ドコモをdカードを払ってはいけない理由 ⇒

【無料で使える範囲を解説】dカード/dカードGOLDの付帯保険(海外旅行保険・買い物保険)

dカードに付帯する保険。どんな内容かきちんと知っている人がどのくらいいるでしょうか?

保険の内容をしっかり理解しておかないと、いざトラブルが起きた時に保険の対象外になってしまった!なんてことにもなりかねません。

そこで、ここではdカードに付帯する保険について、詳しく紹介していきますね。

dカードに無料で使える付帯する保険にはどんなものがある?

dカードには、どんな保険が付帯しているのかしら。

dカード(レギュラー)とdカードGOLDに共通するのは「お買物あんしん保険」だよ。

dカードGOLD限定の保険には、「国内旅行保険」と「海外旅行保険」があるよ。

dカード(レギュラー)・dカードGOLDに共通して付帯する保険には、「お買物あんしん保険」があります。

dカード(レギュラー)に付帯するのは、このお買物あんしん保険のみ。

それに対し、dカードGOLDには、お買物あんしん保険に加えて「国内旅行保険」と「海外旅行保険」が付帯しています。

それぞれどんな補償内容になっているのか、詳しく見ていきましょう。

 

dカード、dカードゴールドの無料で使えるお買物あんしん保険

お買物あんしん保険は、いわゆるショッピング保険のことね。補償内容はどうなっているのかな?

お買物あんしん保険はdカード(レギュラー)にもdカードGOLDにも付帯している保険だけど、それぞれに補償の内容が違うから気をつけようね。

dカード(レギュラー)・dカードGOLD共通の特典として、お買物あんしん保険が付帯しています。

これはいわゆる「ショッピング保険」と呼ばれるもので、dカードを使って購入した品物に損害があった場合、損害を補償してくれる保険です。

補償の概要としては、以下の通り。

補償の対象者dカード(レギュラー)・dカードGOLDを契約中の本会員・家族会員
※ただし補償の対象となる物品の正当な権利の所有者であること
補償内容dカード(レギュラー)・dカードGOLDで購入した商品が、購入日を含め90日以内に盗難・破損などの偶然の事故によって損害を受けた場合、その損害が補償されます。
自己負担額1事故あたり3000円

 

細かい補償内容については、次で詳しく説明していきます。

 

dカード(レギュラー)とdカードGOLDの補償内容の違い

dカード(レギュラー)とdカードGOLDのお買物あんしん保険では、どこか違いがあるの?

大きな違いは「補償の条件」と「補償の金額」の2つだよ。

dカード(レギュラー)とdカードGOLDでは、補償の内容に2つの違いがあります。

1つ目は、補償の条件。

dカード(レギュラー)の場合、「国内での購入品は、リボ払いまたは3回以上の分割払い」という条件があります。

つまり、一括払いや3回未満の分割払いの場合は、補償の条件を満たしていないということになりますね。

これに対してdカードGOLDの場合は、国内での購入品で一括払いや2回以下の分割払いをしていても、補償の対象となるのです。

ちなみに、海外での購入品の場合は、dカード(レギュラー)・dカードGOLDどちらでも、支払い方法問わず補償の対象となります。

 

次に、補償の金額について。dカード(レギュラー)の場合、補償額の上限は年間100万円。

dカードGOLDの場合では、年間300万円が上限となります。

dカード(レギュラー)dカードGOLD
補償の条件・国内での購入品は、リボ払いまたは3回以上の分割払い
・海外での購入品は、すべての支払い方法
・国内海外問わず、すべての支払い方法
補償の金額年間100万円年間300万円

 

dカードGOLDの場合はあまり条件や金額を気にしなくても大丈夫ですが、dカード(レギュラー)の場合は、補償の条件を満たしているかどうかをよく確認しましょう。

 

補償の対象にならないものとは?

お買物あんしん保険では、どんなものでも補償してくれるの?

条件を満たしていても、一部の物品は補償の対象にはならないから気を付けて。

お買物あんしん保険は、dカードを使って購入したものが補償の対象となります。

しかしdカードを使って購入さえすれば、どんなものでも補償の対象となるわけではありません。

一部の物品は始めから補償対象外となっているので、気を付けましょう。

補償の対象とならない物品は、以下の通り。

船舶・自動車・航空機・バイクなどやそれらの付属品
自転車・ハンググライダー・パラグライダー・サーフボード、カヌー、ラジコン模型などやそれらの付属品
義歯・義肢・眼鏡・コンタクトレンズやそれらに類するもの
携帯やスマホなどの携帯式通信機器・電子手帳・電卓・ノートパソコンなど
現金・小切手・手形・有価証券・切手・乗車券などの金券やチケットなど
稿本・図案・帳簿などに準ずるもの
動物及び植物

 

一覧を見ると、補償の対象とならないものの傾向がわかりますね。

元々壊れやすい環境下で使うものや、個人に合わせたオーダーが基本で返品できないもの、替えのきかないものなどは補償の対象外となっています。

また当然ですが、動物や植物などの生き物は補償されません。

 

お買物あんしん保険が適用されないケースに注意!

補償対象の物品で補償の条件を満たしていても、保険が適用されないこともあるの?

偶然の事故ではなく本人の重大な過失による損害だったり、自然に消耗したものについては補償されないんだ。

上で挙げたような補償対象外の物品ではなく、かつ補償の条件も満たしていても、保険が適用されないケースがいくつかあります。

例えば、荷物の置き忘れや物品の誤用など本人の重大な過失による損害の場合や、カビ・サビ・日焼けによる変色など、自然の消耗や性質の変化については補償の対象外。

他にも、水害や地震により生じた損害なども補償されません。

詳しくはdカードお買物あんしん保険の公式ページで確認しましょう。

 

お買物あんしん保険を利用するための注意点

お買物あんしん保険を利用する時に、何か気を付けておくべきことはある?

保険金を請求するには、利用明細やレシート、修理の見積書など、補償の内容に応じて必要な書類があるんだ。

捨てたり失くしたりしないように、しっかりと取っておこう。

お買物あんしん保険を利用して保険金を請求するためには、損害の内容や購入時の明細がわかるものが必要です。

盗難事故の場合に必要なのは、次の2つ。

  • 購入時のdカード利用控え及び明細のわかるレシート
  • 盗難事故証明書(警察へ届け出た際の受理番号も可)

 

特に購入時のレシートなどはすぐに捨ててしまいがちなので、きちんと取っておくようにしましょう。

次に、盗難以外の事故の場合。

  • 購入時のdカード控え及び明細のわかるレシート
  • 修理見積書、領収書(または修理不能証明書)及び写真

 

既に修理をしてしまっている場合は、その時の見積書や領収書を捨てずに持っておいてくださいね。

 

dカードGOLD限定の国内旅行保険

dカードGOLDの国内旅行保険は、どんな内容なの?

「国内旅行傷害保険」と「国内航空便遅延費用特約」がセットになった、とてもありがたい保険なんだよ。

dカードGOLDの限定で付帯している、国内旅行保険。

国内旅行中に起きた事故などによる損害を、補償してくれる保険です。

また、事故による怪我などの損害以外に、国内航空便の遅延による損害に対する補償も特約としてついています。

保険が適用されるためにはいくつかの条件があるので、国内旅行前にチェックしておきましょう。

まずは、国内旅行保険の概要を大まかに紹介します。

補償の対象者dカードGOLDを契約中の本会員・家族会員
補償期間dカードGOLDを契約している期間
保険の対象と条件1.公共交通乗用具(※1)に乗客として搭乗中に被った傷害
(搭乗費用等をdカードGOLDで支払った場合)
2.旅館やホテルなどに宿泊客として滞在中、火災・破裂・爆発によって被った傷害
(dカード加盟店で、ノークーポンシステム(※2)を利用して宿泊施設の予約をした場合、もしくはカード加盟店でノークーポンシステムを利用せずに予約を行い、代金をチェックイン前にdカードGOLDで支払った場合)
3.宿泊を伴う主催旅行(※3)に参加している間に被った傷害
(あらかじめ主催旅行参加費用をdカードGOLDで支払った場合)
4.国内航空便の遅延・欠航や、手荷物配達の遅延・紛失などで負担した宿泊料、食事代などの一定の費用
(あらかじめ航空便の搭乗費用をdカードGOLDで支払った場合)

 

一覧を見ると、補償の対象とならないものの傾向がわかりますね。

元々壊れやすい環境下で使うものや、個人に合わせたオーダーが基本で返品できないもの、替えのきかないものなどは補償の対象外となっています。

また当然ですが、動物や植物などの生き物は補償されません。

 

お買物あんしん保険が適用されないケースに注意!

補償対象の物品で補償の条件を満たしていても、保険が適用されないこともあるの?

偶然の事故ではなく本人の重大な過失による損害だったり、自然に消耗したものについては補償されないんだ。

上で挙げたような補償対象外の物品ではなく、かつ補償の条件も満たしていても、保険が適用されないケースがいくつかあります。

例えば、荷物の置き忘れや物品の誤用など本人の重大な過失による損害の場合や、カビ・サビ・日焼けによる変色など、自然の消耗や性質の変化については補償の対象外。

他にも、水害や地震により生じた損害なども補償されません。くわしくはdカードお買物あんしん保険の公式ページで確認しましょう。

 

お買物あんしん保険を利用するための注意点

お買物あんしん保険を利用する時に、何か気を付けておくべきことはある?

保険金を請求するには、利用明細やレシート、修理の見積書など、補償の内容に応じて必要な書類があるんだ。

捨てたり失くしたりしないように、しっかりと取っておこう。

お買物あんしん保険を利用して保険金を請求するためには、損害の内容や購入時の明細がわかるものが必要です。

盗難事故の場合に必要なのは、次の2つ。

  • 購入時のdカード利用控え及び明細のわかるレシート
  • 盗難事故証明書(警察へ届け出た際の受理番号も可)

 

特に購入時のレシートなどはすぐに捨ててしまいがちなので、きちんと取っておくようにしましょう。

次に、盗難以外の事故の場合。

  • 購入時のdカード控え及び明細のわかるレシート
  • 修理見積書、領収書(または修理不能証明書)及び写真

 

既に修理をしてしまっている場合は、その時の見積書や領収書を捨てずに持っておいてくださいね。

 

dカードGOLD限定の国内旅行保険

dカードGOLDの国内旅行保険は、どんな内容なの?

「国内旅行傷害保険」と「国内航空便遅延費用特約」がセットになった、とてもありがたい保険なんだよ。

dカードGOLDの限定で付帯している、国内旅行保険。国内旅行中に起きた事故などによる損害を、補償してくれる保険です。

また、事故による怪我などの損害以外に、国内航空便の遅延による損害に対する補償も特約としてついています。

保険が適用されるためにはいくつかの条件があるので、国内旅行前にチェックしておきましょう。

まずは、国内旅行保険の概要を大まかに紹介します。

国内旅行保険とは異なり、補償の対象者には本会員・家族会員本人だけではなく、本会員の配偶者等も含まれるのが特徴ですね。

また、dカードGOLDでの支払いをしていなくても補償される「自動付帯」というのは大きなメリット

ただし死亡保障や後遺障害補償については、旅行費用をdカードGOLDで支払っていない場合、保険金が半額以下になるので注意が必要。

保険の対象期間については、普通の海外旅行で90日を超えることはまずないと思いますが、もしロングバケーションの場合には気を付けないといけないね。

 

海外旅行保険の補償の対象

海外旅行保険では、具体的にどんな物・事柄について補償してくれるの?

大きく分けると、補償の内容は「傷害」「疾病」「賠償責任」「携行品損害」「救援者費用」「航空便遅延」のつ6つがあるんだ。

dカードGOLDの海外旅行保険の補償対象は大きく分けて6つ。意外なパターンが補償の対象となることもあるので、知らなければ損!

見落としがちな内容や注意点について、ピックアップしてご紹介します。

 

傷害・疾病

傷害や疾病で対象となるのは、治療にかかった費用だけだと思われがち。

しかしじつは、病院までの交通費や、通訳を雇う為の費用、入院する時の身の回り品の購入費なども、保険金支払いの対象となるのです!

ただし、ケンカや飲酒運転など自業自得な理由の場合は、当然保険金は支払われません。

危険なスポーツ中の怪我なども同様。

疾病の場合は、旅行期間中または期間終了後48時間以内に発病した疾病に限られます。

 

賠償責任

旅行期間中に、誤って他人を怪我させたり他人の物を壊してしまった時の補償です。

ホテルのカーペットを汚してしまった!などというケースも、保険金支払いの対象となりますよ。

ただし自身の親族に対する事故や、預かっているものに関する事故は補償されません。

 

携行品損害

携行品の盗難や破損について補償されますが、置き忘れや自分の過失による紛失は対象外となるので、要注意。

また、機能に問題がない損傷(外装が傷ついた等)については、保険金は支払われません。

1事故ごとに3,000円の負担金が必要。

 

救援者費用

これは旅行中に怪我や病気をして家族が急遽現地に来るための費用や、行方不明などになって捜索や救助に出向いた等のケースに支払われる保険金ですね。

ただし登山などの危険なスポーツ中の事故や、出産などの場合は支払いの対象外。

 

航空便遅延

これは国内旅行保険の航空便遅延とほぼ同じ内容です。

 

海外旅行保険を利用するための注意点と手続き

海外旅行保険を利用するときにも、国内旅行保険のような注意点があるの?

国内旅行保険と同様に、保険金の請求に必要な書類はきちんと揃えられるようにしておこう。もし困ったときには、VJデスクに連絡しようね!

海外旅行保険については「自動付帯(支払い方法に関わらずカードを持っていれば保険が付帯される)」となっているので、支払い方法はあまり気にしなくても良いでしょう。

海外旅行保険で気をつけることは、国内旅行保険と同様に、保険金の請求に必要な書類をきちんと手元に揃えておくことです。

国内の場合だと後から書類を取りに行ったり郵送してもらうのも容易ですが、海外の場合はそうはいかないので気を付けてください。

また、海外ではいざトラブルが起きた時に、言葉が通じない、病院がわからないなどパニックになってしまうことも。

そんな時は、「VJデスク」へ連絡してみましょう。VJデスクでは様々な旅行のサポートについて、日本語で対応してくれます。

これはdカード(レギュラー)でもdカードGOLDでも利用できるサービスなので、何か困りごとがあったときはぜひ利用してみてください。

 

dカード・dカードゴールドと付帯保険に関するまとめ

付帯保険を賢く利用するためには、事前に保険の内容をしっかりと知っておくことが肝心です。

何も知らなければ、「あの時dカードで支払いさえしていれば…」「レシートを捨てていなければ…」など、後悔することがあるかもしれません。

特に海外旅行ではトラブル時に慌ててしまいがちなので、出発前にきちんと確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました