UQモバイルで13000円もらえる⇒

【画像圧縮+広告ブロック】アプリ「Opera(オペラ)」で、通信量を節約しよう

裏ワザ

スマホで見る広告消して、通信量節約しませんか?

大手キャリア、格安SIMを問わずパケホーダイの制度がなくなってから月々の通信量が制限されることになり、月末には「足りない!!」と言っている人多いですよね。

または、出来るだけ安くするために少ない通信量にして、WiFiのあるところで使う様にしている方もいます。

少しでも通信量を減らすために「Opera」というブラウザを使うと便利なので、使い方をまとめました。

スポンサーリンク

インターネットブラウザ「Opera」とは?

Opera ブラウザ - ニュースおよび検索

Opera ブラウザ – ニュースおよび検索
無料
posted with アプリーチ

いわゆる、「safari」とか「google chrome」と一緒です。インターネットを見るためのアプリの一つ。

Operaは昔から通信データ容量を圧縮する技術をブラウザに導入しており、それを活用させてもらってました。

効果の大きい2つのポイントとして、「画像の圧縮」と「広告のブロック」の二つができるメリットを最初から持つブラウザなんです。

 

まずは画像の圧縮

Operaをインストール後立ち上げると、「スピードダイヤル」と呼ばれる画面が開きます。

この画面から、右下の「O」の画像マークをタップすると、データ圧縮量が表示されます。

既に僕は使っているので、Operaで通信した量が69%圧縮されてます

 

「O」のマークをタップしたら、中からデータ圧縮量のところをタップして開くと、「広告のブロック」、「動画データの圧縮」、画像およびマルチメディアのクオリティという3項目を選べるようになります。

「広告をブロック+動画データを圧縮」するという組み合わせで利用しています。

画像の圧縮も高にして、転送量を減らしています。

 

データ量を圧縮するメリット

まず一つは、やっぱり「月々の通信量制限にかかりにくくできる」という事でしょう。

先ほどお見せしたとおり、69%圧縮されているということは裏を返せば、ネットサーフィンだけなら、3倍の高速通信が使えるということ。

そしてもう一つは「ネットの表示が早くなる」ということ。

多くの人が気づかれていると思いますが、意外に記事って画像や、広告だらけなんです。

そしてそれらは通信容量を食います。テキストはデータ量が小さいので、画像が圧縮されたり、広告が無くなるほど、相対的にデータ量の大きいものがなくなり、表示スピードは速くなるんです。

 

Operaの凄いところは「アプリの中で広告ブロックが完結する」

ここまで簡単に設定して、簡単に広告消せたと思いませんか?

これはOperaだからこんなに簡単に広告が消せるのであって、他のものはこんなに簡単ではありません。

例えばsafariの場合は、「Crystal」とかいうコンテンツブロッカーを入れたり、「chrome」の場合はもっと特殊な設定が必要です。

とにかく一つのアプリの中で完結していなくて、面倒。

Operaは、そのブラウザをインストールするだけで、画像の圧縮や、広告ブロックの機能が使えるので、便利なんですよね。

 

まとめ

という事で、大手キャリアを使っていても、格安SIMを使っていても、データ通信量をとにかく節約したい人にオススメのアプリ「Opera」

逆に広告を出したい時には、右下の「O」マークをタップして圧縮をオフにすればOKです。

簡単ですね。