UQモバイルで13000円もらえる⇒

iPhoneで16:9の写真が撮れるアプリ「pro camera」が高機能で使いやすいよ

写真・動画

iPhoneの純正カメラって、16:9が撮れないの本当に残念。

昔からそうなんですけど、iPhoneの純正カメラアプリって、16:9が撮れないんですよ。

16:9が撮れなくて困るポイントは2つあって、一つは、16:9のテレビで再生することを前提とした動画編集の際、写真が使いにくいこと。

もう一つは、タイトルにも書いた通り、ブログに載せる写真が縦の占有率が高くなっちゃって、写真と文字のバランスが悪くなっちゃうことがあげられます。

でも今回紹介するアプリ「procamera」があれば、16:9の写真が簡単に取れます。

ProCamera.

ProCamera.
開発元:Cocologics
¥720
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

iPhoneの純正カメラアプリの比率は?

iPhoneでは4:3、そして正方形の1:1しか撮影する事ができません。

androidは16:9が基本で、4:3にも設定を変更することができることを考えると、iPhoneの方が融通が利かない設定になっています、ちょっと残念。

裏技的には、ビデオ撮影は16:9である事を利用して、ビデオ撮影後にスクリーンショットで抜き出す、という方法もありますが画質が大きく低下するのであまりオススメできません。

 

「Pro Camera」アプリとは?

App storeで提供されている有料のアプリです。

16:9の写真を撮りたくて購入しました。撮影サイズは 起動したカメラ画面のツールバーから簡単に変更する事が可能です(一番右、上から2団目の縦横比で変更します)。

 

16:9の写真の他にも、かなりお洒落な3:1のスケールでも撮影できたりします。記事冒頭部のアイキャッチ画像なんかは3:1のものを使えばカッコよく仕上がりそう。

・16:9

 

・3:1

 

Pro cameraの他にも気に入っているポイントは、フォーカスポイントと露出ポイントをずらせること。画面が真っ白になったり、黒く潰れることを防げます。

ちょっとした機能なんですが、非常に助かります。

 

もう一つは、上の画像にも出ているグリッド線。

物を良く撮影するとき、できるだけ綺麗にセンターに持ってきたい。

そのために、グリッド線があると物の位置決めが凄くやり易いんですよ。

Pro Cameraではグリッド線の他にも傾斜計を搭載していたりと、iPhoneで写真を綺麗に収めたいフォトグラファーにとっては、魅力的な機能満載のアプリです。

 

「ProCamera(プロカメラ)」まとめ

個人的には「16:9の撮影ができる」ということだけに注目して、アプリを購入しましたが、結果的には凄く良い買い物をしました。

4:3の写真しか取れない、iPhoneにとっては、まさに救世主ですね。

ProCamera.

ProCamera.
開発元:Cocologics
¥720
posted withアプリーチ