リクルートカード専門サイト⇒

【中国最大のQR決済】ALIPAYとは?インバウンド向けに普及が進む海外のスマホ決済

スマホ決済の基礎知識

日本に比べて格段にキャッシュレス化が進んでいる中国。

そんなスマホ決済サービスにおいて、中国国内で最も利用されているのが「ALIPAY(アリペイ)」です。

なんと中国におけるALIPAYがの決済金額は、年間1兆7000億ドル!

ALIPAYさえ持っていれば中国での決済に困ることはない、と言っても過言ではありません。

日本でも中国からのインバウンド客獲得のため、ALIPAYが使える場所が増えてきていますが、現時点で日本人が日本国内で利用することにメリットやデメリットなどはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

ALIPAY:アリペイとは?

ALIPAY(アリペイ)って何?

ALIPAYは中国で最も利用されている、QRコード決済サービスだよ!

ALIPAYは、中国アリババグループ子会社の「アント・フィナンシャル社」が提供するQRコード決済サービス。

元々はオークションサイト「タオバオ」などを始めとしたネットショップでの利用が主でしたが、現在の中国では実店舗での売買から個人間のやり取りまで、すべての決済はALIPAYで済ませることも可能なほど、その勢力を伸ばしています。

2016年の調査では、ALIPAYを使った年間の決済金総額は…なんと1兆7000億ドル!(参考:総務省データ

このとてつもない数字を見るだけでも、いかに中国でALIPAYが多く使われているのかがよくわかりますね。

この流れを受け、日本でも多くの店舗が中国人観光客のインバウンド施策として、ALIPAY導入を加速させています。

 

ALIPAYはどんな仕組み?

ALIPAYはどんな仕組みになっているの?

アプリからQRコードを読み取ったり、逆に読み取ってもらうことで決済が完了する「QRコード決済」だよ!

ALIPAYは、店側が提示するQRコードを読み取るか、もしくはスマホ画面に表示されたコードを読み取ってもらうことで決済が完了するシステムです。

写真は日本で一大ニュースになったPayPayのQRコード決済

 

プリペイド型の決済サービスとなるので、利用前には銀行口座やクレジットカードを利用してのチャージが必要。

もしくは、友人や家族など他のALIPAYユーザーから送金してもらうという方法もあります。

 

実名認証のランクによって利用限度額が変わる

ALIPAYには利用限度額があるの?

パスポートや銀行口座など、身分証明がいくつ確認できたかによって、限度額が変わってくるんだよ。

ALIPAYは、いくつ実名認証が行われているかによって、年間利用限度額が大きく変化します。

  • 身分証明1つ→ランクⅠ:1,000元(約17,000円)
  • 身分証明3つ→ランクⅡ:10万元(約170万円)
  • 身分証明5つ→ランクⅢ:20万元(約340万円)

 

ランクⅠでは、年間でたった17,000円しか使えません…。

年間17,000円では、日常のほんのちょっとした買い物くらいにしか使うことができませんね。

ちなみに、身分証明に使えるのは

  • 携帯電話番号
  • アカウントに登録した中国の銀行口座(2つ)
  • アリペイでの公共料金の支払い実績
  • アリペイでの飛行機等のチケットなどの購入実績
  • 中国の身分証明書

など。

本格的に使うならやはりランクⅡにはなりたいところですが、日本在住では3つ分の身分証明を行うのは難しそうです。

 

ALIPAYの送金機能

ALIPAYには、QRコード決済以外にも何か機能があるの?

決済以外でよく使われているのは、「送金」機能だね。

ALIPAYには、ALIPAYを利用している個人間でお金を送り合うことができる「送金」機能があります。

日本でも、LINE PAYに同じような送金サービスがありますね。

送金したい相手の携帯電話番号さえわかっていれば、ALIPAYを通じて相手にお金を支払うことができるので、銀行振込より手間がかかりません。

また、相手と一緒にいる場合には「当面付」という機能を使って、スマホをお互いに近づけるだけでスピーディにお金のやり取りができます。

中国の個人商店などでは、代金を直接、店主の携帯へ送金するという方法で決済が行われることもあるそうですよ。

 

ALIPAYのメリット:なぜ中国で最も利用されているのか?

日常生活のあらゆる場面で利用できる

ALIPAYがこれだけ中国で普及してるってことは、使える場所も多いの?

中国の都市部では多くの決済にALIPAYが使えるから、実際に財布を何年も持っていないという人も少なくないんだよ!

なぜ中国人は、みんなこぞってALIPAYを使うのでしょうか?

それは「ALIPAYさえあれば現金はいらない」とさえ言われるほど、日常生活のあらゆる場面で使用できるから。

日本ではまだまだ「現金払いのみ」の店も多いですし、「○○Payはこのお店、△△Payはあのお店でしか使えない…」というパターンが多すぎますよね。

しかし中国では、ALIPAYかWeChatPay(中国のスマホ決済二大巨塔の一つ)さえあれば、どんな決済にも困らないほど使える場所が多いんです。

お店での買い物、オンライン決済、タクシー、チケット購入、公共料金の支払い、自動販売機など。

そりゃみんな、現金払いよりも便利で簡単なALIPAYを選びますよね。

 

お得すぎる「余額宝(ユアペイ)」サービス

「余額宝(ユアペイ)」サービスって何?

銀行の預金と同じようなものだと考えたらいいよ。

しかも、銀行の利息よりもかなり高利率の利息がつくんだ!

日本の決済アプリにはないサービス、それが「余額宝(ユアペイ)」というALIPAYの預金サービスです。

支払い用の残高チャージとは別に、ユアペイにお金をチャージしておくと、チャージ額に応じた利息がつくという仕組み

しかも銀行に預けておくよりも利率が良いとあって、預金全部をユアペイにチャージするという人も少なくありません。

さらに、ユアペイの良いところは出し入れの自由度が高いこと。

ユアペイ残高はいつでも引き出して支払いに使うことができますし、1元単位で出し入れが可能です。

まさに銀行泣かせのサービスですね。

 

ALIPAYのデメリット

日本人では利用開始すら難易度が高い

ALIPAYは日本人でも使うことができるの?

もちろん、使うことはできる…だけど、登録には中国の銀行口座が必要だったりして、利用開始からしてハードルが高いんだ。

ALIPAYは中国発のサービスなので、日本人でも利用することができるのかという点が気になりますね。

結論から言えば、日本人でもALIPAYを使うことは可能です。

しかし、使うまでには様々なハードルが山積み。

例えば、

  • 中国の銀行口座が必要
  • 身分証明書(パスポートなど中国でも通じるもの)が必要

という条件。

日本に住んでいて、中国の銀行口座を持っているという人はほとんどいないでしょう。

口座開設にはビザが必要になる場合もありますし、中国在住でもない日本人が、中国の銀行口座を持つというのはとてもハードルが高いです。

身分証明書にしても、日本の運転免許証等は使えず、パスポート(中国入国時のハンコが押してある)などが必要。

日本在住で中国にも行ったことがないという人がALIPAYを使うのは、相当に困難だと考えましょう。

 

日本国内のALIPAY加盟店では使えない

国内のALIPAY加盟店は増えているのに、使えないってどういうこと!?

中国人ユーザーと外国人(日本人)ユーザーには、利用できるサービスに違いがあるんだ。

日本人でもALIPAYの利用自体は可能ですが、じつは利用の範囲は「中国国内での利用」に限られています。

中国人ユーザーなら中国国内だけでなく日本や他の国でもALIPAYを使って決済をすることができるのですが、外国人(日本人)ユーザーの場合は基本的に中国国内でしか使えません。

そのため、どうにかしてALIPAYの利用を始められたとしても、そのまま日本国内で決済に利用することはできないということです…。

中国を旅行する際や、中国出張などが多い人でなければ、現時点で日本人がALIPAYを利用する機会、そしてメリットはほぼないでしょう。

 

なぜ日本企業はALIPAY導入を進める?

中国人向けに国内のALIPAY加盟店が増えているのはわかったけど、どうしてそんなにALIPAYが使える場所を増やす必要があるの?

中国人観光客が日本旅行で消費するお金は、なんと一人あたり約28万円なんだ!これはぜひ自分のお店で消費してもらいたい!というお店は多いだろうね。

日本国内でも中国人観光客のインバウンド施策として、ALIPAYなどのQRコード決済が格段に普及してきています。

そうなると、「じゃあ中国人観光客はどのくらいのお金を日本で使っているの?」という点が気になってきますよね。

政府も後押しして普及が進められているからには、きっと相当な額のインバウンドが見込めるのでしょう…。

総務省のデータでは、2015年の中国人旅行者は年間499万人。

旅行消費額3兆4771億円のうち、40%(約1兆4000億円)を中国人観光客が占めています。

単純に考えても、一人あたり28万円もの消費をしている計算に!

各企業がこぞってALIPAY導入に走るのも、納得の金額です。

日本企業側にとって、これからALIPAYはさらに欠かせない決済コンテンツとなっていくことが予想できますね。

 

日本人向けサービスの展開について

今後、ALIPAYが日本人向けのサービスになる可能性はあるのかしら?

今はまだ日本では、中国人のための決済インフラ整備に力を入れている段階だから、日本人向けサービスの展開はまだ先の話になりそうだね。

現時点では完全に中国人向けサービスとなっているALIPAYですが、今後日本人向けサービスが展開されることはあるのでしょうか?

じつは、2017年の段階では「2018年春から日本人向けサービスの開始」が予定されていました。

ALIPAYは銀行口座と直結したデビットカード的側面が強いので、日本人向けサービスの展開には日本の銀行との協力が必要。

しかし邦銀側の個人情報流出の懸念などから、日本人向けサービスについては現在延期状態となっています。

参考 日本経済新聞

日本国内でもどんどんお得で便利な決済サービスが誕生していますが、もしそこへALIPAYが参戦することが確実になれば、国内の日本人向けスマホ決済サービスの政略図は大きく変化するでしょう。

現在に輪をかけて、スマホ決済サービス戦国時代に突入するのは明白です。

 

ALIPAYについてのまとめ

現在、ALIPAYユーザーは7億人以上。

しかしそのほとんどは中国人ユーザーであり、サービスの内容も完全に中国人向けとなっています。

日本人を含む外国人がALIPAYを利用するには、登録段階で大きなハードルがありますし、日本人向けサービスの展開についても不透明。

ただしもし今後日本国内でALIPAYが日本人ユーザー向けにも普及するとなれば、国内で展開している他の決済サービスを大きく引き離して、日本でかなりのシェアを占める可能性も高いです。

現在既に日本国内でも加盟店が4万店舗を超えており、この勢いは今後更に加速するでしょう。

日本国内での決済インフラが完璧に整った後に、満を持して日本人ユーザー向けサービスが大々的に打ち上げられるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました