リクルートカード専門サイト⇒

iPhoneとApple WatchのFelicaで使える「iD」とは?メリットも説明

Apple Payの基礎知識

iPhoneから日本専用機として、Felica搭載端末が販売されました。

これに伴い、各社クレジットカード会社が「iPhoneでおサイフケータイが使えますよー」ということをアピールしています。

このdカードで使えるおサイフケータイ「iD」という電子マネーについてのお話です。

この記事では、ローソンで3%OFF+支払い金額の1%ずつ貯まっていく「dカード」を例にして、iDについて紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

iD(アイディー)って何?

iDは冒頭述べたとおり、電子マネーです。仕組みとしては、後払い型(ポストペイとも呼ばれます)の電子マネー。

みなさんがよく使われている交通系の電子マネー「Suica:スイカ」や「ICOCA:イコカ」は、お金を先にチャージしておいて使う、プリペイド型が多いと思います。

後払い型のメリットは、下記のようなところです。

  • チャージが必要ないこと
  • クレジットカードのポイントが貯まること
  • 万が一でもクレジットカードの保証があるということ

 

一方デメリットは、お金の流れが目に見えないので「使いすぎてしまうこと」でしょう。

利用の仕方は後払いか先払しておくかの違いだけで、例えば、コンビニにて「iDで」といえば、店員さんが対応してくれ、ピッとすれば支払い完了です。

支払いは全てクレジットカードで行っているのですが、小銭を出すのが面倒なので、クレジットカードでの支払いは楽で、本当に助かっています。

 

iDの支払いもdポイントが貯まる対象・・・という事は?

あなたは日にコンビニでどれくらい使うでしょうか。全然使わないよ、という人も入れば、外回りが多くてお昼ごはんは必ず立ち寄るんです・・・という人もいるのではないでしょうか。

月に20日間仕事があるとして、その日に定額を使うとして計算してみたいと思います。毎日使う金額に合わせて

  • 160円(月3600円)→432 dポイント/年
  • 500円(月10000円)→1200 dポイント/年
  • 1000円(月20000円)→ 2400 dポイント/年

 

僕自身が一人暮らしの時は、コンビニばかり使っていたので、毎日1000円分くらいの支払いをしていました。

毎日1000円分食費として払い続けると、結果dポイントが3600円貯まることになります。

1回の金額が小さいからクレジットカードを使わないというのは、絶対にもったいないですよ。

 

iDのメリット①:ATMの使用頻度が減る

1回は小さい額なんだけど、塵も積もると大きいのがATMの使用頻度

僕の家族はとにかく支払いはポイントを貯めるためにクレジットでするタイプなんですが、その結果、3ヶ月に1回くらいしかお金を降ろしません。

もちろん仮に降ろすときにも、ATMの時間外では滅多なことがない限り降ろさないので、ATMの手数料はかからないように徹底しています。1回は300円なんですが、決して小さくありませんから。

色々な心理の中で、コンビニみたいな小額決済でクレジット使うなんて・・・と思う人もいろかもしれません。でもiDのような電子マネーならどうでしょうか。

割と気軽に使えると思うんです。その結果、コンビニでの買い物に現金を使わなくなり、ATMの使用頻度を減らすことができます。

 

iDのメリット②:クレジット番号がわからないメリット

よく思うんですけど、店員さんにクレジットカード渡すのイヤじゃないですか?その番号があれば、買い物出来てしまいますから。そういった意味で、iDはクレジットカードを渡す必要がありません。ピッとしてしまえば終わりです。

クレジットカードを渡す必要がないというのは、安心という定規で見た時、大きなメリットです。

 

iDのメリット③:クレジットカードの方が結局安心

何を言ってるんだ?と言われるかもしれませんが、クレジットカードの方が安心なんです。

その理由は、クレジットカードは、勝手に使われたり(悪用されたり)すると、クレジットカード会社から連絡が入るようになっています。

さらに、悪用で使用された金額というのは所定の保険が付帯されているものであれば、悪用された分をクレジットカード会社が補填(保証)してくれるんです。

一方で、安心なように感じる現金ですが、大金を持っている時はどうでしょう?それが奥さんだったら?ご年配の方だったら?ひったくりにあって、奪われてしまうかもしれません。

上述したようにクレジットカードを使えるほうがそういった意味で安心なんですよね。

 

追記)実際にApple Pay使ってみました

控えめに言っても「最高」です。

すごい、Apple Pay。コンビニでの支払いのスピードと概念が変わりますね。本当に小銭がいらない時代が来ているかも。

 

まとめ

メリットの最後は、クレジットカード全般の話になってしまいましたけど、とにかく僕が言いたいことは、iDって、便利でお得に使えるんだよ!!ってこと。デメリットは、何度も書いてますが、お金を使っている感覚がなく、使いすぎてしまうこと。

iDで支払ってもレシートは出るので、きちんと家計簿につけたり、工夫すれば、使いすぎることもないはず・・・。 なんでもモノは使いようですからね。

ちゃんメリット、デメリットを把握して使えば、こんなにdポイントが貯まるクレジットカードはありません。機種変更の時に少しでもお金を掛けたくない方、iDを利用してdポイントを貯めることをオススメします。