リクルートカード専門サイト⇒

【Apple Payに対応】学生専用「JALカードNavi」はマイルが貯まる高還元率クレジットカード

大学生向けクレジットカード

僕は大学生の時からクレジットカードのヘビーユーザーだったんですが、その時に使っていたクレジットカードが「JALカードNavi(ジャルカードナビ)」

JALカードNaviは年会費無料ながら、効率よくマイルが貯まるので、卒業までにタダで二往復分の飛行機代をゲットしました。

今回はこのJALカードNaviのメリット、そしてApple Payの対応可否について経験談を元に解説していきます。

スポンサーリンク

JALカードNaviとは?

JALというとご存知の方も多いと多いと思います。航空会社「日本航空」の事ですよね。

その日本航空は飛行機に乗った距離に応じでマイルが貯まるカードを出しています。その中でも、クレジット機能のついたカードをJALカードとして提供しているんです。

このカードを作る事で200円につき1マイルを貯める事ができますが、学生の場合はコストをかけずに、2倍のペースでマイルを貯めることができます。

社会人用とはサービスが全く違うので、クレジットカードを作ろうとしている学生の方は要チェックのクレジットカードです。

 

100円で1マイル(通常200円で1マイル)

JALカードは支払いをクレジットカードで払う事によって、支払金額に対して0.5%のマイル(200円につき1マイル)を貰えるサービスです。

ただし学生限定で使えるカード「Navi」の場合は、100円で1マイル貯まるんです。

例えば、大阪-東京間であれば、12000マイルが必要なので、通常240万円分をクレジットカードで支払って初めて使用可能ですが、Naviの場合は半分の120万円で可能なんです。

 

でも、学生でそんなに使わないんじゃない?

確かに社会人と学生では使う量が全く違うと思います。でも学生も思った以上に使ってるんじゃないでしょうか。

例えば、「スマホの料金」、これ口座振替してませんか?

仮に月10000円かかっているとして、大学4年間で10000×12×4で48万円分も掛かってますよね。

これをクレジットカードの支払いにするだけでいいんです。他にも、普段の支払いをクレジットカード払いにできるものとしては、下記のようなものが挙げられます

・美容室代、洋服代
・電気代
・通信費(スマホ、固定通信)
・スーパーでの食費
・外食費
・コンビエンスストア
・旅行のホテル代

 

僕は一人暮らしで基本的に自炊していたのもあって、食費をクレジットカードで払っていたので、毎月クレジットカードとしての支払いは3~5万円くらいでした。

毎月3万円なら、40か月で、5万円払っていれば24か月(二年)で東京-大阪間の貯まる事になります。意外に学生でも生活費をクレジットカードに当てれば、十分に貯まります。

 

学生の間は年会費(2,000円分)無料

本来JALカードというのは、持つだけで2000円(税抜)の年会費が掛かります。しかし、Naviは学生カードと言う事もあってか、この年会費は学生の間はかかりません(大学生だけではなく、大学院生でも)。

クレジットカードで、年会費が掛からずにお得なポイント還元を選ぶのは基本中の基本。これだけのマイルをお得にゲットできるサービスが年会費無料というのは、社会人になった今、考えられないですね。

ちなみに、社会人でも100円で1マイルを受け取れるサービスがありますが、その場合は、通常の年会費にプラスして2000円(税抜)を支払う必要があります。

 

26歳未満が使えるスカイメイトで安く搭乗

スカイメイト26歳未満を対象に空席があれば、割安で乗車できる特別場なサービスです。

スカイメイトを利用するためには、JMBカード(JALマイレージクラブカード)、もしくはスカイメイトカードが必要ですが、JALカードNaviを持っていれば、他にカードを準備する必要がありません。

スカイメイトを利用できれば、運賃を大幅に節約できるため、積極的に使っていきたいサービスです。

 

社会人になるとJALカードへ、マイルも引き継ぎ

JALカードNaviは学生専用、そのため学生を卒業すると自動的にJALカードへ切り替わりマイルも引き継がれます。

JALとしても将来の顧客に先にサービスしておくという目的があるのでしょう。

まぁNaviがお得過ぎるため、JALカードが霞んでしまうのは事実なんですが、実際はJALカードもかなりお得なカードです。

もちろん、そこで継続するかどうかはその人次第です。

 

まとめ

とにかくお得な(というか学生なら使わないと損な)クレジットカード「JALカードNavi」。

僕はもう社会人になってるので使えませんが、学生に戻れるなら、絶対一番最初に申し込むであろうカードです。

学生限定という事で、裏を返せば「学生でも申し込めるクレジットカード」として敷居が下がっているのも嬉しいポイント。

旅行が好きな学生に、特にオススメですよ。