ドコモをdカードを払ってはいけない理由 ⇒

【どっちがお得?】dカードとdカードGOLDの特徴と違いをまとめてみました

docomoのクレジットカードには大きく分けて2種類の「dカード」と、「dカードGOLD(ゴールド)」があります。

どちらもお得なカードですが、人によってメリットは違うもの。今回はその二つの違いについてまとめてみました。

2つともdカードという名称でわかりにくいため、通常のdカードは「dカード(レギュラー)」と書かせてもらいます。

dカード(レギュラー)なら、ローソンで3%オフ

dカード(レギュラー)の一番有名なポイント(メリット)は、ローソンで3%オフになることでしょう。テレビでも良く放映されていますよね。

 

下記は、oriconのメイキングムービーですが、冒頭にローソンでポイントが貯まることや、マクドナルドでの割引についても軽く触れています。

 

dカードを使う事で、割引される事は本当に大きなメリットです。人によっては(私もそうですが)、毎日コンビニを使うので、こういった形使える事には大きなメリットがあります。

ファミリーマートであればファミマTカード、セブンイレブンであればnanacoと組み合わせてお得なカードを紹介するのですが、ローソンの利用率が高いのであれば、間違いなくdカード一択です。

ローソンで3%割引される点について、補足ですが、実際には5%分の割引が適用されます。

理由は、dカードを使う事でクレジット引き落とし時にポイントが貯まり、ローソンでのdカードでの利用により1%のポイントが貯まるからです。

ローソンに行くなら、絶対に使わないと損ですね。

 

dカードゴールドでももちろん3%オフ

dカードゴールドを使う場合でももちろん上記の「ローソンでの3%オフ」を適用することが可能です。

ホームページには、記載されていませんが、上位版ということで、問題ありません。

 

dプリペイドカードでの2重取りはできないので注意

一点、注意してほしいことはdポイントのプリペイドカード「dプリペイドカード」に、dカードを経由してチャージしてもポイントが2重取りできない事です。

ここまで2重取りを組み合わせる事ができると、さらにお得なんですが、さすがに無理でした。

 

タカシマヤでも3%貯まる

dカード以外でもポイントが貯まるのが、百貨店の「高島屋(タカシマヤ)」です。高島屋でもdカードの利用で3%のポイントを貯める事が可能です。

ただし、高島屋の利用率が高いのであれば、きちんと考えた方が良いです。そもそも、あまり知られていないのですが、タカシマヤカードって凄くお得なんです。

 

高島屋の利用で8%がベースですし、ApplePayも使えるので、高島屋をメインに使っているユーザーにとっては、とてもメリットの大きいクレジットカードと言えます。

そのためdカードでポイントが貯まるといっても、高島屋の利用率が高ければ、タカシマヤカードの方が無難な場合もあるので、こちらは別の記事でまとめたいと思います。

 

年会費の違い

Dカードのそれぞれの違いとして、ハッキリとした違いとして、年会費があります。当然ゴールドカードである、DカードGOLDの方が高いです。

  • dカード(レギュラー):年会費無料
  • dカードGOLD:年会費10,800円

※dカードは、2年目利用が無ければ1,250円

 

後で書きますが、年会費はかかるものの、dカードGOLDの方がお得度が高いです。

 

docomo、ドコモ光のポイントが10%

dカードGOLDの場合、絶対に押さえておかなくてはならないポイントとして、docomoでの利用料と、固定インターネットサービスのドコモ光の利用料が10%のポイントが貯まることが挙げられます。

このポイントの効果は本当に大きく、例えば家族4人でdocomoの利用料が2万円/月あるとすれば、2000円分のポイントが入ってくるわけです。年間のポイントでdカード(レギュラー)と比較して見ると、下記のような形になります。

月2万円の利用

・dカードGOLD

 

2万4000円のポイント-年会費10800円=1万3200円分のポイント

・dカードレギュラー

2400円分のポイント(年会費無料)

どちらか得かは明らかですよね?

 

docomoユーザーの場合は、最大3年間10万円までの携帯保証

これもあまり知られていないのですが、docomoのスマートフォンを3年間で最大10万円まで故障したとしても保証してくれるサービス「dカードケータイ補償」があります。

dカードの場合は、1年間で最大1万円まで、dカードゴールドの場合は、3年間で10万円分を補償することができます。

あくまでおまけみたいな位置づけの補償なんですが、内容は全くおまけレベルではありません(他だとお金払わないといけないレベルのサービス)。

特にdカードレギュラーでも保険が効くので、クレジットカードを使う使わないにかかわらず、持っておく方がお得です。

 

dカードGOLDの場合は、特典クーポンがある

さらにクレジットカードの利用が多い人の場合は、年間100万円以上使うと、1万円分のクーポン(docomo以外でも使えるもの)、年間200万円使った場合には、2万円分のクーポンがもらえます。

このクーポンは、スマホの機種変更の時にも使えますし、dファッション、dトラベルといったdocomoの通販サービスで使う事も可能です。

公式サイト:dカードGOLDの特典ページ

 

dカード、dカードGOLDともに、還元率自体は1%しかありませんが、100万円分ぴったり使えば、還元率は2%となり、国内のクレジットカードでも最高クラスの還元率になります(もともと2%はリクルートカードプラスがありましたが、今は募集停止しているため)。

使い道の問題はありますが、詳しくはdファッションdトラベルなどを一度見てみるとよいでしょう。

 

200万円以上使う場合は?

おそらく人によっては、クレジットカードを200万円以上使う場合もあるでしょう。

独身であればこの技は使えないのですが、もし夫婦なら、ゴールドカードを2枚発行することで解決します。

私はこう行った場合、家族カードを進めるのですが、dカードGOLDだけは話が別で、200万円以上でもらえるクーポンがないからこそ、それ以上使うのであれば、敢えて2枚発行すること自体がメリットになります。

 

保険関係の違い

stevepb / Pixabay

レギュラーカードの場合は、国内外の保険については適用されませんが、ゴールドカードであれば、適用することができます。

さらに、このカードが素晴らしいと思うのは、dカード GOLDでの支払い条件を満たしている必要がないこと(他のカード決済や現金払いでもOK)。

ほとんどの場合、旅行の付帯保険は、そのクレジットカードで払う必要があることを考えると、それだけでメリットのあるクレカとなっています。

 

国内空港ラウンジの利用が無料

GOLDカードであれば、国内ラウンジの利用が無料になります。

空港の利用が多く、ラウンジを利用できるカードを持っていないなら、このカードで代用してみるのもありかもしれませんね。

 

dカードはローソンを持つなら持つべきカード

dカードレギュラーは、クレジットカードをほとんど使わないが、ローソン、高島屋を利用する人におすすめです。

また、通常の利用でも100円につき1円分のポイントが返ってくるので、メリットも大きいですね。

もしクレジットカードを持ちたくないなら、dカードプリペイドでもOK。MASTERCARD限定になるので、あまりオススメしませんが、ローソン、高島屋での恩恵は受けられます。

dカードプリペイドに関する記事も参考にしてみて下さい。

 

クレジットの利用料が多いならdカードGOLDで

クレジットの利用が多いなら、絶対にdカードゴールドがおすすめです。特にdocomoユーザーであればなおさらですね。

docomoユーザーへの10%ポイント還元、3年間10万円までのケータイ保証。

何より年間100万円、200万円を超えた場合に実質還元率が2%となるメリットが大きすぎます。

還元率2%なら、これまではリクルートカードプラスをおすすめしていたのですが、募集を停止している状況を踏まえると、docomoユーザーでなくても、dカードGOLDのメリットが大きいですね。

 

まとめ

今回は、dカードレギュラーの上位版である、dカードGOLDについて、違いを中心にまとめました。

繰り返しになりますが、dカードは、レギュラー、ゴールドともにとてもメリットの大きいクレジットカード。docomoユーザーなら絶対に使うべきカードですよ。

公式サイトを見てみる⇒dカード

タイトルとURLをコピーしました