ドコモをdカードを払ってはいけない理由 ⇒

【毎日をお得に】ローソンでdポイントを貯める最適なドコモ系カードを徹底解説

今までローソンと言えばPontaカードで貯まる「Pontaポイント」でしたが、近年ではdカードで「dポイント」も貯まるようになりました。

しかし「dカード」には、「dカードmini」「dカードプリペイド」「dポイントカード」「dカード(クレジット)・dカードGOLD」などいくつかの種類がありますよね。

それぞれ、ローソンでのdポイントの貯まり方に違いはあるのでしょうか?

ここでは、どのカードを選べば最もお得なのかということについて、詳しく紹介していきます。

それぞれのドコモ系カードの違いとは?

dカードは種類がいろいろあるから、どれがどんな機能のカードなのか、よくわからないわ。

それじゃあまずは、それぞれのカードにどんな機能があるのか、その違いについて見てみよう。

dカードには、「dカードmini」「dカードプリペイド」「dポイントカード」「dカード・dカードGOLD」の4つの種類があります。

どのカードだとポイントが貯まりやすいのか?という疑問の前に、まずは各カードについて知っておきましょう!

それぞれに機能や使い方が異なります。

  • 各dカードの概要
dカードminiチャージ不要で、電子マネー「iD」が使える。(おサイフケータイでの利用になるので、カードとしての実体は無い。ポイントカードとしても使えない。)
dカードプリペイドプリペイド式で、チャージした金額分だけを精算時に使用できるカード。クレジット機能は無いが、チャージ分は電子マネー「iD」としても使える。
参考 dカードプリペイドについて
dポイントカードdポイントを貯めたり、使ったりできるカード。クレジット機能や電子マネー機能は無し。
dカードdカード GOLDクレジット機能のついたカード。iDの利用、ポイントカードとしての利用も可能。

 

各カードの大まかな特徴はこのようになっています。

更に詳しくは、次のページを参考にしてください。

参考 【使いこなす!】dカード/dカードGOLDでお得になる特約店舗・割引サービスまとめ

 

ローソンでのdポイントの貯まり方の違い

ローソンはdカードの特約店で、ポイントが貯まりやすいのよね!どのカードでも、同じだけポイントが貯まるのかしら?

じつは、カードによってもらえるポイント数は異なるんだよ。どのカードでどのくらいのポイントが貯まるか、把握しておいたほうが便利に使えるね。

ローソンはdカードの特約店になっているので、じつはPontaカードよりもポイントが貯まりやすくなっています。

まずは、ローソンでdカードを利用するともらえる特典について見ていきましょう。

特典の内容は以下の3つ。

特典①カード決済で3%オフ

特典②カード決済で1%(もしくは0.5%)還元

特典③ポイントカードの提示で1%還元

合わせて最大5%のお得になる、というわけですね。

そこで疑問となるのが、「どのdカードでも同じように特典がもらえるのか?」ということです。

それでは次に、各種dカードで、ポイントの貯まり方に違いがあるのか比較していきましょう。

 

dポイントカードの場合

dポイントカードには、決済機能はついておらず、ポイントを貯める・使うのどちらかしか利用することはできません。

というわけで、特典①②の「カード決済で」という条件には当てはまりませんよね。

ローソンでdポイントカードを使うと付与されるのは、特典③の1%分だけ、ということになります。

 

dカードminiの場合

dカードminiは決済が可能なので、特典①②の条件を満たしています。

しかし特典②については、dカードminiの場合は200円に付き1ポイント、つまり0.5%の還元。

また、dカードminiはポイントカードとして使うことができないので、特典③をもらうためには、別でdポイントカードを提示しなくてはなりません。

もしもdポイントカードを持っていない場合は、「3%割引+0.5%還元」で、合わせて3.5%の還元率、ポイントカードを提示すれば4.5%の還元率となります(3%の割引分は、決済時ではなくカード請求時に割引が行われます)。

 

dカードプリペイドの場合

dカードプリペイドの場合も、特典①②の条件を満たしていますが、特典②については0.5%還元となります。

しかしdカードminiと異なるのは、dカードプリペイドがポイントカードとしての機能も持っているという点ですね。

当然、特典③の条件にも当てはまっているので、合計は「3%割引+0.5%還元+1%還元」の4.5%還元です(dカードプリペイドの場合、3%の割引分は決済時に引かれるのではなく、利用の翌月中旬にチャージされる形となります)。

 

dカード・dカードGOLDの場合

dカード・dカードGOLDの場合、特典①②③のすべての条件を満たしています。

特典②についても1%のポイントが還元されるので、「3%割引+1%還元+1%還元」で、合計5%もお得になるというわけですね!

 

ここまでの情報を表にまとめてみると、こうなります。

特典①特典②特典③合計
dポイントカード1%1%
dカードmini3%0.5%(1%)3.5%(4.5%)
dカードプリペイド3%0.5%1%4.5%
dカードdカードGOLD3%1%1%5%

 

ローソンでの支払いは、最大で5%の還元となる「dカード・dカードGOLD」が一番お得という結果になりました。

やはりクレジットポイントで1%つくというのが、大きいですね。

もしもこの中でどのカードを使おうか悩んでいるのなら、迷わず「dカード・dカードGOLD」を使いましょう。

 

ApplePay(アップルペイ)での支払いでもポイントは変わらない

dカード・dカードGOLDやdカードプリペイドはApplePayでも使えるみたいね。実際にカードを提示して決済するのと何か違いはあるのかしら?

支払いの手順や手間の違いは多少あるけれど、特典ポイントについてはApplePayでの支払いでも変わりなくもらえるよ。

dカード・dカードGOLDとdカードプリペイドは、ApplePayに設定して支払いに利用することができます。

気になるのは、「ApplePayで支払っても、特典の対象となるのか?」という点ですよね。

その点に関しては、公式サイトでもはっきりと「特典の対象となる」と明示されているので、安心して利用してください(dカード・ApplePayに関するQ&Aのページ)。

ただし、「ポイントカードの提示」でもらえるポイントについては、カードの提示やdカードアプリでカードバーコードの提示が別途必要となります。

もし提示を忘れるとポイントをもらい損ねてしまうので、忘れないようにしてくださいね!

 

ApplePayとカード払い、どちらを利用すべき?

同じように特典がつくのなら、どちらを利用しても同じということかしら?

特典だけみれば、どちらを利用しても同じだね。後は、カードの出し入れやポイントカードを提示する手間などを天秤にかけて、使い勝手が良いほうを選んだらいいよ。

ApplePayを利用しても、カード払いをしても、どちらも特典面では差がありません。

もしどちらを選ぶか悩んだときには、使い勝手を考慮して決めるといいでしょう。

◆ApplePayのメリット

  • わざわざカードを出さなくても、スマホをかざすだけで決済終了。
  • dカードアプリを使えば、同じくスマホでポイントカードの提示もできる。

◆ApplePayのデメリット

  • dカードアプリでバーコード画面を出すよりも、カードを直接出すほうが早い場合もある。
  • ポイントカードの提示を忘れると、提示ポイントをもらい損ねる。

 

◇カード払いのメリット

  • スマホを出すよりも、カードを出すほうがスムーズな場合もある。
  • 提示ポイントをもらい損ねることがない。

◇カード払いのデメリット

  • カードを持ち歩くと嵩張る。
  • カードの出し入れが面倒。

 

どちらの決済方法がスムーズなのかは、人それぞれです。

上記のメリット・デメリットも参考にしつつ、自分に合った決済方法を選んでくださいね。

 

ローソンでのd払いでポイントは?

2018年9月からは、ローソンでd払いもできるようになったみたいね!その場合、ポイントはどうなるのかしら?

基本的にはd払い決済でもらえるポイントは200円につき1ポイント。特典の対象外なので気をつけよう!

d払いとは、アプリで表示されたバーコードを読み取ることで、キャッシュレスに決済ができる機能です。

請求はドコモ携帯料金と合算、もしくはクレジットカードからの引き落とし。

d払いの利用にdカード・dカードGOLDを登録した場合、ローソンでは5%の特典がつくのか?という疑問が頭に浮かんだ人も多いでしょう。

しかし残念ながら、d払いではローソンでの5%特約は適用されません。

ローソンでd払いを利用した場合、もらえるポイントは「d払い決済0.5%+クレジットポイント1%」で、合わせて1.5%となります。

さらにdカードやdポイントカード(アプリのバーコードでも可)を提示した場合には、提示ポイントの1%がプラスで、合計では2.5%の還元(当然ですが、d払いの支払い方法が「携帯料金と合算請求」となっている場合は、クレジットポイントはつきませんよ)。

dカード・dカードGOLDを持っているなら、わざわざd払いにしなくても、普通にカードで支払うほうがお得だということですね。(※ローソン以外の特約店では、d払いでも特約店ポイントが上乗せされるケースもあります)・

 

キャンペーン中はd払いのほうがお得!?

d払いをしたほうがお得になるキャンペーンってどんなものがあるの?

ローソンでd払いをするとアイスカフェラテが無料でもらえたり、ポイントが数倍になったりするキャンペーンがあるよ。

通常ならば、ローソンではd払いをするよりも、dカード・dカードGOLDを利用して支払うほうがお得です。

しかし、キャンペーン中であれば話は別!

現在、ドコモはd払いのキャンペーンに力を入れており、続々とお得なキャンペーンを打ち出しています。

例えばローソンでは、以下のようなキャンペーンがあります。

  • 【先着20万名】ローソンのアイスカフェラテ無料プレゼント(2018年8月11日~10月10日)
  • d払いアプリの利用でポイント10倍(2018年9月11日~10月31日)

 

これらのキャンペーンを利用すれば、dカード・dカードGOLDで支払うよりも、d払いのほうが圧倒的にお得になりますね!

随時キャンペーンをチェックして、支払い方法を使い分けるのが一番お得な利用方法です。

 

ローソンでdポイントを貯めるのに最適なカードについてのまとめ

ローソンで買い物をするときには、「dカード・dカードGOLD」を使うのが一番お得という結果になりました。

ローソンをよく利用するなら、dカード(クレジットカード)を持つのがいいでしょう。

dカードGOLDは年会費が必要なのでドコモユーザー向けですが、dカード(レギュラー)なら実質年会費無料なので、ドコモを使っている以外の人にもピッタリですね。

「dポイントカードだけ持っていて、現金で支払っている」というのが一番もったいないので、今一度、ローソンでの決済方法について見直してみてはいかがでしょう。

他のコンビニを使うことが多い人はこちらの記事も参考にしてみてね。

参考 コンビニ別の共通ポイントとdポイントの比較と最適な攻略法

タイトルとURLをコピーしました