ドコモをdカードを払ってはいけない理由 ⇒

【AEON系列を使うかで判断】dカードとイオンカードのメリット・デメリットを比較

年会費が無料で便利なカードとしてよく取り上げられる「dカード」と「イオンカード」。

どちらもそれぞれに違った魅力のあるカードですが、それだけにどちらを選んだら良いのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは様々な視点からdカードとイオンカードを比較してみます。

dカード、イオンカードともに年会費無料で使えるカード

まず大事なのは、入会費や年会費がかかるのかどうかってことよね。

どちらも基本的には年会費無料で使えるカードだから、持っていて損をすることはないよ。

dカードとイオンカード、そしてそれぞれの付帯カードについて、かかる費用をまとめたものがこちら。

dカードイオンカード
入会費・年会費初年度無料
2年目以降は1250円(税抜)
※年1回以上の利用で無料
永年無料
家族カード初年度無料
2年目以降は400円(税抜)
※年1回以上の利用で無料(2枚まで)
永年無料(3枚まで)
ETCカード初年度無料
2年目以降は500円(税抜)
※年1回以上の利用で無料
永年無料

 

イオンカードは条件なしで家族カードもETCカードも永年無料で使えるのが大きな魅力ですね。

しかしdカードも、金額に関わらず年1回以上の利用があれば年会費が無料になるので、実質年会費無料のカードとして使えます。

ということで、カードの維持費という面ではどちらもイーブン

ただイオンカードのほうが家族カードを作れる枚数が多いのがちょっとしたメリット。

 

例えば、世帯主のご主人が本会員としてカードを作れば、親・奥さん・子どもにそれぞれ家族カードを作ってあげることも可能ですよね!

 

クレジットポイント(dポイント、ときめきポイント)の還元率の違いは?

基本のポイント還元率が高いのはどっちなの?

dカードが1%でイオンカードが0.5%だから、dカードのほうが上だよ。だけど、イオンカードはイオン系列のお店で利用すると還元率は1%で、さらにポイントアップデーも頻繁に開催されているんだ。

まずは、どのようにそれぞれのポイントが付与されるのかを見てみましょう。

dカード(dポイント)イオンカード(ときめきポイント)
基本の
クレジットポイント
100円につき1ポイント
1%還元
200円につき1ポイント
(0.5%還元)
特約店ポイント
アップイベント等
ローソンで5%還元
・ノジマで3%オフ
・マツモトキヨシでポイント2倍など
・イオン系列店では200円につき2ポイント(1%)
・毎月20日と30日は5%オフ
・日曜日はポイント5倍など

 

基本の還元率では、イオンカードが0.5%なのに対してdカードは1%

ただしイオン系列店でのお買物に限って言えば、イオンカードの還元率は1%にアップする上に、定期的にポイントアップイベント等が開催されており、とてもお得に使える内容となっていますね。

基本の還元率だけ見ればdカードに軍配が上がりますが、例えば主婦の方などはローソンなどのコンビニよりも、イオン系列のスーパーを利用する機会の方が多いでしょう。

dカードとイオンカードを比べる際には、基本の還元率よりも、どのお店をよく利用するかで決めるのがベストです!

イオンが多いなら、イオンカード、それ以外ならdカードと覚えておけばいいね!

 

ポイントの使い勝手を比較すると?

貯まりやすいけど使い勝手が悪い、なんてポイントも中にはあるけれど、dカードとイオンカードはどうなっているの?

イオンカードのときめきポイントは、そのまま支払いに利用できないというのがちょっとしたデメリットだね。その点、dポイントは1ポイントからレジでの支払いに使えて便利だよ。

次は貯まったポイントの使い方について。

「ポイントが貯まったのはいいけれど、使い道が無い…」「何に使おうか迷っているうちに、ポイントの有効期限が切れた」なんてことになったら、もったいないですからね。

dカード、イオンカードのそれぞれのポイントの使い道は以下のようになります。

dカード(dポイント)イオンカード(ときめきポイント)
・商品との交換
・商品券との交換
・ネットショッピングでの利用
・加盟店での支払いに利用
・ドコモ料金の支払いに利用
・他ポイントに交換など
・商品との交換・商品券との交換
・ネットショッピングでの利用
・WAONポイントに交換
・WAONPOINTに交換など

 

どちらもいくつかの使い道がありますが、一番よく使われるのは、やはり様々な料金・代金の支払いでしょう。

その点を考えると、イオンカードの「ときめきポイント」は、貯まった分をそのまま支払いに使えないというのが少々デメリット

一度WAONポイントに交換して「電子マネーWAON」をチャージして支払いに使うか、もしくはWAON POINTに交換して1ポイント=1円で支払いに利用しなければいけないんだ。

 

しかも交換単位は1,000円以上500円単位なので、ポイントの有効期限が迫ってきているからと言って「とりあえず全部使い切ってしまおう」ということが難しい面もあります。

それに対してdポイントは、1ポイント=1円でそのままレジでの支払いに利用することが可能

ドコモユーザーならば、ドコモ料金の支払いにも1ポイント単位から利用することができます。

無駄なくポイントを使いやすいという点では、dカードの方に軍配があがりますね。

 

dカードは若者・全世代向け、イオンカードは主婦向け

dカードとイオンカードでは、加盟店の傾向にも大きな違いがあるみたいね。

dカードはローソンやマクドナルドなど、若者~全世代向けの加盟店が多い。

それに対して、イオンカードはイオン系列のスーパーを中心に主婦をターゲットにしたカードという印象だね。

dカードの代表的な特約店と言えば、ローソンやマツモトキヨシなどですね。

参考 【使いこなす!】dカード/dカードGOLDでお得になる特約店舗・割引サービスまとめ

 

その他の加盟店も含めた全体的な印象としては、dカードでは若者を中心として全世代をターゲットとした加盟店が多いイメージです。

それに比べて、イオンカードはイオン系列のイオン、マックスバリュ、ダイエー、マルナカなどでポイントアップデーが頻繁に開催されるなど、イオンカードはスーパーをよく利用する主婦がメインターゲットという印象

実際に主婦業をしていると、どこでクレジットカードをよく使うか…と言えば、圧倒的にスーパーなんですよね。

例えばコンビニやファーストフード店などで、月に数万円分も買い物をするなんて人はあまりいないでしょう。

スーパーで日用品や食料品の買い物をすれば、夫婦二人暮らしでも月に3~4万円は出費するという人が多いんじゃない?

そうだね。イオン系列の利用が多いなら、主婦の強い味方となってくれるのは、dカードよりも圧倒的にイオンカードだよ。

逆に独り暮らしで、コンビニでご飯を買ったりすることが多い人は、dカードの方が魅力的。自分の状況に応じて、選ぶとよいでしょう。

 

Suicaやnanacoなどの電子マネーとの相性比較

電子マネーのチャージでもポイントがつくなら、二重取りできてお得ね!

残念だけど、どちらのカードも基本的には電子マネーとの相性が悪いカード。

電子マネーのチャージでポイントを貯めるなら、他のカードを使うのが一番だね。

dカードポイントイオンカードポイント
楽天Edy×××
nanaco×××
Suica××
(0.25%)
モバイルSuica×
(0.25%)
SMART ICOCA×
(0.25%)
WAON×△ (イオンカードセレクトのみポイント付与)
iD
(イオンiD)
※iDはポストペイ(後払い)式の電子マネーなので、支払い時の決済ポイントはつきます。

 

この表を見るとわかるように、基本的にはどちらのカードも電子マネーと相性の良いクレジットカードとは言えません。

楽天Edyやnanacoがそもそもチャージできないという点がイオンカードの弱点ではありますが、Suicaなどの交通系電子マネーに対しては、若干でもポイントが付く分、dカードよりも有利ですね。

まぁどちらにしても、dカードもイオンカードも電子マネーの利用を目的として使うには、力不足のカードと言わざるを得ません…。

 

各クレジットカードの付帯サービスの比較

カードに付帯している、保険などのサービス内容の違いも気になるわ!

ショッピング補償に関しては、イオンカードのほうが手厚い内容になっているよ。

だけどdカードも、カードの紛失・盗難補償では保障期間が長いから助かるね。

まずは、dカードとイオンカードに付帯している補償・保険の内容をそれぞれ見てみましょう。

dカードイオンカード
ショッピング補償・お買物あんしん保険
・年間100万円まで
・1件につき3000円の負担金
・購入日から90日以内
・国内で購入した場合はリボ払いまたは3回以上の分割払い
ショッピングセーフティ保険
・年間50万円まで
・自己負担金なし
・購入日から180日以内
ケータイ補償年間最大1万円まで(ドコモ)ショッピングセーフティ保険で対応
カードの紛失
・盗難補償
届出日の90日前からの損害届出日の61日前からの損害
国内・海外旅行
保険
無し無し

 

ショッピング補償に関しては、イオンカードのほうがやや手厚い内容となっています。

年間上限額はdカードよりも低いですが、自己負担金がゼロ、購入日から180日の補償というのは、年会費無料のカードではなかなかありません。

また、dカードのショッピング補償では国内購入の場合、リボ払いか3回以上の分割払いという条件がネック。

その点でも、イオンカードはクレジット払いさえしていれば、ショッピングの購入保障に対して、支払い方法は問いません

また、イオンカードではスマホなどの携帯通信機器も補償してくれるというのがとてもありがたいですね!

dカードもそうですが、大抵のカードではスマホ等は補償対象外となっており、dカードの「ケータイ補償」もドコモ携帯のみを対象としたサービス。

近頃はスマホもどんどん高性能かつ高額になっていっていますから、これは嬉しいメリットです。

 

dカード・イオンカードの比較とメリット・デメリットまとめ

dカードとイオンカードの違いを様々な視点から紹介していきました。

最後に、それぞれどんな人におすすめのカードなのかということをまとめてみます。

◆ dカードに向いている人

  • 基本還元率の高いカードがいい人
  • ローソンなどの特約店をよく利用する人
  • ドコモユーザー

公式サイトを見てみる⇒dカード

◇ イオンカードに向いている人

  • イオン系列店をよく利用する人
  • 完全に年会費無料で使いたい人
  • ショッピング補償が厚いカードがいい人

公式サイトを見てみる⇒イオンカード

もしdカードを申し込むなら、dカード/dカードゴールドのキャッシュバックキャンペーンの記事はかならずチェックするようにしてくださいね。

 

dカード・イオンカードの基本スペック

dカードとイオンカードの基本スペックの一覧です。

dカードイオンカード
入会費・年会費初年度無料
(年度の利用がない場合
、2年目以降1250円)
永年無料
国際ブランドVISA・MasterVISA・Master・JCB
ポイントの種類dポイントときめきポイント
(WAONポイント)
基本の還元率100円につき1ポイント(1%)200円につき1ポイント
(0.5%)
電子マネーiDWAON
ポイント有効期限獲得した月から48ヶ月最大2年間
タイトルとURLをコピーしました