【一番お得な使い方は併用】dカードと楽天カードのメリット・デメリットを比較

共通ポイントが貯まるカードとしてよく名前の上がる「dカード」と「楽天カード」。

まずはdカードがこちら。

 

こちらが楽天カード。

 

一体どちらのほうがお得なのか、どちらのカードを持っておくのがいいのか、頭を悩ませる人も多いでしょう。

そこで、ここではdカードと楽天カードを様々な視点から比較し、それぞれどのような人に向いているのかを考察していきましょう。

また、内容によってはdカードGOLDの方がお得なケースもあるので、ゴールドカードとの比較も盛り込んでいきます。

年会費を比較するとお得なのはどっち?

dカードも楽天カードも実質年会費無料のカードだから、その点で優劣はつけられないかしら?

どちらかが圧倒的にお得とも損とも言えないけれど、付帯カードの内容には違いがあるよ。

dカードと楽天カード、それぞれの年会費は以下のようになっています。

dカード(レギュラー)楽天カード
入会費・年会費初年度無料2年目以降1250円(税抜)
※年1回以上の利用で無料
永年無料
家族カード初年度無料2年目以降400円(税抜)
※年1回以上の利用で無料
永年無料
枚数2枚5枚
ETCカード初年度無料2年目以降500円(税抜)
※年1回以上の利用で無料
540円(税込)
※楽天会員ランクがダイヤモンドもしくはプラチナの場合は無料

 

楽天カードは家族カードも完全に永年無料で使えるのが強み。

ただしdカードも年1回の利用さえあれば2年目以降も無料で使えるので、実質年会費無料のカードとして使えます。

年会費だけではどちらかが大きく得というわけでもないので、判断基準はほかのポイントで。

 

ETCカードを完全無料で使うならdカードGOLD

dカードGOLDだと、ETCカードの年会費はどうなるの?

dカードGOLDを持っている場合、ETCカードの年会費は2年目以降も完全に無料になるんだよ。

上で紹介したように、dカードも楽天カードも、条件によってはETCカードの年会費が発生してしまいます。

クレジットカードとは違い、ETCカードは年に1回も使わないということも珍しくありません。

「だとすると楽天ETCカード…いやいや、ランクが下がったら年会費が必要だし…」とお悩みのあなた。

もし持っているのがdカードGOLDなら、そんな悩みはおさらばです!

dカードGOLDの場合、ETCカードの年会費は利用の有無に関わらず完全無料。

dカードGOLD自体の年会費は必要ですが、もしETCカードの作成を考えているなら、dカードGOLDも候補の一つとして検討してみてはどうでしょう。

dカードGOLD
入会費・年会費10,000円(税抜)
家族カード1枚目無料
2枚目以降は1枚につき1000円(税抜)
枚数3枚
ETCカード永年無料

 

基本のクレジットポイントの還元率

どちらも1%還元のカードということは、どちらを選んでも同じってことかしら?

一見同じように見えるけど、じつはある理由から楽天カードのほうが若干お得になるんだよ。

dカードも楽天カードも、基本のクレジットポイントは100円(税込)につき1ポイントで、還元率は1%。

一般的な0.5%還元のカードに比べてお得なのは言わずもがなですが、税込でポイントが付与されるのも嬉しいポイントですね!

消費税が上がってからは、特にそう思います…。

さて、それではdカードと楽天カードのどちらを選んでも全く同じなのかというと、じつは一つだけ違う点があるのです。

それは、dカードが「毎回の利用ごとにポイントを付与」なのに対し、楽天カードは「毎月の利用合計額に対してポイントを付与」という点。

 

毎回の利用ごとにポイントを付与される場合は、必然的に切り捨てられる金額が増えてしまうということなので、ちょっぴり損ですよね。

参考 dカードの特徴まとめ

 

その点、毎月の利用合計額に対しての付与の場合、切り捨てられるのは最大でも月に99円分ということなので、楽天カードのほうが若干お得というわけなんです。

 

特約店や特典による還元率はどう違う?

基本の還元率はほぼ同じだけど、さらにお得になるサービスやシーンはそれぞれどんなケース?

dカードはドコモ関連のサービスやローソンなどの特約店、楽天カードはやはり楽天市場や楽天関連のサービスの利用がお得だよ。

dカードと楽天カードでは、特約店や優遇サービスが異なります。

ここでは、dカードと楽天カードそれぞれの優遇サービスなどについて見てみましょう。

dカードやdカードGOLDはドコモ関連サービスや、ローソンなどの特約店での利用がとてもお得になっています。

特に、dカードGOLDのドコモ料金の10%還元特典などは、ドコモユーザーにとっては他に類を見ないお得すぎるサービスですね。

それに対して楽天カードは、やはり楽天関連サービスに対して強みがあります。

しかも楽天では日々数多くのキャンペーンが実施されているので、それらと組み合わせることで10倍、20倍ものポイント還元率も実現可能。

こうして見るとどちらも甲乙つけがたいお得さがあるので、

  • ローソンなどdカード特約店をよく利用する人はdカード
  • ドコモユーザーはdカードGOLD
  • 楽天関連サービスをよく利用する人は楽天カード

というふうに、どんなサービスにウェイトを置いているかによってカードを選ぶのが良いでしょう。

 

電子マネーとの相性比較

電子マネーをよく使うなら、どっちのカードのほうが便利?

楽天Edyなら、やっぱり楽天カードのほうが圧倒的に便利だよ。だけど、他の電子マネーに関しては、ほぼ互角といったところかな。

dカードも楽天カードも、メジャーな電子マネーのチャージにはほぼ対応しています。

ただしdカードでポイントがもらえるのは、iDを利用した時のみ。

しかもiDはポストペイ(後払い)式の電子マネーなので、ポイントの二重取りはできません。

それに対して楽天カードは、やはり自社が提供している楽天Edyのチャージに関してはお得に利用できるようになっていますね。

チャージ時に0.5%のポイントが付与されるうえに、楽天Edy利用時にもポイントが付与されるので、二重取りが可能。

楽天Edyをよく利用する人ならば、楽天カードのほうが圧倒的にお得となります。

dカードポイント楽天カードポイント
楽天Edy×○(0.5%)
nanaco××
Suica××××
モバイルSuica××
SMART ICOCA××
WAON××
iD※クレジットポイントとして××

 

旅行保険の比較

海外旅行に行くなら保険があると安心だけど、年会費無料のカードで保険がついているものはあるのかしら?

楽天カードは年会費無料でありながら、海外旅行保険が付帯しているカード!年会費有料のdカードGOLDの保険内容とも比較してみよう。

年会費無料のクレジットカードで旅行保険がついているカードは限られています。

dカードも実質年会費無料のカードということで、国内旅行保険も海外旅行保険も付帯していません。

それに対し、楽天カードは年会費無料のカードでありながら、海外旅行保険が付帯しています。

dカードdカードGOLD楽天カード
国内旅行保険最大5000万円
国内航空便遅延費用特約ケースにより1万円~2万円
海外旅行保険最大1億円最大2000万円
海外航空便遅延費用特約ケースにより1万円~2万円

 

また、dカードGOLDはゴールドカードなだけあって、国内・海外旅行保険ともに充実した内容となっていますね。

しかし、楽天カードの方も、年会費無料のカードとしては十分手厚い内容となっています。

 

ただし楽天カードの保険は条件がシビア

年会費が無料だし、楽天カードの海外旅行保険でも十分かしら?

内容としては十分だと感じる人も多いだろうけれど、やはり楽天カードの保険は適用の範囲が狭く、条件がシビアだというデメリットがあるんだ。

dカードGOLDの保険と楽天カードの保険で異なる点は、補償内容以外にもあります。

例えば、dカードGOLDは持っていれば、保険が適用される「自動付帯」なのに対し、楽天カードは旅行代金の一部等を楽天カードで決済しなければ適用されない「利用付帯」。

また、dカードGOLDは本会員・家族会員以外にも「生計を同一にする配偶者」「19歳未満の同居親族」など、保険が適用される範囲が広いのが特徴です。

参考 dカード/dカードGOLDの付帯保険(海外旅行保険・買い物保険)

 

これなら、カードを持っていない子供と家族3人旅行でも安心。それに対して楽天カードの保険が適用されるのは、本会員と家族会員のみ。

しかも夫婦二人とも本会員となっていて、二人分の旅行費用を片方のカードでまとめて支払った…という場合には、妻には保険が適用されないという落とし穴も。

海外旅行前には、しっかりと保険内容を確認しておくことが大切です。

 

dカードGOLDと楽天カードを併用すべし

dカードにも楽天カードにも魅力があって、やっぱりどちらかに決めるのは難しい!

私がおすすめするのは、dカードGOLDと楽天カードの併用だよ。どちらも持っておくことで、無駄なく便利に利用できるんだ。

dカードと楽天カードにはそれぞれ違いがあることはわかりましたが、やはり迷ってしまう…という場合には、dカードと楽天カードの併用をおすすめします。

特にドコモユーザーであるならば、dカードGOLDと楽天カードの相性が抜群。その理由としては、以下の3つが挙げられます。

 

ドコモ料金の支払いを楽天カードにすることで、ポイントの二重取りが可能

dカードGOLDの「ドコモ料金の10%還元特典」はdカードGOLD以外の支払い方法でも問題なくもらえます。

よって、ドコモやドコモ光の支払いを楽天カードで行うことで、dポイントと楽天ポイントの二重取りが可能となるのです。

 

海外旅行保険の補償内容がアップする

海外旅行保険の死亡・後遺障害以外の保険金は、複数のクレジットカードに付帯している保険金を合算した金額が上限となります。

dカードGOLDの海外旅行保険は自動付帯なので、楽天カードで旅行代金を支払っていれば、万が一の時dカードGOLDと楽天カードの両方から保険金が支払われるので安心ですね。

 

ApplePayでiD決済とQUICPay決済どちらも使える

⇒ApplePayでの決済方法はiD決済とQUICPay決済の2択であり、どちらになるかは登録するクレジットカードによって決められています。

dカード(dカードGOLD)はiD、楽天カードはQUICPayなので、それぞれに対応している店舗に応じて使い分けることができるのです。

 

dカードと楽天カードの比較まとめ

dカードと楽天カードの違いを様々な視点から紹介していきましたが、いかがでしたか?

最後に、それぞれどんな人におすすめのカードなのかということをまとめてみます。

◆dカードに向いている人

  • ローソンなどの特約店をよく利用する人

⇒その中でもdカードGOLDに向いている人

  • ドコモユーザー
  • 手厚い付帯保険がほしい人
  • 完全無料のETCカードがほしい人

◇楽天カードに向いている人

  • 楽天関連サービスをよく利用する人
  • 楽天Edyを利用する人
  • 完全に年会費無料のカードがほしい人
  • 無料で海外旅行保険の付帯するカードがほしい人

それぞれ自分にあったカードを選ぶようにしましょう。

公式 dカード

公式 dカード GOLD

公式 楽天カード

 

dカード・楽天カードの基本スペック

dカードと楽天カードの基本スペックの一覧です。

dカード楽天カード
入会費・年会費初年度無料(年度の利用がない場合、2年目以降1250円)永年無料
国際ブランドVISA・MasterVISA・Master・JCB
ポイントの種類dポイント楽天ポイント
基本の還元率100円につき1ポイント(1%)100円につき1ポイント(1%)
電子マネーiD楽天Edy
ポイント有効期限獲得した月から48ヶ月獲得した月から1年間
※期間内にさらにポイントの獲得があれば、期限延長
タイトルとURLをコピーしました