.0%

 

後ほど詳しく紹介しますが、特約店などでの買い物が無い限りは、リクルートカードの方が還元率が高くなっているため、お得です。0.2%の差は小さく見えますが、意外と大きいです。

 

年間クレジットの支払いが100万なら2000円も差がつきます。100万というと莫大な金額ですが、月に8万円強ですから、電気代、食費などを支払っていれば独身でも意外と多いのではないかと思います。

ポイントの還元率は「リクルートカード」の方が良い

 

ポイントの利用先はリクルートカードが優秀

一番押さえておかなければならないポイントは、いくらポイントを貯めたとしても、使い先がなければ意味がないこと。リクルートカードとdカードのポイントの使い道は以下の通りです。

リクルートカードじゃらん
じゃらんゴルフ
HOTPEPPER
HOTPEPPER BEAUTY
ポンパレモール
赤すぐ
マクレル
dカードdocomo支払い
docomo関連サービス
(dトラベル、dファッションなど)

 

リクルートカードの場合は、リクルートグループでのサービスで使う事ができます。例えば、「じゃらん」、HOTPEPPR、HOTPEPPER BEAUTY、勉強のサービスで言えば、「スタディサプリ」なんかも使えますね。

下記は公式のサイトであり、こちらが参考になります。

公式 リクルートポイントサイト

 

一方で、dカードはポイントの使い道が弱い印象。docomoの関連サービスを使っている場合には魅力がありますが、そうでなければイマイチ使い勝手がありません。

ただし、現在docomoのスマホを持っている場合だけは別で、docomoのスマホ料金をまるまる充てる事ができるので、大きな節約につながります。

リクルートカードの方がポイントの使い道がある

 

Apple Payの利用はdカードの方が良い

リクルートカードもdカードもどちらも、Apple Pay(アップルぺイ)に対応しています。しかし、それぞれの電子マネーは異なります。

リクルートカードQuicPay(クイックペイ)
dカードiD(アイディー)

 

ApplePayを使っていると、意外と重要で、私の使っている感覚から言えば、iDが使えるところは多く、QuicPayは意外と使えないところが多い印象です。

例えば、マクドナルドでdカード プリペイドカードを使う記事で書きましたが、QuicPayが使えません。

他にも、交通系電子マネーとiDが使えるのに、QuicPayが使えないという状況に何度か遭遇してきました。

そういった点から考えると、どちらかのクレジットカードを持つなら、iDを搭載しているdカードが便利です。

 

dカードは特約店がアツイ!

dカードがリクルートカードを圧倒している特徴の1つは、「特約店」の存在です。特にメリットの大きい特約店は以下の3つです。

ローソン実質5%OFF
マクドナルド実質5%OFF
高島屋3%ポイント

 

ローソン、マクドナルドを使う人は多いのではないでしょうか?正直、私も利用することが多いです(特にローソン)。

 

コンビニは普通、定価そのままなので、こういった割引がある(しかもかなり大きい)のは、常連で利用する人にとってはメリットが大きいと感じます。

また、ローソンにせよ、マクドナルドにせよ、どちらも電子マネーの「iD」が使える店舗(もちろんApple PayもOK)になりますから、サッと支払いができるため、とても便利ですね。

ローソン、マクドナルドの利用頻度が高い人はdカード

 

dカードの「dカードケータイ補償」はメリット大

dカード、リクルートカード、どちらもとても良いカードなんですが、もしあなたがdocomoユーザーなら、間違いなくdカードを選ぶことをおすすめします。

dカードには、docomoケータイの補償サービスがあります。この「dカードケータイ補償」は、持っている携帯電話の端末が紛失、破損した場合、新しく購入する頭金を1万円分補償してくれるサービスになっています。

しかもこのサービスは、カードを持っているだけで適用され、オプション料金等いっさいかかりません。

 

dカードGOLDの場合は、補償額がもっと大きい

GOLDカードという事で、年会費が10,800円かかることで敬遠されがちなdカードGOLDですが、実はこのケータイ補償の金額が「購入してから3年間の紛失、破損に対して、頭金10万円を補償」となっています。

この対象は、カードの名義人だけなく家族会員でもOKです(dカードレギュラーの場合も家族会員でも使える)。

スマホの値段は高いですが、10万円あればそれほど持ち出しするお金もなく、買い換えられるのではないでしょうか。正直年会費を払ってでも十分お得なポイントです。

docomoユーザーならクレジットカードを使わなくても、dカードを申し込んでケータイ補償を受けられるようにしておくべき

 

キャンペーンの比較について

リクルートカード、dカードともに新規会員募集としてキャンペーンを、ほぼ常に行っています。公式サイトで比較してみることをおすすめします。

公式:リクルートカード

公式:dカード

 

dカードとリクルートカードの比較まとめ

今回はdカードと、リクルートカードの比較を行いました。どちらも良いカードなので甲乙つけがたいですが、大きく分けると以下の通りです。

おすすめのタイプ選ぶべきカード
docomoユーザーdカード
ローソン、マクドナルドの利用率が高いdカード
それ以外リクルートカード(汎用性高いため)

 

クレジットカード選びは、人それぞれのタイプで最適な答えが違います。自分に合ったカードを選ぶようにしてくださいね。

リクルートカードを見てみる⇒リクルートカード

dカードを見てみる⇒dカード

タイトルとURLをコピーしました